ノンカフェインの飲み物 * サマータイム



                    





コーヒーは、カフェなどで、よく飲みますが、

本当は、1番好きな飲み物は、ノンカフェインの

ミントティです。

ペパーミントは、  神経全体の働きをよくし、代謝を活気づけるそうです。

あの、ミントの香りは、天才的な自然の賜ですね。


ハーブティー全般もノンカフェイン飲料で、市販されている一部のハーブ入り紅茶
などといった商品でなく、純粋なハーブティーであれば基本的にカフェインは含まれていません。
ただノンカフェインな飲み物であってもハーブティーにはさまざまな種類のものがあり、
中には刺激の強い作用を持ったハーブティーもあるそうで、人によっては、あるいは、
体調によっても、避けたほうがよいものもあるようです。


ハーブティの記事は、ここ☆








                





ノンカフェインのお茶・健康飲料




ノンカフェインのお茶・健康飲料ノンカフェインのお茶・健康飲料として
代表的な飲み物には下記のようなものが挙げられるそうです。



まずは、麦茶ですよね。

この記事に書いています



黒豆茶

黒豆に含まれる大豆イソフラボン・アントシアニン・ サポニン・ レシチン・
ビタミンEなど豊富な栄養素を含んでおり、健康効果や美容効果が期待できることから
人気になっている黒豆茶もノンカフェイン飲料です。


黒豆茶には血中コレステロールの酸化を防ぎ血液をサラサラにする効果や、
体脂肪の蓄積を抑制し脂肪の代謝を促進するといったことから肥満解消にも
貢献すると言われています。


ゴーヤ茶

ゴーヤ茶は、その名前の通り健康野菜として有名なゴーヤ(ニガウリ)を原材料
として作られたノンカフェインの健康茶で、ビタミンC・カロテン・カリウム・
たんぱく質など栄養成分を豊富に含んでいます。

ゴーヤ茶には疲労回復をはじめ、便秘の解消、胃腸の働きを活発にするなどの他、血糖値
を降下し安定させたり、肝機能を高める効能などが期待できると考えられているそうです。



そば茶

そば茶もカフェインが含まれていないノンカフェイン飲料で、中でも
【ダッタンそば(韃靼蕎麦)】と呼ばれる種類の蕎麦を原料に使用した
ダッタンそば茶に人気があるようです。

ダッタンそば茶には、ビタミンP(ビタミン様物質)の一種である【ルチン】という成分が
多く含まれていることから、毛細血管を強化し動脈硬化を予防する他、高血圧の予防や改善、
糖尿病の予防といった効能などが期待できると考えられているそうです。



タンポポ茶(タンポポコーヒー)

タンポポ茶は見た目の色や風味がコーヒーに近いことから【タンポポコーヒー】とも
呼ばれていますが、カフェインは含まれていないノンカフェインの飲み物だそうです。

タンポポ茶の効能としては、利尿作用があることから浮腫(むくみ)の改善がある他、
冷え性や便秘の改善、胃や肝臓の働きを助けるといったことが挙げられるそうです。



甜茶

甜茶は中国では甘みのあるお茶の総称として親しまれているノンカフェインの健康茶で、
いろいろな効能が期待できるということで日本でも注目を浴びています。

甜茶には各種アミノ酸をはじめ、カルシウム・マグネシウム・カリウム・亜鉛・鉄といった
ミネラルが含まれている他、【GODポリフェノール(甜茶ポリフェノール)】という
有効成分が含有されており、このGODポリフェノールの作用により花粉症や喘息などの
アレルギー症状の緩和に効果的であると言われてるそうです。


杜仲茶

杜仲茶は非常に生命力の強い植物である【杜仲】を使った健康茶で、カフェインが含まれていない
ノンカフェイン飲料です。杜仲は古くから中国において不老長寿の生薬として利用されている植物で、
さまざまな健康効果が見込めると考えられているようです。

杜仲茶の効能としては、血圧下降効果や動脈硬化改善効果などが挙げられ、これらは杜仲茶に含まれる
【イリドイド配糖体のゲニポシド酸】という成分によるものと考えられています。



ルイボスティー

ルイボスティーは南アフリカを原産とするルイボスという植物を原料として作られたノンカフェインの
健康茶で、古くからヨーロッパ各国でもハーブティーの一種として飲まれています。

ルイボスティーにはミネラル類がバランス良く豊富に含まれている他、強力な抗酸化作用を持った
SOD様物質が含まれており、特にアトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー性疾患の症状緩和に
効果的な作用があると考えられているそうです。





ところで.....、



カフェイン含有量については.....?



カフェインというとコーヒー、日常的に飲まれている緑茶をはじめとする一般的なお茶にも
含有量の違いはあれど含まれていて、コーラやココア、栄養ドリンク剤などの飲み物にも
含まれていますよね。。。また、飲み物だけに限ったわけでもなく、ココアと同じカカオを原料とする
チョコレートにも含まれていますね。



お茶やコーヒーの抽出液のカフェイン含有量

飲み物 カフェイン含有量(100ml当たり)
玉露 160mg
抹茶 32mg
煎茶 20mg
ほうじ茶 20mg
烏龍茶 20mg
番茶 10mg
玄米茶 10mg
コーヒー 60mg
紅茶 30mg

上記に示したそれぞれの飲み物のカフェイン含有量は、文部科学省が公表している
【五訂日本食品標準成分表】のデータを参照しています。
茶葉の量・お湯の温度・抽出時間など、抽出方法の条件の違いによって
カフェイン含有量は異なるようです。


カフェインの効能・効果

カフェインの作用による影響を考えて控える方が良いと思われる人が
居られるのは確かですが、それらに該当しない人の場合であれば
カフェインによる身体への幾つかの効能を期待できると考えられているそうです。



カフェインの効能・効果としては、中枢神経系を興奮させる覚醒作用があることから
【疲労回復効果】や【眠気の解消】、【運動機能の向上】【知的作業能力の向上】
といったことが期待できます。また、利尿作用・血管拡張作用・胃酸分泌促進作用などが
あるとされており、身体への健康効果も多岐にわたるとされているそうです。




ハーブティー

ーハーブティー全般もノンカフェイン飲料で、市販されている一部のハーブ入り紅茶
などといった商品でなく、純粋なハーブティーであれば基本的にカフェインは含まれていません。

ただノンカフェインな飲み物であってもハーブティーにはさまざまな種類のものがあり、
中には刺激の強い作用を持ったハーブティーもあるそうで、人によっては、あるいは、
体調によっても、避けたほうがよいものもあるようです。





              


テレビのある医療の番組で、日光が体にもたらす益を述べていました。

昼間の光は、ビタミンDを生成し、それにより、発がんリスクが何割か減らせるという

実験結果が出ているということです。

もちろん、強烈な紫外線を浴びるという意味ではなく、

昼間の光といった、暮らしのなかの、基本的な自然光のことです。




サマータイムは、外国には、あったりしますね。



ある出版物からの、知識を、お借りしています^^。




多くの人は、年に二度、時計の針を直さなければならないようです。
英語には「春には進め、秋には戻す」という慣用句があって、
そうした変更がそれぞれ春と秋に行なわれることを人々に思い出させるそうです。



ブリタニカ百科事典によると、日光の有効利用を最初に提案したのは
ベンジャミン・フランクリンだそうです。
それは1784年のことで、それから100年余り後に、
イギリス人のウィリアム・ウィレットがそのためのキャンペーンを繰り広げましたが、
議会で法案が成立する前にウィレットは亡くなりました。



英国の著述家トニー・フランシスによれば、
ケント州チズルハースト出身の優秀な建築家ウィレットは、
ある夏の日の朝早く、馬に乗ってペッツ・ウッドの町を通っていたとき、
時間を調整することの益にふと気づいたそうです。
多くの家のよろい戸が閉まっているのを馬の上から見て、
『日光の何たる浪費だ!』と考えて、彼は時計調整の議案がイギリス議会を
通過するようキャンペーンを始めました。
すべての時計の針を春と夏に計80分、つまり4回に分けて20分ずつ進め、
秋にそれを戻すという簡単な操作で、人々は夕方の日光をもっと長く利用できます。





フランシスによれば、ウィレットはビラの一つにこう書いています。
「光は、創造主からの極めてすばらしい贈り物である。日光に包まれていると、
陽気な気分がみなぎり、心配事もさほど重く感じない。人生に立ち向かう勇気も湧いてくる」。


エドワード7世は、議会が法令を制定するまで待ってはいませんでした、
7,900ヘクタールの敷地を持つサンドリンガム宮殿をサマータイム適用地域と宣言し、
のちにはウィンザーとバルモラルの宮殿にもこの変更を適用しました。


行政はついに折れてサマータイムの採用に踏み切りますが、そうさせたのは何だったかというと、
第一次世界大戦の間は、人工照明の必要を減らすことによって、燃料の消費を抑えたいと考えたそうで、
他の国々もやがて同様の理由でこのアイディアを採用します。イギリスでは、第二次世界大戦中に
ダブルサマータイムさえ採用され、
これによって、夏の間は2時間、冬の間は1時間の違いが生じました。



ペッツ・ウッドにはウィリアム・ウィレットの記念碑があるそうで、
記念碑は、「『サマータイム』の不屈の唱道者」にささげられました。
日時計のすぐ下には、“ホーラス・ノン・ヌメロー・ニシ・アエスティーバス”という
文字が刻まれていて、「我が数うるはただ夏の時のみ」という意味だそうです。









クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。



    

コメント

こんにちは!

暑くなりましたね。

この作曲家のかたは、津波のあとの体験を実際に追体験のようなことをすることで、
十分に感じてから作曲をし、本当に感動を与えていらっしゃるようですね。

一度、全部聴いてみたいです。

さとみさん、コメントありがとうございます。

仰る通り、佐村河内さんは、すごい作曲家ですよね。
もう、若いころから、才能を発揮していたようで、ゲームの音楽を作ったりも
していたようですが、本当に、すばらしいですね。

クラシックでは、異例の売り上げだそうで、良いものは、届くのだなと感じます。

No title

飲み物。いろいろと美味しい飲み物もありますね。
杜仲茶とかもスキなのですが最近は飲む機会がありません。

ここのところやっぱりコーヒーに落ちついています。
※あと麦茶(あとビールもかな…)
「カフェイン酔いがない」のは大変ありがたいと思っています。
体質によってはコーヒーで酔うヒトもいるようで…

利尿作用が強いので、それなりにいい効果もありそうです。
でもでもこれからは熱中症に注意な時期ですね。
わたしも注意しなければ…

ちなみに、明日から恐ろしく大変な日々となります。
※まずは2~3週間が…

No title

いつも、ありがとうございます。

飲み物は、誰にとっても身近にあるのですが、
やさしく寄り添ってくれますね^^。

コーヒー@私も1番かなあ。あ、ビールもいいですね!
飲み物には、マイブームもあったりしますね。
最近は、自家製のミントティー=ミントの葉をお湯に入れるだけ
を結構飲んでいます。ミントはすぐ増えるので頼もしいし、
乾燥させて冬に備えたりしています(笑)


また、お忙しい日々が続くのですね。
これからの季節は、注意しなければならない熱中症の心配もあり、
水分補給は、大事ですね。
お忙しいなか、お身体に十分気をつけてくださいね。

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム