癒しの時間

水分は、人にとって必要なので、癒しどころではない。

でも、コーヒーブレイクや、

ティータイムや、

お茶の時間は、

積極的な、受け身だけではない癒しの時間だと思います。

何を飲もうかと選択し、そこに、音楽があったりしたら気持ちがほっとします。

自由意志・・・自由意思・・が解放されるひとときです。


エリッククラプトンは、最近聞き始めたミュージシャンです。

テレビで気になった音楽を調べたら、この人の演奏だと知りました。

手に入れたのは、chroniclesというアルバムで、

ゆるーい感じが、時間がなかったり、しなければならないことが出来ないときに

焦る気持ちに不思議とカツを入れてくれます。

意外なのですが、何でも許容してくれそうな懐の深さに、

かえってがんばれるのです。


街でカフェに行くのは、たぶん私にとって大事なエンターテイメント。

この人の音楽は、うちで、それができます。





コメント

No title

クラプトン・・ 私も好きです。
80年代後半から90年代初めには来日の際は
ライブにもよく行きました。
音楽も素晴らしいけれど佇まいがかっこいい!
でもお酒を飲んでいるのか・・スローハンドじゃない
ライブもありました。
昔の話ですが友人の恋人と恋に落ちたり・・
お子さんを事故で亡くされたり・・様々な事が
彼の音楽の懐の深さなんじゃないですかね・・・・

そうですね。

アルバムを見ても、佇まいが落ち着いていますよね。
いい人そうだとも思います。

音楽は、空気を作ってくれますが、この人の音楽は、
ゆったりとして、人に活力を与えてくれる・・・かもしれません。

この世界には、本当にいろいろな音楽や人がいて、
いろいろな救いと励ましがあるなあ・・・なあんて感じています。

コメントすごくうれしかったです。

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム