スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひたむきさ

アメリカンダンスアイドルで、予選通過したノブヤさんは、その後も

ヒップホップ、社交ダンスと勝ち進んだ。


そして、力尽きた。


「あなたは、才能がある。だから来年も受けて。」と、ジャッジに言われた。


すべてのここまでの審査で、すべてほめられていた。

技術がすごいということもあるだろうけど、一生懸命で人の心を動かす。


彼は東京出身だそうだけど、おそらくアメリカンダンスアイドルの放送を日本で見て

単身NYにわたって、英語をマスターし、ダンスをトレーニングしたと思う。

踊りについて彼曰く「五ヶ月クラスでレッスンを積んだ。さんざんだったけど、

先生たちに助けられた。一人ではとてもここまで出来なかった。」ということだった。


以上は、私の想像もあるが、もともと踊りの経験があったかもしれないけど、

この番組が、彼をここに呼び寄せたのだと思う。


めがねをかけ、実直なサラリーマンのような外見のノブヤは、よく泣く。

出来ないといっては泣き、合格といっては泣き、先生たちに世話になったといっては泣く。

そして、喜んだりはしゃいだり、ちっともかっこよいダンサーではない。

それにめがねをかけたダンサーは珍しいと思う。よくずり落ちないと思う。


この人の人間としての力や魅力は、外国人のジャッジに驚くほど伝わり、

心から微笑ませた。


というわけで、残念ながらというより、見事にノブヤさん大健闘でした。


あ、もう一人日本人がいました。   アスカコンドウ・・おそらく、アメリカで育った人だと

思います。日本が誇れるダンサーといっていい。パーフェクトです。トップ20にはいりました。

日本人でなくても、この人のずば抜けた躍動感に見入っていたことでしょう。




コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。