スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命がけ




NYで、どうということのない縫合手術を受けた。

何十分かで終わる簡単な手術。

それでも緊急の手術で、

しかも外国。・・・怖かった。





用意がされ、事は、どんどん運ばれていく。

死ぬかもしれない。・・・と、思った。

これから麻酔をしようというとき、担当のドクターが歌をうたいだした。

一瞬涙がでそうになった。






なんの歌か考える余裕もないが、歌を聴いたとき、

もう大丈夫だと思った。

この先生は、ベストを尽くしてくれるんだと思った。






どこでも、・・・日本でも・・外科の手術をするときには、音楽を流すことが多いらしい。



10時間を超える手術は珍しくない。ご苦労様だ。



白鳥の湖だったり、ロックだったり、エンヤだったり、



手術をするドクターのこだわりがあるはずだ。



本当に正直に音楽を選ぶに違いない。



医者にとっても、当然患者にとっても、手術は命がけだからだ。



音楽の力は、本当にすごい。









・・・麦茶は、本当にヘルシーです。・・・




食物繊維や鉄は、玄米の何倍もあり、貧血気味の方にもおすすめです。

血液をさらさらにし、動脈硬化予防にも効果があり、リノール酸やビタミン類も

多く含んでいます。

パックを使って手軽に入れることができますが、スーパーで、パックではない

麦茶用の大麦を買ってやかんで作ると、格別です。


<水1リットルと大麦大さじ1、2杯をやかんに入れ沸騰したらとろ火で5分煮詰める。
 火を止め、そのまま30分以上おいて冷ます。>







コメント

No title

アメリカでの手術不安でしたね、心細かったでしょうね。音楽が大きな慰めになったのではないでしょうか。思いやりのありお医者さんにであったのではないでしょうか。お医者さんも人間ですもの、、、ね。音楽が人に与える力はすごいですよ。前回の大統領選挙、Black eyed peas no will m i の発信したメッセージは若い人に大きな影響を与えました。政治はとても複雑ですが、、、、

No title

異国での手術、大変でしたね。
無事終えられた時は、さぞホッとなさったでしょうね・・。

私が手術室で音楽をかけることを知ったのは、海外の医療ドラマを観てからでしたが、
初めは、集中力を求められる場所で不謹慎だと思っていました。
もちろん、こちらの歯医者さんの待合室などでは普通に聴けていましたが。

でも、患者さんのためにはリラックスできて良い事かもと、次第に思うようになりました。
音楽が秘めた可能性って、無限ですね!

やぶ姉さん、初めまして☆
まだ少しだけですが、ブログを拝読させていただきました。
アンティークを、お仕事にされてるとか。素敵ですね!
本物には手が出ませんが(笑)、私の憧れの職業だったので、
そちらの情報も、これから楽しみです♪

Black Eyed Peas は、以前から娘たちが好きで、初めて彼らのWhere is the love という曲を聴いた時に、「このジャスティンのパートは、マイケルが歌ったら素敵だろうな」と直感したものでした。
http://www.youtube.com/watch?v=h0Y6DNfBgiY

後に、まさかマイケルから直に will にオファーがあるなんて予想もせずに!

その後、一緒に仕事してからの will は、マイケルと仕事をすることが
自分にとってどんな賞を受け取ることより名誉なことかを、あちこちの
インタビューで語っていました・・。
なので、亡くなったときの落胆した様子を彼のHPで観たときは、
同じ気持ちに、泣けて泣けてしまいました・・。
すみません・・・話が逸れてご免なさいね。
音楽を、良い方向に導く力につなげて欲しいですね☆

ありがとうございました。

さっそく ごっちゃ箱を覗いてみました。
やっぱり詩の世界の潔さというか短いセンテンスは気持ちがいいですね。
あーでもない。こーでもない。という気持ちを言い切ってみることで逆に自分の思いが整理されたりするのかなー。と思いました。反面 丸ごとなので書くのには勇気がいるかもしれないけど。普段はあまり意識しないけど言葉のもつリズムもより感じました。
yukoedenさんの先生時代の野球少年とのエピソードは情景が頭に浮かんで優しい気持ちになりました。
また気にいったブログなど見つけたら教えてくださいね。
そうそう。ドラマのERなどでお医者さんの手術時の格好が
それぞれマチマチでしたけど・・(バンダナ?も皆違ってました。)どんなシュチュエーションも基本 個人尊重を感じます。日本人にはないところですかね。

言い忘れ。

wildroseさんのブログで存続の危機と聞いてまたまたでてきてしまいました!
心配事や嫌な理由じゃないといいのですが・・
今 続けるのが難しいならちょっとお休みしてもいいし(淋しいけど)当初の目的で新しくスタートするならまたお知らせくださいね。yukoedenさんが気持ちよくいられる事を願っています。Black Eyed Peas かっこいいですね。
私なりにたどって音楽の旅に出てみようかな・・と思いました。

ヤブ姉さん

やぶ姉さんを引きつけてやまないアンティーク。
これに興味のあるひとは、ほぼ例外なく研究熱心な人、

もちろん美術や芸術に対する興味プラスです。

何か古い物を観たときに、その背景すべて、・・・
環境や時代や、何か特別なことをぱっと観察できる
知識があるということは、興味が続かないとできませんね。
ましてや長い間それを仕事にしていらして、なんと料理のブログまで
書いてらっしゃいます。

本当にそのパワーには脱帽です。それを長い間異国の地で、
つらい目にあいながらも、親分サメさんと、そのすごくやさしい
性格で、イルカのようにも泳いでいらっしゃったんだなあと
思います。

三歳の息子さんみんなで楽しいキャンプよかったですね。


wildroseさん

コメントとってもうれしいです。

ヤブ姉さんのブログ励まされますよね。

音楽の話も、私は知らないミュージシャンだったので、
wildroseさんの音楽の知識に刺激を受けて、
私も少し、その方面の旅をします。

今、PC修行中です。というより、どう展開するかの勉強中だといっても
いいかもしれません。陶芸は、さわって買うものかもしれないとか、
この不況のなか、陶芸はとても価値のあることなのに、時代的な難しさとかいろいろ思います。
先生は、奥様ともどもまだお若いのですが、笠間焼の窯業学校の先生をされていたような方なんですよ。

PC歴十年のwildroseさんは、その芸術的センスともあいまって、
ウエブデザインも上手そうです。
これからも、励ましの泉でいて下さい。



森おばさん

ごっちゃばこ・・・むりやり読ませてしましました。
その詩人のプロフィールに極貧て書いていらっしゃるところにも、詩心を感じてしまう私です。
何かを犠牲にして、何かを行うということは、それだけで
芸術性を感じるのです。

お忙しいでしょう。五人のお子さんがいらっしゃるということは、
自分の時間や体力を犠牲にしなければできないことです。
だから私は、森おばさんにも芸術性をかんじます。
子育ては、アートのようなものではないでしょうか。
手作りの洋服を作ったりして、本当にすごいです。

ブログは、たぶん続けられると思います。
そして、ひそかに私も修行して、良い仕事ができたらと思います。

No title

貴重な体験をされたのですね。
外国での緊急手術、さぞ心細かったことでしょうね。
不安なキモチ、お医者様には痛いほどわかっていたのでしょうね。
素敵なお医者様ですね。
音楽って、不思議な力を持っているのですね。
っていうか、このお医者様の暖かい心が込められているからなのかな・・・

No title

wildroseさん、森おばさん、yukoさん、
素敵なコメントありがとうございます。ブログがなかったら絶対に会えない人々に会えて、しかも沢山のエネルギーを頂いています。

私も好きで入ったアンテイーク業界。付加価値が高いだけに人間の貪欲な部分がむき出しになり、純粋な人類の歴史に対する興味、人間が手を入れて残していく芸術品への情熱がくじけることも多々なんです。

友人にはお医者さんがなぜか多いのですが、皆さん、音楽、瞑想の力を信じていますよ。家族の方が病気の方の横で歌を口ずさむのはものすごくパワーがあるそうです。

といいながら先日Aerosmithnoコンサートで踊りまくって次の日声が出ない私でした、、、、Steven Tykerはもう60歳に近いのにすごいエネルギーと歌声。以前ラジオでインタビューを聞き、流暢でしかもインテリな彼の受け答えに驚いたので余計楽しかったです!!
失礼しました!
yukoさん、精神的に辛い時はどかんと休むのも手です。

ヤブ姉さんブログからこんにちは

こんにちは。
ヤブ姉さんのブログからsurfしてきました。
先日見た映画で、堤真一さんの主演映画「孤高のメス」では、クールなキャラで、鮮やかな手際で行なうオペの際には、「あんこ椿は恋の花」をかけていました。

海外での緊急のオペ、本当に心細かったでしょうね。おつかれさまでした。

音楽を聴いて、映画を観て(お好きかな?)、素敵な方に出会って・・・心も体も早く癒えますように。。。(・・・って勝手な思い込みだったらごめんなさい(汗)

tomatoさん

いつかランキングのことを書かれていたでしょう。

それから、料理本のことも。

もう立派にに多くを達成されていらっしゃると思います。

私にとっては、料理本のようなもので、頼りにしています。

どうぞ、未熟な私にいろいろとお料理を教えて下さいね。

ほたるさん

キューバがお好きなんですね。
やはり、あのメキシコ経由で行くような難しい国なのに、
魅了されていらっしゃるのですね。
姉も重大な犯罪はないけど、ゆすりのようなものはあったと
言ってました。

手術をしたのは、アメリカにいたときですが、科学者である主人の留学について行きました。といっても主人も私も学生に毛がはえたようなものでしたが・・・。

私は、専門の音楽すらよく知らないところがあって、
きっと南米の音楽などは、ほたるさんのようには知らないし、
ヨーロッパも飛行機が怖くて行ったことがないんです。
だから、ほたるさんのような、アクティブな方の話をきくのが
楽しいんですよ。愛?というやぶ姉さんの記事、私達地味に盛り上がりましたね。


やぶ姉さん

コンサートにもよく行かれていますね。

すべてが、躍動感に満ちていて、私の願望をやぶ姉さんに託している

感じです。私は、どちらかというと、本当にじーっとしていたい人間で、

インターネットも面倒というタイプなんです。

でも本当に出会いたい人に出会えるのもネットなんですよね。

そういう意味では、この時代は、いい時代かもしれませんね。

No title

こんにちは。

>ヨーロッパも飛行機が怖くて行ったことがないんです。

遅ればせながら山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」を読んでいるところです。日航の御巣鷹山の事故のその後の様子がつぶさに描かれていて、あらためて航空機事故の恐ろしさを追体験しました。

麦茶、何年かぶりに飲んでみました。子どものころよく飲んでいたその味が蘇ってきました。舌が喜ぶとうれしいですね。
ご推薦本当にありがとうございました。

ありがとう。

ほたるさんてかわいいネームですね。

キューバに至るということは、もうずいぶん本も文化もエンターメントも
きちんと「勉強」されたから行き着いたのではないでしょうか。もちろん
他にも興味のあることや地域は、たくさんあるのでしょうね。

飛行機は、本当に怖くて、国内ではまず乗りません。
南の島か北海道では迷うと思いますが、・・・実は飛行機は他の乗り物に比べてかなり安全な乗り物だということは理解しています。・・・本当に必要があり他の方法が現実的でなければ乗ると思います。
結構乗ったらそれはそれで楽しいんですけど。



非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。