冬の野菜の効用 * おいしい紅茶 * 野菜図鑑&花図鑑 * 一分間@








この地球では、地を産出的にするために、土の中に様々な微生物がすむようにされました。
それらの極めて小さな生物は、死んだものを分解し、植物の成長に使われる元素を
リサイクルします。土の中にいる特殊なバクテリアは、空気中の窒素を取り入れて、
植物がその必要不可欠な元素を使って成長できるようにしているようです。
驚くべきことに、一握りの肥沃な土の中に60億もの微生物がいることがあるそうです。



        





冬の野菜

 ☆冬野菜の特徴

  体を温める効果があります。ビタミンCの豊富な冬野菜は、風邪予防に効
  果的です。煮汁と一緒に取れる鍋料理などは、効果的に体内でコラーゲン
  の生成を助けてくれます。喉、鼻など粘膜も強化してくれます。
   また、カルシウム豊富な野菜は、イライラをしずめストレスを緩和し、免疫
  力の低下を防いでくれる働きがあるそうで、
  
   白菜、ほうれん草、小松菜、ねぎ、大根、にらなどがあります。
   


 冬野菜の効用

白菜

 ビタミンC、カリウム、食物繊維が多いそうです。
白菜の食物繊維はやわらかいので、消化もよく、煮込み料理に合います。
ビタミンCは外葉と芯葉に多く、カリウムは芯葉に多い。
ビタミンもカリウムも水溶性なので、煮込んでスープごと食べれば沢山食べられ
風邪予防や肌の潤いにも効果的なようです。


ほうれん草

鉄、カロチン、ビタミンC、ビタミンB1、B2、カルシウム、マグネシウムなど
が含まれ貧血予防や血液サラサラ効果があり、動脈硬化、脳卒中予防に効果がある
といわれ、冬のほうれん草のビタミンCの含有量は、夏の3倍!鉄はビタミンCと
一緒にとると、吸収率がアップし、カロチンは油と一緒にとると吸収率がアップ
します。根の赤い部分にはマンガンが多い。

ほうれん草には、シュウ酸が含まれ結石の原因と言われますが、ゆでて水にさらせば
大丈夫ですが、さらし過ぎるとビタミンCが流出するので注意だそうです。


小松菜

カルシウムは、ほうれん草の3倍以上あり、カロテン、ビタミンC、鉄、カリウム
などが含まれます。アクが少なく、カルシウムが多いので、
ビタミンDの多い食品(しいたけ、レバー、魚など)と一緒に調理すると、
カルシウムの吸収がアップするようです。


大根

大根の白い根の方に消化酵素(ジアスターゼやアミラーゼ)が含まれています。
胃もたれ、胸やけに即効性があるといわれています。また、辛味成分には発がん物質を
抑える働きがあるそうです。葉の方には、カルシウム、ビタミンCが多く含まれます。
消化を助けるジアスターゼの効果は加熱すると低下するので、生で薄切りにしたり、
すりおろして食べるとよいようです。
大根おろしは、空気に触れるとジアスターゼの効果が壊れるので食べる直前にすり
おろす方がよいということです。


にら

カロチン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄が含まれ
特にカロチンは、にら1束で1日の推定平均必要量を補えるほど。にら特有の香りの
もと、硫化アリルという成分が、ビタミンB1の吸収をよくし、エネルギー代謝を活発
にします。また免疫力を高め、体を温め、冷え性改善にも効果があります。
豚肉などビタミンB1を含む食材と一緒に食べると、さらに疲労回復に効果的だそうです。




野菜図鑑 冬の野菜





そして、

食べる植物ではなく、観る植物@




花図鑑




植物図鑑 






音楽を聴くことや花を飾ることは、食事を取るというように
どうしても必要なことではありません。
それでも、それらが、なかったとしたら、
とてもさびしいことでしょう*
ギターの音楽もいいですね。

Kotaro Oshio plays Earth Angel
押尾コータローさんのギター





@こういう音楽とともに美味しい紅茶があったらいいですね。


  紅茶の淹れ方     

紅茶の入れ方に関するゴールデンルールというのがあって。。。
ごく当たり前のことかもしれませんが。。。

1,良い茶葉を使う。

2,新鮮な、沸騰した湯を使う。

3,ティーポットを温める。

4,茶葉の分量を正しく計る。

5,茶葉をきちんとふたをして蒸らす 




でも、面倒にならないように・・・、




(良い茶葉といっても高い茶葉を使うということではなく、
新鮮で茶葉の状態が良質なものということです。
このゴールデンルールをふまえたうえで、紅茶をいれると)


1,お気に入りの茶葉を用意する。
2,入れたての水道水を沸騰させる。
3,そのお湯でティーポットを温める。
4,湯をすて茶葉をいれ高い位置から、分量分のお湯をティーポットにいれる。
5,ふたをして3分ほど蒸らしカップにそそげば出来上がり!
6,カップ一杯150mlに対してティースプーン一杯が目安だそうです。


これで、楽しいティータイムですが、



*ティーカップで手軽にティーバッグを使って入れると・・・?

おいしさのポイントは熱湯を使って、きちんと蒸らすことだそうで、
温めたティーカップに沸騰した熱湯を注ぎ、ティーバッグを静かに入れて、
ソーサー(受け皿)などでフタをして蒸らしてから、
ティーバッグを取り出します。





* ティーポットでたっぷり淹れるには・・・?

温めたティーポットに、杯数分の沸騰した熱湯とティーバッグを入れます。
フタをして蒸らしてから、ティーバッグを取り出します。
何杯もの紅茶を大きいポットで淹れる時にはティーバッグも増えて。。
どんな時にも紅茶は@「ふたをして蒸らす」といいようですよ。
そして、@「食器をあたためておく」のが大事だそうです
それは、誰もなさってることかもしれないですね^^。





花を長持ちさせる知恵や裏技があるそうです。
    
折角お花を飾っても、すぐ枯らしてはもったいないですよね。




■■■ 切り花を長持ちさせる知恵1 ■■■


花瓶にお花を活けた時、花瓶の中に10円玉を一枚入れておく。
銅には、殺菌作用があるので、花が長持ちすると言われています。

他には、砂糖を使った方法です。
水1Lに対して、小さじ1杯のグラニュ糖を入れると長持ちするそうです。




■■■ 切り花を長持ちさせる知恵2 ■■■


切花の切ってある部分を2・3cmもう一度切り落とし、
その後、熱湯に切り口部分を10秒程度浸します。

このとき、花の部分が湯気にかかると悪くなるので、あくまでも
茎の根元の部分のみを熱湯につけ、花の部分は湯気に当たらない
ようにすると、たったこれだけで、花が長持ちするそうです。
花の水分が抜けていかないために枯れる速度がゆるやかになるそうです。



@「漂白剤を切り花に数滴たらすと長持ちする!!」と、複数の証言として

ありました。雑菌が増えないことが大切ということでしょうか。





+鉢植えの花の肥料としてお手軽に使えるのは卵の殻だそうです。+++

卵の殻があれば、丸い部分を上にして洗わずに土に差し込みます。
このとき洗わないのは、卵の殻についている白身がいい肥料になるそうです。
卵の殻は、新しいものと順次交換していきます。

また、米のとぎ汁は、鉢植えの植物が元気になるとよくいいますよね。
もっとたくさん良い方法を知っている方がいらっしゃると思うので、
教えてくださるとありがたいです。
ちなみに、売られている花の保持剤は、やはり1番効くようではありますが。







一分の力はすごいようです。







とてもシンプルなお掃除術は。。。
いろいろあると思うけど、一つには





1分以内で、身の回りをキレイにできることがあれば実行するだけです。
・・・・・という勧めもありました。




ある方が、このシンプルな1分間ルールを取り入れてから、
大量の荷物の山(書類の山、洋服の山、雑誌の山...)と格闘することが
なくなったと書いています。領収証をファイリングするのも、
洋服をハンガーに掛けるのも、読み終わった新聞をリサイクルボックスに
入れるのも、どれも1分もかかりません。と書いていて・・・・・、






アクセサリーをサッと磨くのも、バスルームを軽く掃除するのも、不要な
ダイレクトメールをゴミ箱へ入れるのも、同じく1分以内でできることです。
探してみると、他にも1分以内でキレイにできることは、まだまだたくさんありそうです。





            Wiki
このお掃除術は、GTDの生みの親であるDavid Allenさんの
仕事に対処する方法に似ています。それを掃除や家事に応用したようなものだそうで、
1分間ではどうにもならない掃除や片付けが出てきた時は、「8分ルール」や
「1日15分のお掃除術」なども使ってみるといいそうです。。




一分で、できること動画@一覧

    

いろいろありました。
素敵なアートやオムレツなどを、作ってみせてくれています。
一分間すごいですね!



