オーロラ * 外国語のこと * Coldplay - Viva La Vida







この歌が、前奏の部分から、
とても好きです。
いつでも、何回聴いても、すごみがあります。



Coldplay - Viva La Vida



この歌詞のベースはあのフランス王ルイ16世かもしれないそうで、
歌詞の端々にルイ16世とフランス革命にリンクするキーワードが出てくるそうです。
かつて権力を持っていた男の回想なのでしょうか。





人が人を支配するのは難しくて、




現実の世界では、日本もそうですが、世界中に、深刻な憂いが絶えません。




それでも、日常的には.....、




天体観測や、語学の修得、海外はもちろん国内や近い場所を含めての旅行など、
現実逃避(=もちろん大切な見聞)で、すがすがしさを味わうことはできますね。
精神衛生に必要ですが、それでも、☆恒久的な希望=平和と安全☆は願いです。。。







オーロラは太陽からのおくりものだそうです..。
太陽から激しくふきだした”太陽風”とよばれるプラズマ状態のガスが、
高速で地球にも吹きつけてくるそうです。これが地球の大気にぶつかって、
美しく幻想的に光る現象がオーロラです。ネオンのように美しく
ゆらめくオーロラは、たくさんある太陽からの贈り物のうちの一つですね。

エンヤを聞くと、オーロラ(iPhoneで撮ったライブ)を思い出すと思ったら本当に
            
           東京の三鷹

youtubeにエンヤとオーロラの図がありました。




ブログで、いろいろな所に行くことができました。



このカテゴリ外国と外国語のことでは、

少し行った気持ちになれました。

とくに、8月31日に書いたアフリカは、気になります。





韓国語のすばらしい教材



全5回のフランス語入門のページがあって、




ネットでも、ある程度、学ぶこともできます。。



世界のどこでも、外国語を学ぼうとする人たちが増えているそうです。

その理由はさまざまだそうです




誰でも、分かることですが^^、

「外国語の学び方」という本から、あらためて

教えてもらいました。<(__)>






幼い子どもは同時に二つか三つの言語を、しかも、ただそれに日常接しているだけで
学び取ることができます。しかし大人にとって、
新しい言葉を学ぶのは多くの場合それほど簡単ではありません。
一つの点として、辛抱強さが求められます。
新しい言語を学ぶにはふつう時間がかかるからです。
そして、多忙なスケジュールの中で、自分のしたいほかの事柄を
後回しにしなければなりません。




「謙遜さが必要です」と述べる人がいます。
さらにこう続けています。「言語の学び初めには、どうしても子どものような話し方を
することになり、ある面では子どものように扱われることがあります」。
「外国語の学び方」という本は,次の点を挙げています。
「本当に進歩したければ,自尊心をある程度捨て、自分の体面を保てるだろうかといった
心配を持たないようにしなければならない」。
自分のことを考えすぎないようにし、なぜなら、
「間違いを一つもしないとすれば、せっかく学んだ新しい言語をあまり使って
いないからです」ということだそうです。




自分の間違いを笑われても気にせず、むしろ一緒に笑うことだそうです。
そして、人に尋ねるのをためらわないことです。
なぜそのような言い方をするのかが分かると、覚えやすいものです。





勉強に時間をかけるほど、さらには、学んだ言語を使えば使うほど、
進歩は速くなります。「言葉の学習は、ニワトリが一粒一粒えさをついばむのに似ています。
一口ずつはわずかでも、それはだんだんたまってゆきます」述べています。
「単語帳を持ち歩き、一,二分のひまを見つけてはそれを眺めました」。
多くの人が気づいた点として、学習のために少しずつでも定期的に時間を取るほうが、
たまにまとまった時間を当てるより効果があるようです。





書籍,録音,フラッシュカードなど、外国語の学習を助けるものは山ほどあります。
いろいろな学習教材があるにしても、教室で行なうような系統だった勉強がいちばん効果的だった
と言う人が多くいます。何でも自分に合ったものを使えます。でも
努力と根気に勝るものはなく。勉強を楽しく行ないやすくする方法がいろいろあって、
一つは、努めてその言語や文化に自分の身を置くことです。





「基本的な点をある程度マスターし、初歩的な単語を覚えた後は、できるなら、
その言語が話されている土地に出かけてしばらく過ごしてみることです」とこの本は、述べています。
当然のすすめですが、「その土地に行ってみると、学んでいる言語の持つ味わいを感じ取れます」
と述べています。特に大切なのはその文化環境にひたることで、新しい言語で考える助けになるのは
それはそうですよね。もちろん、私のように、よその国に出かけて行くことのできない人が多いけど、
それでも、その言語と文化にもっと接する機会が手近なところにあるかもしれません。
例えば、学んでいる言葉の書物、ラジオやテレビの番組などで健全なものがあるでしょう。
また、その言葉をきちんと話す人たちが自分の土地にいるなら、その人と話してみることもできます。




「結局のところ、使うことが進歩のいちばんの秘けつ」ですよね。





停滞期



無理な期待を持たないことだそうです。
「その言語の中で生まれ育った人のようにはまず話せない。それが目標ではない。
自分の考えが相手に通じるようになれば良いのである」と、
「外国語の学び方」の本は述べています。
ですから、自分の母語のように流ちょうではないと嘆くよりも、
すでに学んだ事柄を用いて、ともかく意思や感情を伝えることができますよね。






自分の進歩を計る目安を見つけてください。言語の学習の様子は目に見えませんが、
それでも草は日ごとに伸びています。同じように、学びはじめた時のことを思えば、
自分の進歩が分かるはずで、他の人と比べないでくださいとあって。。。





勉強の過程を長期的な投資と見ることができます。
三,四歳の子どもの表現力はどの程度でしょうか。洗練された言い回しや複雑な構文を
もちろん、使えません。それでも、基本的な会話をすることができます。
実際のところ、子どもが自分の言語を覚えるにも数年かかるのです。とありました~。






それは、そうですよね~。

あたりまえのことでしたが、自分のために、調べてみました。







クリック募金
    


クリックで救える命がある
コスモ石油には、震災後の森をきれいにするというボタンがあります。
もちろんそれ以外も。。。







コメント

こんにちは。

語学は、ちょっと現実から逃避できて
積み重ねていく楽しさもありますし、
まさに、実際、外国でも役立つので
夢がありますね。


そういえば、オーロラは、東京の三鷹でしたっけ。
日本でも見ることができるときもあるようですね。

さとみさん、コメントありがとうございます。

語学は、本当に、良い意味で、現実逃避ですよね。
実際海外旅行などに行くことができるので、
文字通り、現実逃避することができますね^^。


ストレス解消には、大切な現実逃避ですが、
オーロラが、三鷹で見えるなんて、すごいですよね。
わざわざ、海外に行っても、条件が恵まれずに、
見えないことがあるようですけど。。。

恥ずかしながら、私は大学時代に英会話教室に通っていながら、まったく喋れませんでした。
やはり、間違えると恥ずかしいという気持ちが大きかったからですね。

今でも英語を話せたら・・というあこがれはありますが、なかなか難しいです。
異国にぽんと、問答無用で放り込まれるのが一番なんでしょうが^^。
子供のように、まっさらで、なんでも吸収していく脳と、心が欲しいです。

limeさん、コメントありがとうございます。

何かを学ぶことの一番大切なことは、
率直さと、素直さ。
つまり、子供のように柔らかくて、
気取る事をする以上に、知りたい気持ちのほうが強い@そういうことなんでしょうか^^。
語学は、気取っていられないですね。

でも、一番は、やっていることへの愛情や、必然性のような気もします。。。

limeさんは、ずっと小説やときには素敵な漫画や絵を描かれて、それを続けていらっしゃるので、
素晴らしい作品を生み出されていますし、いつも
私たちを楽しませてくださって、感謝します。
結構漫画渋い背景など描かれるので、私は、個人的に小説と同じくらい描いてほしい。。
あるいは、挿し絵をご自身で描いてくださいね。

ご紹介の「Coldplay - Viva La Vida」。
すでに(のべ)1億2千万アクセスを超えていますね (@_@;)

オーロラ。この目で実際に現場で見てみたいです。
「ほぼ100%実現しない」と思っていますが…
「現実逃避」という表現。
「ただ逃げてる」という印象を与える事も。
でも、普段の現実から離れた新しい事を体験する時間。
そういうのは必要ですね。
場合によってはすごくステキなことばになると思いました。

よしこチャさん。コメントありがとうございます。

「Coldplay - Viva La Vida」。
これは、ホントに飽きない曲です。
ある作家(村上龍さん)によれば、飽きないことが「好き」ということなのだそうですが、
それは理解できます。というか、納得!

オーロラ。本場に行っても見ることができないと
いうことをよく聞きます。
東京の三鷹で見える;そんなものかもしれないですね^^。

現実逃避@私も素敵な言葉だとおもいます。
同時に、現実は、逃避しなければならないほど
切実に大変な状況もあるということですね。

実は、文化というものは、意外に、現実逃避かもですね^^。
現実逃避すごいです。。。

yukoedenさん、こんばんは!

私は、高校1年生のとき(韓国にいた頃です^^)同い年の日本人の女の子と文通を始めました。当時は、日本語を始めたばかりで、学校が終わったら日本語の会話教室にも通っていました。日本に旅行に行くたびに、言葉が通じるっていうことに楽しさと自信を覚えたんです。

今は、日本に住み始めて11年目!!ですが、日本語がまだダメだなと思いながら、勉強せずにただただ暮らしてます(^^)

最近は、漢字をきれいに書きたいと思ってペン習字を始めましたが、上達にはけっこう時間がかかりそうですね。

coldplayの歌、よく聴いてました。CD3枚くらい持っています。Viva La Vidaいいですね。

きょんさんコメントありがとうございます。

>coldplayの歌、よく聴いてました。CD3枚くらい持っています。Viva La Vidaいいですね。

渋いですよね。リズムも音程も正確で、音楽性もあることが
聴きごたえにつながってるかもしれないですね^^。

日本語は、きょんさんすごく上手ですし、日本で暮らしていらっしゃるので、
もう、これ以上ない環境ですよね。。。
ブログも、日本人の私より表現がステキだといつも思っています。


私は、ハングルを書きたいです。
ハングルにも達筆なものや、個性的なものがあって、でも、それ以上に文字が興味深いです。


連休少し出かけたりして、ブログの更新もできなかったのですが、この記事にコメントいただけて
韓国語のサイトもあったし、coldplayがお好きだということもわかって良かったです!
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム