スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日突然 * 放射性物質 * 北風と太陽&シェア







                          






今日本は、大変なことになっていますが、モロッコと、インドのバラナシで、

しばし、旅行気分を味わってくださいね。








空も、無料ですぐに見られるエンターテーメント。それでも太陽を見るのだけは危険;
(それだけ強い太陽、電力にもっと貢献してもらえるのではと個人的意見)
RADWIMPSの俺色スカイは、高校生が文化祭で歌ったのを聴いた時は、衝撃でした。
たぶんこれまで聴いたことがないタイプの歌であり、スタイルだったからだと思いますが、
今考えると、空の歌だったからかもしれないですね。空の魅力は圧倒的です。
歌詞と空の風景つきバージョンも

ビートルズのヒア・カムズ・ザ・サン
お日様がでてきた。太陽が出てきたっていう空の歌ですね。







こういうビートルズの歌もありますね。 I Want to Hold Your Hand

人は、結局居心地がよく、自然体でいられるところに引き寄せられるのだと思います。

何か行うのに、気持ちがそこにあることが、まず土台ですよね。

助け合うなかに、喜びやうれしさのストーリーがあれば、どんな大変な山積みされた難題も、

さわやかさを感じられることで、人や知恵の力が発揮できていくのかもしれません。







結局、人が歩み寄るには、正しい言い分の理解しかなくて、
「北風と太陽」の話のように、きびしくすると、固く閉じて、
さんさんと照らすと、心を開いて話し合えるのかもしれません。







記事中にもあるけれど、はじめにも。。

わかりあうための原発論
証明するためのリンクもあり、データや客観的な最善が不安要素の解決も含めて
書いてあるので、原発に関して、冷静に、太陽のように明るくやさしく心開かせ
わかりあえて、解決できるといいですね。





西條さんや、糸井さんは、決して批判をして責めるのではなく、淡々と、
ベストは何かということを、求めて、説き勧めるので、人がついていける
のかもしれません。ベストの落としどころも見極めるのが上手です。
論争を起こさないので、あらゆる人に協力を求め、楽しくやれます。





「ふんばろう東日本プロジェクト」を、このブログでリンクしています。
ほぼ日の「東日本大震災のこと」もリンクしています。
開くと、いろいろとネットサーフィンもできて、勉強にもなります。
被災された方に手紙を書くことも、何かアクションを起こすこともできます。
あ、「クリック募金」もリンクしています。





災害は不公平!なので、できるだけシェア・・分かち合いたいです。
 原発事故も津波や地震も。










                     









数日前までいた東北は、台風のせいもあって、とても寒かったです。


Mr.Children HANABIyoutubeのコメント欄に

母親と姉妹を亡くした方のコメントが載っていて、ミスターチルドレンのこの歌に
励まされているとあって、それにたくさんの励ましのコメントや、メッセージが
載せられていました。残されたお父さんといっしょに、知り合いにプレゼントされた    
ミスチルのコンサートに行くそうです。

HANABI(LIVE)






                       






発表されているより、はるかに高い線量。

ガイガーカウンターは正確とされているウクライナ製のもので、

計測すると、0.4(5)マイクロシーベルトくらいに岩手の一関市で、でます。

本当に驚いたのは、盛岡市の学校の校庭が、軒並み1マイクロシーベルトを軽く超えていて、

表土を削ることが必要なようでした。ネットで、放射線量を見ても問題がない数値だったので、

見ると聞くとは大違いなのだと思いました。

本当に、悲しくてため息がでます。行き帰りの自動車は、福島を通りますが、車の中でも、

高い数値がでます。そして、福島以外にも同じように高いところがあります。

人の生命を一番に考えてほしいと。

決定権を持つ方にはお願いしたいです。





被災地の高校生や人々が心底願っているのは、どんなことだと思われますか?

みんな思っているということが判明したことは、

「忘れないでほしい」ということなんです。

よく考えてみると、助けて下さいと言うことなのだと思います。

気持ちが弱っていて、家族の親や兄弟を亡くしていて、力がでないのです。

トラウマで、津波で人が亡くなる話に、鳥肌がたったり、震えたりします。

それでも、生きていかなければなりません。







                            







ある日突然、何かが変わることがある。

チャンスが突然めぐってきたり、事故にあうということもあれば、

自分をめぐるストーリーが予期しない方向へと進むといったことも含まれていて、

それは、たぶん積み重ねたものとか、潜在能力とか、

時間が証明していく立ち位置だったりとか、相性とか、性格とか

そういうものも含まれるかもしれません。





それは、「何かが明らかになるだけのこと」かもしれません。

事故にあったのだとしたら、どのようにそれに対応するのかが問われます。

「真実や事実は、変わらない」・・・。事の善悪といってもいいかもしれない。

言わせていただけるのであれば、それは、人が決めるものではない。。ようです。

どうするのがベストであるか、答えは真実、事実としてあるのだと思います。

これを原発にあてはめるならば、もうひとつ視点を変えて、ふんばろう東日本プロジェクト

の代表の西條さんの学問分野である構造構成主義に照らして、きわめて明快な

わかりあうための原発論(再び)を思い出しました。

人は、視点を変えて冷静に分析することにより「事実」を共有できますね。








個人のレベルで・・・?

より真実や事実に近づく、発見していく、現れていくということがありますね。

才能とか、傾向とか、生まれ持ったものとか、好みも。

「自分」という資質は、あるのだと思います。

時間が、よりその人に、ならせるのかもしれません。





だーい好きなフィギュアスケート!

羽生選手ドイツの国際試合で優勝!ここ@より詳しいのは、このページ
フリープログラムや、エキシビションまでありましたが、ちょっと疲労気味?忙しかったから。
このページには、フィギュアスケートの申し子のような方達(真央さんと伊藤みどりさん)
の動画があって、真央さんの新プログラムのようなもの?と、驚くべき・・・みどりさんて
こんなにすごい方だったのですね。驚きました!資質ですかね。そうですよね。
チャンピオンズオンアイスは、カルメン特集でランビエール大活躍!
スケーター達の日々の努力はすごいですね。(おなじみチュッキョフィギュアからの動画)







それでも・・・・・、








ある日突然ピアニストになった人がいます。

アメリカに住む青年で、しかもかなり大きくなってから。






ピアノは、幼いころからの訓練がものをいいます。

だからこういうことは、普通はありえません。

でもその人は、自閉的傾向がある人で、

ピアノを前にした機会に、聞いたピアノ曲のあらゆるものを

再現してみせたそうです。






ある日神宮球場でヤクルトとどこかの試合を見ていて、

天から啓示を受けて作家になるべきだと思った人がいます。






村上春樹さんです。





彼は、ジャズ喫茶の店主でした。

以前本人が語っていましたが、

それまで、その兆候は全くなしの生活だったそうです。

しかし、その野球観戦の日からすぐに、

できるだけ早く送れる文学賞に応募して、それっきり忘れていたそうです。

ある日受賞の知らせが来て、そこから作家になりました。




ちょっと話はちがうかもしれませんが、アメリカンアイドルでシーズン7の優勝者である

バーテンダーだったデヴィッドクックは、弟のオーディションについて行って、

急遽自分も受けることになりました。

このたぐいの話は割とよくあるかもしれません。

自分がラッキーな場所に連れていってもらえる。

でも、大事なことは、その人に真実実力がなければ、ポジションをもらっても

維持できないのです。





ある日突然・・・だから人生はこわいし、希望も持てるのかもしれないですね。

だから、くさらないで、努力をする大切さを感じてもいます。

化学は物理があってこそなりたったりしますよね。







東北地方では、3,11の地震による津波で、突然その命を終えてしまった方が、

2万人以上いるといわれていて、突然親や子供・・・かけがえのない家族を失った方達が

海岸沿いの街じゅうにいます。。


仙台の放送局(ラジオ)で、東京プリンの牧野さんという方が番組を持っていて、
今、ガンで闘病中だそうです。津波でなくなったかたより、自分は恵まれていると
仰っていました。その方がミスチルが大好きだと言って、はまっていて、ミスチルばかり
聴いていると、語っていました。。

Tomorrow never knows / Mr.Children


さて、仙台在住の作家である伊坂幸太郎さんの作品と同名のゴールデンスランバーは、
ビートルズの曲ですが、斉藤和義さんも歌っています。

最後に仙台を経由して、いつもの東北行きより、長く行ってきました。

一つ下(一つ前)の記事に日記らしきものをつけています。

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。