大萩康司さんのギター * 熱中症に気をつけたい * 宇宙エレベーター





6月14日。追記

週末を利用して、東北に行ってきます。

もし、ネットができたら、すこしずつ、

書いていきたいと思っていますが^^。








          




繊細かつ、あたたかい演奏ですね^^。



タンゴギター協奏曲を弾く大萩康司さんは、新進気鋭のギタリスト。


落ち着いて、よく眠れそうです。


大萩さんは、ブログ書いててほんわかします。



Un Dia de Noviembreという曲も~。









         







これからの季節は、熱中症や熱射病に気をつけたいですね。

軽いものに、何回かなったことがあるので。。




「水分」とともに。「塩分の補給」を対策に!!!




どうしたらいいか 予防など!






今年の夏も熱中症に注意 熱中症対策マニュアル


自分の体調の変化に気をつけ、周囲の人にも気を配り、予防を呼びかけあうことが大切。
熱中症は、高温多湿な環境にいて、体内の水分や塩分(ナトリウム)のバランスが崩れたり、
体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないとった、体温調整機能がうまく
働かないこときに発症しやすいそうです。





こんな症状が出ているときは熱中症の疑いが





熱中症の症状はめまい・失神、高体温、筋肉痛・筋肉の硬直、

大量の発汗、頭痛・吐き気・嘔吐、倦怠感・虚脱感、意識障害・痙攣・手足の運動障害など。



急に暑くなった日には要注意。しかし、晴天の日に屋外で活動しているときだけでなく、
就寝中など室内でも熱中症を発症することがあるそうです。
 

昨年は室内で熱中症を発症し救急搬送された患者も多く、よく知られていることですが、

室内にいるときも注意が必要となるようです。



熱中症を防止する対策 

基本は「水分補給」と「暑さを避けること」
 
熱中症は、適切な予防をすれば防ぐことができる。

たくさん、グッズがでているようです。

水で濡らして、冷やすことができるものや、塩分を含むアメ



熱中症を防止する7ヵ条

1 こまめに水分・塩分の補給する

2 こまめに体温を測定する

3 通気性の良い、吸湿・速乾性のある衣服を着用する

4 外出時には帽子を着用したり、日傘を使う

5 エアコンや扇風機を使用し温度を調整する
 節電を意識しすぎて健康を害することのないよう、気温や湿度の高い日には、
 無理にがまんせず、適度にエアコンや扇風機を使用して暑さを避け、
 体内の熱を外に逃がす工夫をすることが大切。

6 緊急の場合には、涼しい場所へ避難
 自治体は、地域の公民館や図書館、コンビニエンスストア、飲食店、薬局、
 理・美容所などに対して、避難所(シェルター)の協力を呼びかけている。

7 熱中症予防を呼びかけあう
 1人ひとりが周囲の人に気を配り、熱中症の予防を呼びかけあうことで、
 熱中症を防ぐことができる。熱中症になった人がいるとき処置は、
(1)涼しい場所へ避難、(2)衣服を脱がせ、体を冷やす、(3)水分・塩分を補給。
 自力で水を飲めない、意識がない場合は、ただちに救急隊を要請する。


糖尿病の人は特に熱中症に注意が必要だそうです。
 
特に熱中症にかかりやすいのは高齢者、糖尿病など慢性疾患のある人、小児など。
昨年、熱中症で医療機関に搬送された患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者だった。
高齢の人は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、
暑さに対する体の調整機能も低下している。


 糖尿病など慢性疾患のある人では、次の工夫も役立つ――

夏場は、汗の量に見合う水分補給をする。カロリーのない水を飲んで、体重が増えることはない。

スポーツドリンクは水分と塩分(ナトリウム)を同時に補えるので効果的だが、
糖質(果糖など)が多く含まれるものもある。スポーツドリンクには
100g中5g~10g(20~40kcal)の糖質が含まれるものがあり、多量に摂取すると
高血糖になるおそれがある。

ビールは利尿作用が強く、尿で排泄される水分の量が多くなるので水分補給にならない。
コーヒーなどカフェインの入った飲料も排尿を増やす。喉が渇いていると飲む量が多くなり、
エネルギーの摂取量も増えてしまうそうです。






                 






とても気になる・・・・・、






宇宙エレベーターについて






それでも・・・・・、






軌道エレベータ。。。に、
    (wiki)






軌道エレベータ(きどうエレベータ)は、惑星などの表面から静止軌道以上まで
伸びる軌道を持つエレベーターである。

宇宙空間への進出手段として構想されているが、現状の技術レベルでは建造が
非常に困難であるため、その構想のほとんどは空想であるか、
または概念的な物にとどまっている。





            



コメント

No title

以前ウチでも、yukoedenさんが言われた「大萩康司」さんですね。
(ギターの)世界が違うような感じがするくらいすごいと思います。
最近、忙しかったり心配事もあったりして
落ちついて音楽、歌などを聴いていません (>_<、)

熱中症。ウチでも注意するようにしています。
家で農業もしていますが、特に
「田んぼ」などは日陰が少ないところも多いので怖いです。

宇宙にエレベータで行けるといいですね~。
飛行するものがスキですので
もし行けるならそういうので行きたいですが…
宇宙に行けるならエレベータでも大歓迎です。

No title

「大萩康司」さんは、ほんとうに、すばらしいギタリストですね。

タンゴやハワイアンといった音楽はいいですよね。

私は、心身が疲労すると、タンゴやハワイアンが聞きたくなります。
思い切りのよい感じや、開放的な、ぱーっと明るい感じが、
現実離れしていて、元気がでます~。

熱中症は、予防できるので、
正確な知識を、頭にいれておきたいと、いつも思っています。
そうなりそうな、状況のときには、
自分のことだけではなく、他の人のことも、注意して見ていると、
さらに、いいのかもしれませんよね。
あきらかに症状がでてからでは、回復に時間を要するかもしれないので。。


宇宙エレベーター、話のうえだけであれば、いくらでも夢がみられますね。
国家をあげて、取り組むはなしではないのかもしれませんが、
宇宙事業という範疇のなかで、考えていくのであれば、
思わず、にっこりしてしまうほど、面白くて、興味深い話題です^^。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

大萩康司さん、素敵な方ですね。
恥ずかしながら、名前も初めてお聞きしたのですが、ブログですっかり癒されてまいりました。
音楽を演奏される方からは、とても大らかで穏やかな感じが伝わってきます。
音楽やそのほかの芸術を生活の基盤にできるって、本当に素敵なことですね。

あ、熱中症への注意がありますね。
これは、本当に突然襲ってくるそうで。怖いことです。

私は真夏でも、水分をあまりとらないので、ヤバイかも。
仕事から帰ってきて、やっとコーヒーを飲むくらいで^^;
気をつけないといけませんね。

No title

>大萩康司さん、素敵な方ですね。

ほんとうに、繊細な容姿の男性は、神経質;との私のかってな定説(?)をくつがえし、
九州の宮崎で、のどかに育った大らかさで、繊細な音を奏でるギャップも面白いです。
ブログも時間がゆっくりと流れていて、いやされます~。
写真も、目の付け所が楽しいですよ^^。

私も、普通は、お茶類しか飲みません。とくに、コーヒー@

自分で、こう書いて知っておきながら、忘れるんですよね。
でも、珈琲って薬効もすごいので、それはそれで、
飲み物として、素晴らしいとおもいます!

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム