スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣くことの効用 * 笑いの効用 * わんラブな日々



             



                      





短い動画3つ・・・ほっとします。。。

微速度 星 HD-Orionid Meteor Shower 2009 オリオン座流星群

微速度 ハワイ タンタラスの丘 HD-Sunset

ハワイの何十秒かのビーチの動画も。








                        








世界で一番好き:のなかのひとつは、うちの犬です。
涙や、笑いの効用はあるかもしれないけど、
この子は、それらを超えるかもしれません。
犬や猫。大切な家族。。
いっしょにいることは、抜群の力を発揮してくれるそうです。
調べたら、あまりにもすごい力だったので、また別のページに書きますね。









最も好きなミュージシャンは、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんで、
大好きな作家は「宮沢賢治」です。
今、読んでいるのは、わんラブな日々 のふわころ様おすすめの
サッカーの長谷部誠選手が書いた「心を整える」という本で、書店で買ってきました。
全額、印税を震災に寄付ということだそうですが、長谷部さんは、とても読書家です。
これまで、大変な努力をして、あそこまでいったのがよく分かって勉強になりました。










笑いの動画に選んだ高田純次さん。
いわゆるお笑いの人っていうわけではないかもしれません。
でも、何か言うたびに、おかしくて、そのおもしろさにやさしさがあって
何とも言えない感じ。。椎名林檎さんが高田さんのファンで、
対談していた動画に椎名さんの歌もはいっていました。









対談 

椎名林檎x高田純次①  椎名林檎x高田純次②  椎名林檎x高田純次③

②に「透明人間」、③に「キラーチューン」(椎名林檎さんの歌)が入ってます。











「泣くこと」の効用があれば、「笑うこと」の効用もあります。
泣きたい時に泣き、笑いたい時に笑うという感情は、人に授けられた
貴重な恩寵というか、賜かもしれないですね。泣くことや笑うことが
もたらす、人にとっての効用を調べてみました。
笑いは薬にも匹敵するそうです。
一番下にあるお笑いの動画は、結構笑えます!
(いろいろ見たけど、原口あきまささんと高田純次さんがとても面白かったです)










もし、よろしければ、リンクしているクリック募金にアクセスしてくださいね。
思ったことや日記などを綴るウェブログ(小6のお友達ブログ)では、
追記でクリックをすすめていて、励まされました。
上記の「わんラブな日々」で私はクリック募金を知りました。
クリック募金は、震災を「忘れない」でいられる方法でもありますね。








涙のふるさと-BUMP OF CHICKEN (素晴らしい歌詞付き!是非)








涙には効用があります。

1985年にウイリアム.H.フレイ2世博士が「感情的な涙」について調査をしたようです。
女性の85%・男性の73%の人たちが「泣いたあと気分がよくなる」と答えました。
この結果をみて、博士は涙には精神的なストレスを解消する働きがあると考えました。
そして研究の結果、涙にはストレス物質コルチゾールを体外に排出する役目があることを
フレイ博士はつきとめました。















コルチゾールとは何か? ストレスの仕組みとは何か。


人がストレスを感じるのは、ストレッサーというものを持っているからだそうです。









ストレッサーっていうのは物理的(高温や騒音など)、化学的(薬害、栄養不足など)、
生物的(病気、怪我など)、精神的(人間関係のトラブルなど)の4タイプがあって、
人に「ストレスがたまっている」と感じさせる原因となる刺激のことです。
このストレッサーの刺激は、まず大脳皮質(脳の表面に広がる神経細胞の層)で知覚され、
視床下部(調節ホルモンを作り出す脳の一部)に伝えられた後、
次の2つの経路に分かれます。


  1. 大脳皮質-視床下部-交感神経-副腎髄質→カテコラミン分泌

  2. 大脳皮質-視床下部-下垂体-副腎皮質→コルチゾール分泌





カテコラミンとコルチゾールが、様々なストレス反応のきっかけとなる重要な物質です。









それぞれのストレス物質をみてみると・・・
カテコラミンはアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった物質の総称で
副腎髄質や交感神経、脳細胞から分泌されることが知られています。
交感神経や副腎髄質から分泌されるカテコラミンは、アドレナリンとノルアドレナリンです。
これらは、胸の高鳴りや血圧上昇、発汗、血糖上昇、覚せい、血液凝固系の亢進などの
変化をもたらします。
心臓や脳、筋肉への酸素やエネルギー供給を増加させたり、けがをした場合に出血を
最小限にとどめるために適した変化で、これはもともとは敵や獲物に出会った瞬間に
すばやく戦闘(もしくは逃避)態勢をとるために備わっている急性の反応です。
カテコラミンは、このために闘争ホルモンとも呼ばれます。










コルチゾールのストレス反応における作用は、血圧上昇、血糖上昇、心収縮力の上昇、
心拍出量の上昇などがあり、これらはカテコラミン補助作用ともいえるそうです。
コルチゾールの分泌はカテコラミンの刺激でさらに高まるそうで、
急性のストレス反応時にはその相互作用で一気に急性の反応を引き起こします。
ところがその一方で、コルチゾールは間接的に交感神経を鎮めてカテコラミンの暴走を
抑えようとします。
また、一般にコルチゾールは免疫力を低下させ、反対に感染ストレスなどで免疫反応が
活性化するとコルチゾールの分泌が刺激されるという、免疫との相互作用があります。









このようにコルチゾールは、ストレッサーの刺激によって、
促進と抑制の影響を受けたり与えたりしています。
これが、精神、免疫、内分泌への複雑な情報ネットワークに影響して、ストレス反応を
多様なものにするそうです。
それで、ストレス刺激が慢性化した場合は、コルチゾールの慢性的な影響が
ストレス反応に大きく反映するようになるということです。
コルチゾールは、人間の副腎皮質から分泌されるホルモンである悪玉のステロイドです。
悪玉のステロイドであるコルチゾールは、ストレスを感じることによって体内の値が上がり、
値が上がったコルチゾールは、脳を侵します。
コルチゾールの過剰分泌が、身体、脳、神経システムをボロボロにし、
ホルモンバランスを失わせるそうです。










ストレスが脳の最適な機能を破壊し、記憶を鈍らせる三つの状況があります。

まず、コルチゾールがストレスの多い状況で放出されると、脳の記憶機能の
中心である海馬によって糖がきちんと利用されなくなります。
海馬に充分な糖がないと、エネルギーも不十分になって、脳は代謝や記憶能力を
低下させてしまいます。

二番目に、コルチゾールの過剰分泌が、脳の神経伝達物質の機能を邪魔します。
このため、過去にきちんと整理されていた情報も、簡単につなげられなくなり、
脳の細胞同士がきちんと連絡を取り合うことができないので、神経機能が低下します。

三番目に、あまりに過剰なコルチゾールは、脳細胞を死に追いこみます。
これは、コルチゾールがノーマルな脳細胞の新陳代謝を破壊し、脳細胞の中に
過剰なカルシウムを入らせてしまうときに起こります。

過剰なカルシウムは、フリーラジカルという分子を生産し、それが脳細胞を中から
破壊してしまい、長期的に見れば、過剰なコルチゾールはこのようにして何十億もの脳細胞
を破壊しています。
他にも過剰分泌の影響としては、免疫系統の乱れ、動脈硬化や血栓の形成、
生命活動全般にわたる影響です。
これが再び、ストレス疾患の原因にもなってきます。







涙は、コルチゾールを流してくれます。








でも、このコルチゾールを体外に流すのは感情的な涙に限られるようです。
これはストレスへの抵抗力を強化するホルモンの分泌を促す副腎皮質刺激ホルモンが
涙の分泌を促す機能を持っているためだそうです。
例えば、煙が目にしみたなどというのは、あてはまりません。



フィギュアスケートのグランプリシリーズ アメリカ大会すべての動画はこのページに。








そして・・・・・、







「笑い療法士」と呼ばれる人たちがいます。

笑いによって病気の人の自己治癒力を高めたり、

病気の予防を手助けするボランティアです。






 「笑う門には福来る」「病は気から」
古来のことわざを引くまでもなく、内外の多くの研究により、
笑うことが免疫力を高め、薬以上に治療や予防に有効なことが
分かっているそうで、私は笑わせてもらうのが大好きなので、
笑うということを、是非、知ってみたいと思いました+









“笑い”が心や体に良いということは医学的に実証されつつあり、
最近では病気の予防や治療においても注目を浴びているそうです。
あまり知られていませんが、若くて健康な人の体にも1日3000~5000個
ものがん細胞が発生しています。
これらのがん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質
を退治しているのがリンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞です。
人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症
にかかりにくくなると言われています。
私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている脳に興奮が
伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
“笑い”が発端となって作られた“善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液
を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。
その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃して、
免疫力が高まるそうです。










しかし、免疫力は強ければよいものではなく、リウマチや膠原病など
自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫システムが体に悪い影響のある物質
だけでなく自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。
実験を行ったところ、“笑い”にはこうした免疫システム全体のバランス
を整える効果があることも明らかとなりました。
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まると同時に
免疫異常の改善にも繋がるそうです。










それに加えて・・・、










1、脳の働きが活性化
脳の海馬は、笑うとその容量が増えて、記憶力がアップします。
また、“笑い”によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳が
リラックスします。


2、血行促進
思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。
体内に酸素がたくさん取り込まれるので、血行がよくなります。


3、自律神経のバランスが整う
起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うと副交感神経が
優位になるので、交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり、
自律神経のバランスが整います。


4、筋力アップ
大笑いするとお腹や頬が痛くなるように、腹筋、横隔膜、肋間筋、
顔の表情筋などをよく動かすので、多少は筋力を鍛えられるそうです。


5、幸福感と鎮痛作用
笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。この物質は
幸福感をもたらし、“ランナーズハイ”の要因ともいわれ、
モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽くするそうです。


これらの動画は、何回見ても笑えます。是非!
原口あきまさ-決勝戦-    この人めちゃくちゃおもしろいですよね!



コメント

お久しぶりです~

私のブログでは、コメントくださってからタイムラグあり過ぎのレスで
本当に申し訳ありませんでした~。

事情はあちらのレスポンスにも少しだけ書きましたが
未だなかなか更新する気持ちになれずにいます。

そんな日々にも、たくさん良い映画を観て泣きました。
ストレスが少し減ったかな?^^

そして「笑うこと」も、いつも仰るように大事ですね。
高田純次さん・・・面白いですよね♪
娘が言うには、何かの相性占いで彼は私の「運命の人」らしいです(笑)

あの「テキトー」加減、確かに少し見習いたいところですが;
同じ中年なら、みなあんさんと同じく「鳥越さん」や「五木寛之さん」
そして森おばさん様と同じかな?「竹田圭吾さん」等に魅力を感じます(爆)
でも、貼ってくださった動画で初めて知ったのですが、どうやら純次さんは
息子と同じ誕生日らしく、やっぱり「運命の人」なんですかね~(^^;)

ようこそいらっしゃい!

v-273v-274
ほんとうに、ようこそいらっしゃいました。
コメントすごく嬉しいです。ありがとうございます。

ひとつ誤解を解かなければなりません。よほど、もう一度書き込もうかと思ったの
ですが、また、言える時があるだろうと。

私あの最新記事のチェロの人達のこと記事に書いてません。コメント実は、最近
気づいたのです。すぐにその時割り込めばよかったのですが、時すでに遅し。。
今日言えてよかったです。でも、もしかすると私が忘れてしまってるのかも
しれず、森おばさんか、私が、ひょっとして健忘症!?にかかった!!?

ところで、高田純次さんのようなキャラの人って、テレビに出る方でも、身近な方
にも見たことがなくて、すごい人ですよね。
年齢を感じさせないかっこよさと、自分を投げ捨ててるおもしろさと、そして知性
も感じます。言葉の間合いと、てきとーかげんが絶妙で、一種の天才ですよね。

私は、wildroseさんのファンですよ。ほんとうに。神々しい感じがします。いつか
みなあんさんが、wildroseさんと、そこに集まる人のファン!?のようなことを
仰っていましたが、同じです。
すごく神聖で、純粋な感じがします。お世辞ではありません。あ、でもここの魅力を
感じるとはそういう意味ではありませんでしたね。だったら、私はイチローさんのファン
です^^。彼がどんなに歳をとっても、おじいさんになっても好きだと思います。v-272

こんばんは。
クリック募金は続けてほしいですね。
私もやらせていただこうかな。

ようこそいらっしゃいました~。

v-273v-274

いつもコメントほんとうにありがとうございます。広げようクリック募金の輪ですよね。
震災のことを忘れないよい方法ですよね。
そして、時々お願いすることも必要ですよね。おいてるだけになってしまいますものね^^。

あかちん様のすごさを、ひしひしと感じております。あれだけのお仕事をこなし、
毎日ブログを更新し、コメントも下さり、また、あんなにたくさんのあかちん様のブログへの
コメントのレスもなさって、びっくりです。
どうぞお体にお気を付けくださいね。

次の記事には、あかちん様と、あかちん様もずっと応援しておられた私が大ファンの
イチロー選手のことなどを書きますから、またコメントお願いしますね。i-51

こんばんは♪
なんだかご紹介していただき、恐縮です…(^^;)

笑いの作用は大きいと思います。
いつも大声で笑っていますが、以前に比べて風邪をひきくにいし、
ひいてもすぐ治る(すぐ治すという気力もわく)ような気がします。
涙もひっそり流しますが、気分もすっきりしますね。

ようこそいらっしゃいました。

v-273v-274

もう、”わんラブ”の範囲を超えて、ふわころ様の知性と魅力全開の
リニューアルされたブログに目が釘付けです。

お写真ひとつにも詩や哲学があって、物の紹介、そして何よりふわころさん
独自の感性で選んでくださった本の紹介は、ほんとうに楽しみです。

ブログを拝見すると、ちゃんと生きなければと思います。そして、
心の広い人間にならなければと思います。

ブログ再開を本当に喜んでいます。
どうか、何度同じ記事を見ても楽しいので、
更新をひんぱんになさらず(余計なお世話)
あの味わい深い空間と、やさしいふわころ様の懐で遊ばせてくださいね。

たくさん笑ってひっそり泣いて(私も)、どうか、ご自愛しながらブログを
続けて下さればと思います。お忙しい中、おこしいただきコメントしていただき
本当にありがとうございました。i-51
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。