  

 復興支援クリック募金

コメント

こんばんは♪
冬の野菜リストを見ていたら、
鍋が食べたくなりました(笑)
冬に鍋を食べるのは、ちゃんと理由があるんだな~って
納得しちゃいました(^^)

No title

>冬のほうれん草のビタミンCの含有量は、夏の3倍というところなど、
旬というか、風邪をひきにくくするための自然の賜物ですね。

野菜のおいしさもありますよね^^。

それぞれを活かす料理もあって、また、プランターで育てられる野菜も
あったりして、野菜は、身近な感じもします~。

No title

先日もウチで、季節の野菜について話が出ました。ウチは
田んぼも畑もあるのですが、自然のものはよくできてると思います。
当然「連作」がダメなものもありますし…
それもこれも、「科学(化学)」的な事なのですよね。

「押尾コータローさんのギター」
よかったです。先ほどまで作業中に「違うBGM」を流していたのですよ。
PCが「音楽を聴くぞ」状態(ボリュームなど)にしていたので迫力がありました。
最初から「ベース」音が入っててビックリしましたが (*/∇\*)

そういえ今冬は鍋っぽいのを食べてないなぁ…

No title

>自然のものはよくできてると思います。

本当ですね。いつも、一番関心があることです。。。

実は、本日出かけていまして、
ものすごい雪で、
移動がすごく大変だったんです。

でも、雪が降るっていうそのことは、
とても自然のことなので、乗り継いだどの駅でも、
誰も、おっとり構えていました~^^。

田んぼのお米や畑の野菜は、自然なことの最も大事なことで、
命の源のひとつですね。
 

おはようございます

慌ただしくバタバタと日々を過ごしていると、ゆっくりお茶を楽しむ余裕もなくなりがちです。
ここに来ると、そんな時間も大事なのだと、気づきます。
たまにはどこかで、ゆっくりとお茶を楽しむ余裕を作りたいですね。

図鑑、というものを、今まではあまり開かなかったのですが、小説を書くようになってから、いろいろとお世話になっています。たった一つの植物から、発想を得て、作品が出来上がることもありますし。
この世界には、自分が知らない動植物たちが星の数ほど有り、驚くべき生態や、姿のものがたくさんあることに、改めて驚きますね。

ゆっくりお茶を飲みながら、図鑑など眺める。
そんなゆとりを持ちたいです。

・・・と、いいながら、今日もバタバタと過ごす予感がしますが(笑)

>ゆっくりとお茶を楽しむ余裕を作りたいですね。

本当ですよね^^。一応その時間を取れば、水分の補給も
出来るかなあって思います。大切で、必要ですものね。
 気がつくと、水分取ってなかったと思う日があることと、何があっても、お茶を飲んで、
 少し落ち着いて@ということは、ありますね。寒いときは、あたたかい飲み物で暖まれるし、
暑いときは、冷たい飲み物で、ひといきつけます~。。。

植物や動物の種類の多さは、驚きです。図鑑は、見ていると楽しいし、自然はカラフルですね。
 ティータイムに合いますね。。それが、小説のきっかけになるということは(=いいですね!)、
 まさに、観る食物や、励まされる食物(養分という意味)ともいえそうです。

お久しぶりです~

yukoedenさん 遅くなりましたが、今年もどうぞ宜しくお願いします☆
「一分でできること」へのリンクを有難うございます。
こんな小さな区切りだと、「ガチガチ」にならずに実行できてストレスにはなり難いですよね^^
片づけや物事の処理って、実は小さなことの積み重ねなんだって気付かせてくれます。

「愛と真実」久々にお邪魔しました。
「言葉はメロディを伴ってやってくるのです」と語るマイケルが懐かしいです・・・。
マイケルは曲に絡んだ裁判を度々起こされましたが、その度にこういった本人の証言により
曲作りのディテールが惜しげもなく語られ、それは周囲の感嘆や賞賛を浴びるほど
逆に彼の天才ぶりを露呈させ勝訴していました。

この時は確か歯の治療後だったかで、麻酔醒めやらぬ状態の証言だったと記憶していますが
それでも曲作りを語るときは実に真剣で熱心で。 誠実な人柄が偲ばれます・・。

今年もよろしくお願いします^^。


今年もよろしくお願いいたします。m(__)m

一分間は、それ以上の時間をついかけることができる優しい誘導法で、気が楽です^^。
大変だと思うことは、つい億劫で、取り掛かることがむつかしいので、一分と思えば、その範囲で、
結構色々とやれると思うと、他にもいろいろとやってみようと思ったり、時間が長引いても平気
だったりするのでいいなあと思っています。
時間は、あっというまに経ってしまいますものね。一日一分と考えれば、趣味やレジャーを少し
楽しむだけでも、積み重ねていけるかもしれないと思っています。

マイケル、wildroseさんが教えてくださったので、その音楽や仕事といったものを知ることが
できました。神の子と言われるイエスが、天でみ使いのかしらミカエルという名前で、
 同じ(読み方はちがうけど)名前で、この記事の押尾コータローさんの音楽が、
 Earth Angel という題名だったので、偶然ですよね・・・。

お描きになったマイケルのいくつもの絵を、ブログを読ませて頂くときに今でも拝見するときがあります。
特に、笑ってる絵や、深い目は、じっと見入ってしまうときがあるんですよ。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム