宇宙の世界を描くアーティスト * ストレスコントロール * 感謝の大切さ






youtube動画で見ることができる星空





 Milky Way 


星たちのささやき Whisper of stars 2011-06









そして・・・・・・、









圧巻のKAGAYAさんのギャラリー
            



プロフィール埼玉県生まれ。豊富な天文知識と卓越したアートセンスで、
宇宙の世界を描くアーティスト。
絵画制作をコンピューター上で行う「デジタルペインティング」の世界的先駆者。
ハイパーリアリズムと透明感あふれる独特の色彩感覚は国内外で高い評価と注目を集める。
「the Zodiac 12星座シリーズ」はジグソーパズルでのベストセラー。
プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国各地で上映され大ヒット。作品展示や上映が
世界的に行われている。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka
(カガヤユタカ)と命名されている。と、 詳しくはここに書かれています。







その絵(イラスト)で、説明される・・・、

星の一生



星は、人と同じように、生まれて最後があります。

夜空に輝く星にも
人間と同じように 生と死があります
何千万年 何百億年という 長い一生ですが
せいいっぱい生きて
新しい星のたねを飛ばして死んでいく

と、はじまって、

ガス雲  星の誕生  軽い星  重い星
赤色巨星 ひろがるガス(星の最後)
超新星爆発(星の最後) 白色わい星 中性子星
 ブラックホール  飛び散るガス と「星の一生」のサイトでクリックすると、
リアルな感動的なイラストで、その説明とともに見られます。










超新星(ちょうしんせい、supernova)とは大質量の恒星がその一生を

終えるときに起こす大規模な爆発現象だそうです。天体の歌といえば、

BUMP OF CHICKEN がたくさん歌っていますが、







BUMP OF CHICKEN Supernovaがありました。








       










まず・・・・・、








「愛と感謝で」生活することの大切さを教えられています^^。

感謝は、本当に生きることの鍵ですね!










そして・・・・・、









ストレスについて、調べてみました@








         







言うまでもないことですが,燃え盛る大火を消すより小さな火を消すほうが簡単。
とあって、同じように,ある期間にわたって蓄積された多くのストレスよりも
少しのストレスをコントロールするほうが簡単です。とありました。









毎日のストレス管理の目的は,二つあって、

一つは,生活の中の減らすことのできるストレス要因を減らすこと

もう一つは,避けられないストレスに対する反応をコントロールすることだそうです。










誠実さは肝要で、








「うろたえたり,おびえたり」することなく日々のストレスに上手に対処する助けに

なります。とありましたが、それはそうですよね。\(^-^)/







良いコミュニケーションの時間を取ることはストレス軽減のために肝要






        






良いコミュニケーションは,効果的なストレス管理に不可欠な事柄の一つであるようです。

信頼出来る人に話すことが大いにストレス軽減になることもあるようです。







「内密の話し合い」の中でも特に重要かつ実際的で,いつでも行なえるのは、祈ることも

あるようです。『何事も思い煩わない』よう助けられるからです。

祈ることによって「一切の考えに勝る平和」を実感できたという人もいるようです。。









見過ごすべきでないのは,ストレス対処におけるユーモアの価値だそうです







笑うと、さわやかになり元気が出ます。

ある医師が述べるように,「笑うと,体はエンドルフィンを産生し、

アドレナリンの産生を抑える」そうです^^。







例えば、非常にストレスとなる状況で面白いことを言ったりすること。








                 











ストレスを減らす特性

例えば「愛,喜び,平和,辛抱強さ,親切,善良,温和,自制」







ある医師は,特に今の世の中でこうしたことを適用することの価値を説明し

「敬意をこめて人と接するなら,ストレスが大いに緩和される」と述べています。





   





ストレスを軽減する方法として、まとめられていたのは・・・・・、






自分や他の人に完全さを期待しない。 


ふさわしい優先順位を設ける。 


定期的に運動する。 


自然(動物や植物も)を楽しむ。


静かなひとときを定期的に持つ。 


休養や睡眠の時間を十分に取る。など。。。 







わたしたちに,自分には身体的・精神的・感情的な限界があること

したい事柄すべては行なえないことを謙遜に認めること、

難しい場合があるとしても,現実的に自分が扱えないほどの事柄を

いつどのように断わるかを学ぶ必要があるかもしれないともありました。





(なかなかできないことばかりですが;)(・ω・´)





これらのアドバイスをすべて適用しても、

この困難な時代や体制で、ストレスが全くなくなるという

わけでは、ないことがあるとしたら。。。






震災による関連死は、三月末で1600人を超え、


死者、行方不明者は、二万人を超えました。






ふんばろう東日本支援プロジェクト

福島ひまわり里親プロジェクト

クリックで救える命がある。

コメント

No title

超新星爆発。星の終わりでもあり、また
新しい星のはじまりでもあるのですよね~。

以前その事について少し調べたことがあります。
かなり怖いものですよね。現在(の地球で)は
超新星爆発による被害の心配はないようですが…

宇宙の事を考えると、利権や特権などで
ごちゃごちゃやっている人間って…
と思う事が多々あります。

KAGAYAさんのイラストはキレイなのはもちろんの事、
絵の中の世界を旅しているような気分になったりします。
癒されますね (*^-^*)

No title

長い年月を経て、今の地球があり。。。
ゆっくりと今も、日々、変化している。。。
わかっているつもりでも、どこか。。。 アニメを見ているような。。。
不思議な感覚になりますね。。。

夜空の映像は。。。 とっても綺麗でした~。
幼少の頃、過ごしていた新潟も、冬の空は、あんな感じでしたよ。
とっても、気持ちがリフレッシュできました。
有難うございます。(^.^)

よしこチャ様

>KAGAYAさんのイラストはキレイなのはもちろんの事、
絵の中の世界を旅しているような気分になったりします。
癒されますね


絵の中の世界というか、絵の世界というか、ほんとうにきれいな世界です。
PCでしか描くことができない絵柄であっても、だからこその表情もあって
仰るようにいやされます。ため息がでます^^。

感動するのは、よいことですね。。

星は、無限の力をくれるような気がしますし、現実であるというところが、
うれしくて、それなのに夢のような感動ですね(^-^)/


宇宙の広さや、空の大きさは、ひときわ解放感を与えてくれますね。
空は、動物や植物などと同様、月や星や太陽や、空の青さや雲の白さも
リラックスさせてくれますね~。

スポンジボブ 様

コメントありがとうございます^^。

星は、月もですが、肉眼で見えるので、
レンズを使って惑星を見たりするのも楽しいにちがいないのですが、
空を見上げて見える景色は、ほんとうにわくわくします。

星がよく見えるところで、見上げることほど楽しいことはないかもしれないですね。
天体ショーということばがぴったりです。

空は見上げるといつもそこにあるというところが、
何より楽しくて心強いです。
曇りで、何も見えない日でも、さえぎるものがないひろびろとしたさまは、いやされます~。

KAGAYAさんの作品、すばらしいですね。
はずかしながら、初めてお名前を知りました。
絵の技巧もさることながら、その作品の奥の物語性が、ドンと胸に迫ってきます。
銀河鉄道の夜のイメージ画や、星座のイラスト、息をのみます。

中学生のころ、同じくスーパーリアルイラストを描く長岡秀星さんのイラストに惚れた事を思い出しました。
(彼はエアーブラシで、全て手描きでしたが)
こういうイラストで、宇宙を学ぶって、すごく素敵な事だと思います。
学校の教科書に、導入すればいいのに・・・^^

最近また、量子物理学の本を数冊購入しました。時間が本当に無くて、好きな本を読むこともままならないのですが、せめて、手元に置いておこうと・・・。

KAGAYAさんの絵で、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の映画を観ると、ほんとうに別世界に
つれていかれます。

KAGAYAさんが天文にくわしいことと、天文がすきな人に宮沢賢治が好きな人が
多いことと、宮沢賢治が天文に詳しかったとか、いろいろな関連がありますね。
つまり、好きなことだらけの世界というか、そういう映画です。

ちょっとかなしいストーリーではありますが、それでも究極の自己犠牲の愛を描いたおはなし
で、何回か観ているうちに、かなしまないで、さわやかに観たいと思うようになりました。

長岡秀星さんの絵、ほんの少し観たことがあります。あと、名前は忘れましたが、ポップアート
のようなアメリカに住んでいる(?)にぎやかな絵を描く人もいましたね。

詳しくありませんが、絵の世界も深くて広いようですね^^。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム