孫正義氏、香山リカさんのことば


「ことば」は、いろいろな意味で人を楽しませます。

   
      誰にとっても童話は楽しいです。!

イソップの話は教訓的だけれど、そんなことではなく、ただ楽しくておもしろい。
笛を吹く漁師というイソップの1分51秒のお話です。
朗読が聞けてあらすじと絵がみられます。音声をクリックすると朗読が聞けます。
誰にとっても童話はすてきです。読み聞かせは本当にすばらしいですね。
もうひとつイソップのネズミの会議というかわいいのもあります。

             

        


--------------------------------------------------------------------------------


気になるソフトバンクの孫正義さんのことば 
(大病を患った3年間、その間の期間を猛烈な勉強時間に換えたそうです)



己の限界を叩き壊して励む事。これを挑戦という。
革命は、1日にして成らず。起こさねば百年にしても成らず。
難事に突き当たった時に眼をそらす人は、リーダーになってはならない。
愚痴では、問題解決にはならない。愚痴は、言えば言っただけ
人間が小さくなる。
「一人ででも世を一新させてみせる。」その位の志を持てば大概の困難は
小さな物に見えてくる。
プレゼンってテクニックで演るもんじゃない。魂から語るもんだと思います。
僕は21世紀とは、物質的豊かさ以上に知的豊かさを求める時代だと思っています。
それによって人々はより幸せになれると信じています。

苦しいときこそ船と仲間を命がけで守れる人でなければ大将になってはいかんのです。
親父がつけた名前は、正義。一生、この名前と付き合ってきていると、
やっぱり、自分の人生のテーマとして、曲がったことはできません。

最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ。最も重要なのは1番目が志と理念、
2番目がビジョン、3番目が戦略です。七割の勝算があれば、私は戦います。

私はどういう角度で見ても、実態として道の真ん中を正々堂々と歩いて来た。
これからも王道を歩みたい。決して変化球などを使うつもりはない。
究極の自己満足は、人に喜んでもらえることです。
すってんころりんと転ぶかもしれない。しかしめざしたものがそこにあれば、
死ぬ5分前にああ、楽しい人生だったな、はるかに有意義な人生だったと、
思える気がする。

どの分野で事業をするかで、将来の半分は決まります。
怒るのは、自分の知恵の足りなさを、認めるようなものです。

まずはじめに、どこで世界一になるのかの方向性を定めなければいけません。
失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。
やみくもに攻める前に、全体をとらえるべきです。
事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば、後は確率論の問題です。

私の事業で、例えば世界のどこかの小さな女の子がにっこり微笑む。
そんな一瞬のために、業界ナンバー1になりたい。いつも本気でそう思っています。
自分自身を説得できるかどうかが、成功の第一条件。
脳はちぎれるほど使え!ちぎれるほど考えても脳はちぎれない。
うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分のプラスになります。
孫正義 Wikipedia



さらに、精神科医の香山リカさんが、おっしゃったことによると、


「人間はすごく柔軟だし、どんなマイナスの経験からも何かプラス材料を見つける
しなやかさを実際、多くの人がもっています。今回のことでしばらく景気も
よくならないし、経済水準が下がるかもしれない。その一方で、家族の大事さが
わかったとか、“気づき”があった人も多いですよね。震災を境にみんなの幸福
のかたちがガラリと一新するわけではなく、それぞれの人の“気づき”がその人の
これからの幸福のもとになると思います。そして、どういう時も楽しみをもつ精神
を失わないのも人間。これを機におしゃれや贅沢をいっさいやめたりするのではなく、
節約するところはして、ポイントを絞って自分なりの贅沢もする。そういう幸福感
も求めながら、知恵と工夫で楽しんでいけるはずです」(香山さんのことば)


私自身は、寿命が延びた気がしています。つまり、大切なことが明確になって、
それに集中し、充実しているから、生きることの濃度がとても濃くなって、
自分の時間が数倍になってる!ということです。

以前は「感謝」を実感を持ってするということをあまりしなかった。
理屈ではとてもよくわかっているけれど;
感謝ってからだによいというけれど、生きている実感や充実感を増してくれますね。
今は、こんなに大変だけれどシンプルに生きられて、集中力が増して、・・・それは、
やはり大事なことが「身をもって」気づけたからだと思います。
つまり、何が大事かほんとうにわかったということへの感謝なのです。
それは人生に、変化があるということを思いしらされたということでもあります。
ほんとうの寿命は誰にもわからないけれど、「生きている実感や充実」という寿命は、
今いただけているのかもしれず、そういう意味で寿命が延びたのです。
とはいえ、被災の現実はやはり大変です。。

真央さんの表情は無垢な気がします。純粋さが癒されます。



浅田真央 Mao Asada + Sanctus +


コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム