好奇心 * どくしょ甲子園  * イルミネーション * ネパール 






                   






興味をもって何かに没頭すると、免疫能力が高くなったりして、身体にも
いいようです。笑うことが身体に良いということ(ナチュラルキラー細胞)
は、良く知られていますが、それと同じ効果があるそうです。ただし、
例えば、カラオケが苦手な人が、無理にカラオケをしても逆効果だそうで、
本当に心から、興味を感じることを対象にすることが大切なようです。






心からの好奇心って大切!それは、高校生も教えてくれました。


一つ前に、パート3で書いた高校生の名言が、過去記事を読み返したら、
いくつか重複していました。(汗)
それで、あと少し。。ひとりでいくつも書いてくれた人も・・・。

日々の些細な出来事に対する自分の感情を大事にする。
 
 何事にも何か感情を持つことを意識する。
 自分の感情を言葉で伝えられるようにする。
 未知への好奇心、わくわくした気持ちを大事にする。
 好奇心、感動を、よく感じるようにする。
 素直な気持ちでいる。
 好奇心から何かを模索したり、生み出したりできるようにする。

不確実な状況においても、それに立ち向かい乗り越えようとする心構えを持つこと。
             (以上パート3の続きでした)






と、いうことで・・・・・、





何度もここに行き着きますが、

The Metropolitan Museum of Artの中に書いた

作家のヤンイーさんのご意見がとても面白くて、興味深いのです。

是非、(もう一度)読んでみてくださいね!






それに加えて、以前にも、書きましたが、
世界屈指の美術館。メトロポリタン美術館の動画は、何より英語の
ヒアリングの練習になるし、美術だから英語が解らなくても大丈夫です。
実際私はメトロポリタン美術館に何回も行きましたが、この動画のほうが、
はるかに勉強になりました。
英語のヒアリングは、私も得意というわけではありませんが、全部聞こうと
して難しい時は、ポイントになる語句や、理解できた単語から推測していく
といいようです。
私はNYで学校に通っていたとき、恥ずかしいので、最初はおとなしくして
いましたが、中南米出身の人や、台湾や香港出身の人がいて、間違っても
堂々と、どんどんしゃべって上達していくので、だんだんそれでいいのだと、
というか、それこそ素晴らしい大事な事なのだと気づき、失敗を恥ずかしく
思わなくなりました。
all or nothingではなく、そのときどきで、出来たところまで。
出来ているところまで。。


言語は、その国の人はだれでも使えるので、あたまのよしあしや、やる気というより、
まさに、ヤンイーさんが仰った事に加えて、厳密に考えないで、慣れていくことが大切
で、後ずさりしないで、間違えたら、それは母国語でないのだから、当たり前だと
開き直って、適当、いい加減〔適度、良い加減)にやっていいのだと思います。
気になった語句だけその時に調べてみれば、もうすでに進歩していますよね!


英語の勉強をしつつ、美術の鑑賞ができる次の動画
全画面表示で、是非!!
     
A World of Art: The Metropolitan Museum of Art はやはりすごかったです。









                    









寒いですね!

イルミネーションを見ると、うきうきします。




九州の長崎県にあるここに、私は残念ながら同じ九州に生まれ育ったけれど、
高校卒業後、九州を出て、そのせいか、なぜか行ってない;
ハウステンボス イルミネーションショー




あまりにすごいイルミネーション!!
2011.11.21イルミネーション(ハウステンボス)
ものすごいイルミネーションです!!アップロードしてから、まだ二週間経っていない。
再生件数も、ごくわずか。驚きました!








                 








寒い時に、街を明るくデコレーション

イルミネーションは、人工的な温かい灯りの励ましですね。



琴滝イルミネーション 冬ほたる 2009 動画是非!
 (珍しい感じのイルミネーションです。感動します)

神戸ルミナリエ Kobe luminarie 動画









                        






賢者の図書館では、2006年の4月から、今もずっと本を紹介してくれています。
この人、富山県出身で、20代後半、美術館巡りが趣味だそうです。
システムエンジニア(プログラマー)だそうで、本を読むのは文系とは限らず、
本を活用して、理系が文系になったり、文系が理系だったりしますよね!


賢者様(本当はマスター様);ちょっとこういうことを書いてました;



その人の趣味@




■映画鑑賞・・・なるべく映画館派。でも最近はぽすれんでDVDを借りて
いる。しかし、本と同じく積読ならぬ積見!?状態。SF作品が好き。 

■写真を撮ること・・・愛用のCyber-shot DSC-T9片手に主に風景の写真を
撮る。空の写真が好きで、このブログのトップ画像も自分で撮ったもの。

■ボウリング・・・健康維持のために毎週行こうとしている。最高スコアは
175で、まだまだ。そろそろ本気でマイボウルを買おうか迷っている。

■グルメ・・・持病の影響で食事制限をしなければならないが、食えるもの
を探し歩いている。(大変なのに、えらいですね)

■美術館めぐり・・・『美しいものを美しいと捕らえられなければ、良い
コードは書けない』という信条により、芸術を見る目を養っている。
もちろん教養のためでもある。本物を見続ければ、きっと何かが変わるはず。 

読書は食事、睡眠などとどうレベルのものなので、わざわざ趣味と言うほどでもない。
(ですってよ。けーっ!!。あ、でもよく考えたらそれほど大切にしている
 ということなんですね。必須事項と仰りたいのかもしれません)






ところで・・・・・、






 どくしょ甲子園が、行われました!
ここから 入ると、入賞した作品や、ルポが、何校分も
見ることができます。本をグループで読む楽しみなどに
ついても書かれています。


高校生に読書会の成果を一枚の「どくしょボード」(A3判)に表現してもらう
コンクール「第2回どくしょ甲子園」(主催・朝日新聞社、協力・出版文化産業
振興財団、全国学校図書館協議会)の選考委員会がこのほど開かれ、最優秀賞1点、
優秀賞2点、奨励賞3点が決まりました。受賞各チームに、熱の入った読書会の
模様、「どくしょボード」の工夫などを聞きました。
全国から寄せられたボードの数は506点。どの一枚からも、一冊の本を通して
互いの理解や絆が深まる様子が生き生きと伝わってきました。(ということです)







実は・・・・・、







少し前に、夜中に目がさめてテレビをつけたら、ネパールのカトマンズの様子が
映っていて、とても感動的でした。
行くことはないかもしれないなあと思って、よく説明された動画を探しました。


Nepal - The Most Amazing and Beautiful Place on Earth ( VISIT NEPAL )


ネパールのことが、とても良く分かります。

コメント

こんにちは!

グループで読書をして、一枚のボードに表現するのは、
想像力を鍛えることができますね。

ようこそいらっしゃいました。

v-273v-87

コメントありがとうございます。

本を読むことを、グループで行うことは、本当にいろいろな意見や
価値観が混ざり合ってとても面白いことだったと思います。

それを一枚のボードにあらわすということは、まさに団体の話し合いや
想像力の結果であり、みんなで創造するということにもつながって、
そのことを行うことについても、他の人を理解するうえでも
とても意義深いことで、なるほどと思わされました^^。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム