チャイコフスキーとロシアンティー * 自然体 *  西條さんや糸井さんの活動







                    



三大バレエ組曲である「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」
を作曲したチャイコフスキーは、1849年に生まれ1893年までのその人生で、
ピアノ協奏曲、バイオリン協奏曲など優美で華麗な曲を作りました。

ロシアの作曲家で、幼少期から楽才を示しますが、法律学校で学び、法務省へ入った後、
ペテルブルグ音楽院で勉強し音楽家になりました。

アリス=沙羅・オット チャイコフスキー・ピアノ協奏曲 第一番
http://www.youtube.com/watch?v=H0Zh8IB5n9E&feature=related


すばらしい「交響曲」交響曲第5番(あの有名なカラヤン指揮)



これから秋を迎えて、朝、早起きした時に一杯の珈琲か紅茶と。。。
あるいは、眠る前にハーブティーを飲みながら。。。
読書しながら聴くと、バックグラウンドミュージックのようで、
時間と空間がそこだけチャイコフスキーの世界に満たされるかもしれません。




「自然体」というこのテーマ。。やはり自然体にはありのままという部分はあるのでしょうが、
努力もともなう、というか、自然に動いてるっていうか、そういうことなのかもしれない;

ありのまま・・・これは、私がこのブログの当初の目的であった「陶芸教室」のための
何を書いてよいかわからず、何でも書いていた、ブログを始めて一ヶ月くらいの、
ものすごく恥ずかしい、短い駄文です^^。まじめにやっていても、笑ってもらえる
ことがあるような気がして載せました。笑っていただければ本望です:





バンプオブチキンの藤原基央さんのインタビュー過去でも未来でもなく、今を生きる
ことについて述べていて、限界ある人間について、述べています。私は人には限界がある
ということは賛成ですが、実は永遠があると信じていて、そこは藤原さんと違います。
それでも、誠実で詩人で、人の心に触れることができるアーティストだと尊敬しています。







                     




私がリンクしている「ふんばろう東日本プロジェクト」は、早稲田大学の西條さんが
創設し、その後「ほぼ日」の糸井さんが、その活動に賛同し、後方支援しています。



このブログを、今私の優先課題のひとつとして続けているのは、西條さんが、
「拡散」という言葉を使って、協力を期待しているからです。
それは、支援出来る人はもちろん、支援が必要な方にこそ、「手が届く」活動を効率良く
しようとしているからです。
チャリティの主役は被災者で、それはスピードと知恵が本当に必要です。
だから、手足というか、小さな流れであっても協力することができると思いました。



ふんばろう東日本プロジェクトを開くと「支援出来る方ではなく、支援が必要な方」
への呼びかけが先にされています。ここは、震災による困った問題のどんなことでも
親身に聞いてくれると思います。ネットを活用して、その解決先を呼びかけることによって、
支援出来る人を紹介するので、なんの費用も手間も時間もかかりません。寄付の配分が
滞ったり、それを行う人手がなかったり、その配分でもめたりしません。
問題は、西條さんのツイッターで投げかけるという方法や直接メールもできますし、
ふんばろうのページでもその方法を見つけることができます。






政治に関わらない、市民運動にも関わらない私ですが、それでも今の状況を見過ごすことは
できませんでした。私の主人は、親戚を何名も津波でなくしました。また私の住む所は、
東京の都心に一時間以内で行ける所ですが、放射線量の高い所です。
主人は、ガンの研究をし、学生を教える若手の研究者ですが、私たちは、放射線量の
高いところで、食べるものも、気をつけてはいても万全とはいえないかもしれず、
それこそ、将来の私たちの発がんのリスクは気になるところです。

西條さん達のやり方は、政治やそのほかの何にも属しません。それでもあらゆる可能性を
すべて拒まず、できることは即何でも行うという姿勢で、気楽で、それでも力のある合理的な
ものです。たぶん財界政界のかたであっても、人として関りたいと思う方がいるはずで、
それこそ人の心を動かす自然体の空気のような化学のような、天に通じるような力があります。

現に、私のような一般人が心動かされたように、多くの企業が協賛しています。
私は、仙台の支部や東北に、毎月何回か行っているので、その価値を見せていただいています。
とくに素敵だと思っているのは、手紙を届けるという運動です。
つまり、それこそ、被災者と関わっていくことで、そこから何かが生まれるからです。






この方達を知ったことは、私にとって、まさに自然体=chemistryを知る良い機会でした。
肩のはらない、強力な戦法であれば、そして、何より愛があれば、それは、スピーディーに
「拡散」します。心から他者を気遣う信念や良心に基づいているからです。
また西條さんは、ご自身「適当」にやっているので、健康だとおっしゃっていて、想定できる
あらゆることを素直に引き受けて、責任を持って続けています。

この方達は、公的機関(政府やその他官庁)の良い点を認めつつ、つまり、つぶやいたり
非難や批判をせず(一回だけスピーディーを迅速に法律通りに公開してほしかったと
仰いましたがそれは非難ではありません)、それを言っても仕方がないので
できることを、楽しく、でも時には涙しながら、わいわいがやがややっています。
そうでないと、気を張っていては、続けることが難しくなるからです。
そのことに時間を取られることが、必要で快いと、関わっている方が感じるようでなければ、
うまくいかないような気がします。内部で分裂が起こったりする場合ではなく、
助け合わなければならない、ものすごいことが日本で起こってしまったことを認識している
からです。そして、政治を告発したり憤ったりする感情は当然で、それをされる方が
時には必要であるにせよ、困っている方の援助は待ったがききません。




とはいえ、真実を暴露すること、必要な情報を知ることはとても大切なことですね! !  






                       





フィギュアスケートの選手達は、体調を崩す方がいらっしゃるほどチャリティを頑張りました。

真央さんもその一人です。チャイコフスキーの音楽で。 

 浅田真央 (mao asada)選手 Andante Cantabile by Tchaikovsky    


             神秘的な "白鳥の湖"


        




自然体でいることの大切さを、最近いろいろと考えています。
ありのままということばがありますね。私の父親が「自然体でいることが一番」と
言ってたのを思い出しました。

自然体についてのある方の考え。




   
                      





紅茶に含まれるポリフェノールが、活性酸素を押さえる働きがあって、
紅茶の効用として放射線防護作用があるらしいので、
音楽の動画@と紅茶の作り方動画@を探して、あらためて書き直しました。 

烏龍茶もコーヒーもココアも、ポリフェノールを含んでいます。  
芸術の秋は、冷たいお茶もホットなお茶も、音楽を聞きながら楽しめますね!

リンクの欄には、クリック募金と、ふんばろう東日本プロジェクトの情報があります。




                     





「ロシアンティーはジャムが入ったアレンジティーとしてよく知られています」
紅茶葉は、できればアッサム、ニルギリ、ジャワなどが合いますが、なんでも
少し濃いめに入れればおいしいです。

<二人分だと、紅茶葉5グラムを300ミリリットルの熱湯で作り、
イチゴジャムを70グラムくらい入れて、ウオッカを適量入れることもあります>



アッサムは、インドの紅茶で、重厚でミルクティーにもぴったりです。
インドのアッサムは、世界最大の茶の産地で、世界有数の多雨地帯であり高温多湿
であって、茶栽培に最適の条件です。


お茶のルーツは中国で、お茶の木の、もともとの原産地は中国南部の雲南省からチベットに
かけての山岳地帯です。茶の栽培は4世紀ごろに始まり、7世紀ごろに飲み物として
広まりました。現在の紅茶の原型といえる発酵茶が登場したのは、10~13世紀で、
中国は、アジアとの交易が盛んになりアジアに広がりました。


ところで、アッサムは、インドのアッサム地方で1823年にイギリスの冒険家、
ロバートブルースによって発見された自生の茶樹で、1839年にアッサムティーが生まれ
ました。それから中国種とアッサム種の交配が進んで、当時イギリスの植民地であった
インドやスリランカで紅茶の栽培がはじまり、イギリスの紅茶文化は拡大していきました。



重厚な紅茶のアッサムで、ジャムが入ったロシアンティーを、

重厚なロシア文学とチャイコフスキーで楽しむと、

特別なRussian Timeですね。


(以下youtube動画で簡単に説明されています)
 ロシアンティー を楽しもう!

フルーツティー を楽しもう!  


など、簡単で美味しそうな、アレンジした紅茶の入れ方がありました。




                         

コメント

ご無沙汰しました・・・

と言いつつ・・毎日寄らせて頂いています。
yukoedenさんは北から南までお忙しそうですねー。
被災地・・として頑張りましょうと仰っていただいたこと 励みにしています。
以前にも書きましたが 以前「白鳥」や「くるみ割」に演奏で触れた事があります。
最近映画の「ブラックスワン」を観て曲の解釈が とてもリアルに感じられました。
宮沢賢治をはじめ 少女期に皆が読む文学作品をこの年齢になって改めて読むとより感動する事があります。
映画もそうですが・・・
賢治の場合は絵本やらに多くなっているので
私の場合は視覚的に刺激を受ける事も多いです。
それにしても・yukoedenさんの果て無き探究心には脱帽ですーー。
また教えてくださいね。
残暑が厳しいですねー。私もやられましたが夏風邪にはご注意くださいねーーー。

まだまだ暑いですね。

ようこそいらっしゃい!

9月も半ばですが、特まだまだ暑くて外でのお仕事のかたを見つつ、
この暑さは、尋常ではないので気をつけてと、はらはらするくらいの暑さでした。

今でも悪い夢を見ているのではと思うほど地震の被害は冷静になって考えると悲しい限りです。
でも、起きたことは仕方がない!できることをやっていくしかないですよね。
憂いても仕方がないことです。

実はこの書き直した記事、森おばさんもコメントを下さっていたのです。
ほんとうに不思議、chemistryなんです。だから、この世の言葉でいうところの縁ですよね。
森おばさんは、聡明で、ほんとうに「行動の人」で、いつも偉いなすごいなと感服しています。

なってしまったことは仕方がありませんね。
転んでもただでは起きない!ここはひとつ賢くなって、地震でもたらされたストレスで、
より賢くなって大切なことを心で感じて、成長をもぎとっていくしかないですね!

映画鑑賞すごいですね。いつも感心というか感動しています。
毎月ごらんになる映画の本数の多さは、文化度の高さと、そうはいってもこの世界の文化を
共有もしておられて、何か救われます。
そう悪いことばかりではないはずですよね。きっと。

未曾有といわれるこの状況。どうしていいのか分からないときも多いのですが、
お互い、何が大切なのか見定めて、立ち続けていきましょうね!
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム