スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天体と宇宙(相対性理論)*エルレガーデン&more




RADWIMPSの俺色スカイは、高校生が文化祭で歌ったのを聴いた時は、衝撃でした。
たぶんこれまで聴いたことがないタイプの歌であり、スタイルだったからだと思いますが、
今考えると、空の歌だったからかもしれないですね。空の魅力は圧倒的です。
歌詞と空の風景つきバージョンも

そして、なんとあの宮沢賢治も歌を作っていて、星めぐりの歌を作った宮沢賢治。
多彩で多才で生物学者で天文学者でもあった賢治は、
こんなにすてきな歌まで残してくれていました。もちろん空の、天体の歌です。 
星たちが好きだったんでしょうね。






  

             


ELLEGARDEN

は、細見武士さん率いるバンドで、高校生や若者にすごく人気があるバンドで
英語の歌が多いけれど、日本語で歌う、こういう天体に関連するような題名の曲もあります。
同じく細見さん率いるハイエイタスの曲も。この記事の下の方には細見さんが歌う英語の歌や
ハイエイタスのコンサートがあります。帰国子女のボーカルのバンドRADWIMPSの音楽も。



ELLEGARDEN 金星   ELLEGARDENの   ハイエイタス フレア
     日本語           日本語              英語  







金星は「地球の兄弟星」と言われてきました。大きさや太陽からの距離が地球に近く
太陽系の生まれた時期に地球と似た姿で誕生した惑星と考えられているからだそうです。
ところが現在の金星は高温の二酸化炭素の大気に包まれ、硫酸の雲が浮かぶ、地球とは
まったく異なる環境です。上空では時速400キロに達する暴風が吹いています。
そのような金星の変化は、地球環境を理解する上で重要な探査対象だそうです。

あかつきは、そのような金星探査の時代の先駆けとなるものです。
2010年5月、「あかつき」はH-IIAロケット17号機によって打ち上げられました。
しかし、金星周回軌道への投入に失敗しました。
JAXAでは調査・対策チームを設置し、投入が出来なかった原因と対策を調査し、
「あかつき」の金星周回軌道への再投入の計画を検討しています。
赤外線で詳しく金星の素顔を調査できれば、日本も惑星探査のパイオニアになれます。
「あかつき」では、雲の下の大気や地表の様子を赤外線により観測し謎を解明し、
金星での雷の放電現象や、火山活動の有無等を調査することもミッションに含まれ、
この計画により、日本は惑星探査の新たなパイオニアとなることを目指しています。







そして・・・・、素敵な月の世界




月面旅行        月世界への招待       月を見よう!
youtube動画 





月を見よう!を開くと、こう書いています。   
   
月は地球から最も近い天体で、一年を通して観測することができてとっても
親しみやすい対象です。月の大きさは3,476kmで地球の約4分の1の大きさで、
自転周期と地球を一周する周期の関係から常に一面だけを地球に見せている
不思議な天体で、そんな月の醍醐味や楽しみ方はたくさんあります。






また、宇宙天気情報センターフレアがでています。

太陽は肉眼でも望遠鏡でも残念ながら直接見ることは、危険でできません。
  またこれからの季節は、熱中症や熱射病に気をつけてくださいね。
 「水分」とともに。「塩分の補給」を対策に!!!どうしたらいいか 予防など!
これほどの強さは、電気の供給に向いているのではないかとすごく思います。








             








かわいい鳥とオーケストラパイプオルガンの演奏ツァラトゥストラはかく語りきREMIX

A Space Odysseyパーシー・フェイスMeireles E Sua Orquestra            

     
     


小学生の演奏するジュピター マンドリン演奏のジュピターどちらも素敵です。

宇宙の旅 NASA Ames Rocks with the Stars at Science and Culture Fest 

NASA'S Kepler Mission Discovers Its First Rocky Planet






JAXAのある方へのインタビューによると、天文学は自然科学の中で他と違う点が1つ
あって、それは簡単に実験ができないということだそうです。

宇宙と同じ環境を実験室に作ることはできない。時間がとてもかかるから。
星を1つ作るだけでも何十万年とかかり、非常に大きなスケールが必要で
あって、残念なことに、太陽のようなスケールのものを、実験室にはいれ
られない。だから、宇宙というのはある意味、壮大な実験室!

人類が絶対に作ることができないような環境が宇宙にはあり、例えば、
アインシュタインが考えた一般相対性理論は、理論としては成立するけど、
私たちが日常生活する上ではほとんど関係ない。でも宇宙では日常茶飯事
に一般相対性理論を考えなければならない。
宇宙は、頭の中だけで考える理論を実証できる貴重な場所。

天文学は、過去の宇宙を直接調べることができる非常に面白い学問。遠い
天体を観測するということは、昔の天体を観測することで、例えば、10億
光年離れた天体の光は10億年前に出た光ということになり、すなわち10億
年前の宇宙の過去の姿を見ている。だから、宇宙はまるでタイムマシーンの
ようで遠くの天体を見ることで、宇宙の歴史を直接に紐解くことができる。




あかりは、いわば、この壮大な実験室のなかを自在に飛び回るタイムマシーンで、
「あかり」の観測によって、宇宙が繰り広げたドラマを見ることができるそうです。
JAXAのホームページ あかりの説明とても素敵なホームページ!


それでも、SPICA にバトンタッチ!こういうことのために、
次世代赤外線天文衛星SPICAは、がんばります。






>宇宙では日常茶飯事に一般相対性理論を考えなければならない。


 相対性理論って?





相対性理論とは、アインシュタインがうち立てた理論ですが、実験や
宇宙空間では当然に起こっている出来事だそうです。


相対性理論以前の物理学では、光は波であると思われていました。しかし、
光は単なる波ではなかったわけで、そこにアインシュタインが気づきま
した。 色々な実験を行った結果、光の速度、つまり光速は不変だった。

特殊相対性理論は、世の中に絶対はなく相対なら問題ないということで、
相対性理論は生まれ、この理論の根底には光速度不変の原理があるそうです。
光と光の相対速度は常に一定で、つまり、光には光の時間があって、
時間を決めているものが速度。

では、特殊相対性理論とはどんなものかというと、

・物体は光の速度を超えることは出来ない。
・光速に近付いていくと時間の流れが遅くなってゆき、光速になると時間が止まる。
・光速に近付いていくとその空間(長さ)が縮んでいき、光速になると空間が0になる。
・光速に近付いていくと物体の質量が増えていき、光速になると質量が無限大になる。

速く動いていると、時間の流れが遅くなるということは結構有名で、
特殊相対性理論には、有名な式があって、
物体の持つエネルギーは、質量と光速の二乗をかけあわせたもの・・ということです。

さて、等価原理というものがあって、たとえば、エレベーターで上向きに加速すると、
体が下向きに引っ張られるように感じることがありますが、慣性力という力のためで、
加速したことによって重力が生じたと考えられるのではないか。
このように加速による慣性力と、重力が同等の力であると考えるのが等価原理で、
アインシュタインはこの等価原理を用いて、特殊相対性理論を発展させたそうです。

--------------------------------------------------------------------------------


一般相対性理論については、
加速によって生じる力は等価原理により重力と同じで、重力の大きい場所にいるとき、
高速で動いていることと同じ現象が起きるそうで、

・重力の大きい場所では時間の流れが遅くなる。
・重力の大きい場所ではその空間(長さ)が縮む。
・重力の大きい場所では質量が増える。

例えば、地球よりかなり重力の大きい太陽にいると、地球上にいる時よりも時間が
ゆっくり進む。
この考えに基づいて、重力は空間を歪めるという考え方が生まれたそうです。
これより、惑星の厳密な軌道計算やブラックホールについて説明できるようになった
ということです。

私達が学校で学んできた幾何学は、ユークリッド幾何学というもので、平行線は
交わらないとか、三角形の内角の和は180度であるというものなどですが、

http://www.ii-konan.jp/morimoto/kikahistory.html

相対性理論のように空間の歪みを考えると、この幾何学は破綻してしまうそうで、
相対性理論では、ユークリッド幾何学ではない幾何学を使い、計算を行っていて、
それを、リーマン幾何学といいます。

<以下by wiki>
リーマン幾何学(リーマンきかがく、Riemannian geometry)とは、
リーマン計量や擬リーマン計量と呼ばれる距離の概念を一般化した構造を持つ図形を研究
する微分幾何学の分野である。このような図形はリーマン多様体、擬リーマン多様体とよ
ばれる。ドイツの数学者ベルンハルト・リーマンに因んでこの名前がついている。

楕円・放物・双曲の各幾何学は、リーマン幾何学では、曲率がそれぞれ正、0、負の一定値
をとる空間(それぞれ球面、ユークリッド空間、双曲空間)上の幾何学と考えられる。なお、
楕円幾何学のことをリーマン幾何と呼ぶことがあるが、本稿で述べるリーマン幾何学は
それとは異なるものである。

アルベルト・アインシュタインは、重力、即ち、一様ではなく湾曲した時空を記述するのに
擬リーマン多様体の枠組みが有効であることを見いだし、リーマン幾何学を数学的核心とした
一般相対性理論を構築した。(転載)


リーマン幾何学とは、曲面を扱う幾何学であり、歪んだ空間を考えるには、リーマン幾何学を
使うことが適していて、リーマン幾何学では、三角形の内角の和は180度より小さく平行線も
交わっていて、この幾何学を使うことにより、アインシュタインは三次元の幾何学を、
四次元空間上で説明することができたのだそうです。


      


相対性理論

youtube相対性理論の動画

(この記事の最後の方に、さらに相対性理論のことを書き続けています)
--------------------------------------------------------------------------------






三十八才でなくなったけれど、日本でもっとも尊敬される作家といっても
過言ではない“星空詩人”宮沢賢治。「銀河鉄道の夜」という作品を残しています。
そして、世界の大ベストセラー「星の王子さま」をはじめとする魅力的な作品群を残し、
四十四歳の若さでこの世を去ったサン=テグジュペリ。彼も”星空詩人”と呼ばれる
こともあるようです。








そういえば・・・、


この間沖縄で、月食がありました。

皆既月食20110616沖縄この間のニュースの月食で、youtube動画です。

地球上どこでも日食月食情報がわかります。 日食や月食について

エジプト皆既日食も楽しそう! 2009年7月22日皆既日食生中継 硫黄島からすばらしい Live!
youtube動画             youtube動画

日食、月食がなぜおきるのか? 見るときの注意点ここは、日食月食のスケジュールや
注意点など、何もかもとてもわかりやすく、まとめられています。

皆既日食と金環食及び部分日食 そして、2025年までに地球上で日食・月食の見られる場所マップ

NASAの日食月食のサイト








オーロラは太陽からのおくりものだそうです!
太陽から激しくふきだした”太陽風”とよばれるプラズマ状態のガスが、
高速で地球にも吹きつけてくるそうです。これが地球の大気にぶつかって、
美しく幻想的に光る現象がオーロラです。ネオンのように美しく
ゆらめくオーロラは、たくさんある太陽からの贈り物のうちの一つですね。

エンヤを聞くと、オーロラ(iPhoneで撮ったライブ)を思い出すと思ったら本当に

youtubeにエンヤとオーロラの図がありました。

やっぱりこういう音楽が、よくあいます。  エンヤ 11 曲メドレー









ほんとうに・・・・・、

宇宙や天体は、とてもおもしろいです。地球~宇宙の果てまで

ここは、本当に素晴らしい惑星の旅ができます。素敵なサイトで現実を忘れます。
惑星を選んでvisitをクリックします。すると、ムービーが見られます。

土星を是非!何回見ても飽きません!!そのまま進むと衛星のタイタンも見られます。
惑星はたくさんあるので、たくさん何回でも見られます。









太陽と惑星の公転周期、自転周期、直径、衛星数、太陽からの距離がわかり、
表の中の写真を、一つずつクリックすると
太陽 水星 金星 地球 火星 木星 土星 天王星  海王星  冥王星  月
がそれぞれ詳しく説明されています。

たとえば、太陽の説明では・・・、
太陽は私たちの銀河系に1000億個以上ある恒星のうちの一つです。しかし太陽系
の中では最大の、しかもとびぬけて大きな天体です。 太陽系の全質量の99.8%を
太陽が占めています。質量のおよそ75%が水素で25%がヘリウムで,それ以外のもの
「金属」は0.1%ほどしかありません。この割合は、太陽が中心核で水素をヘリウム
に変換するにつれてゆっくりと変わっていきます。

太陽の一番外側は差動回転しています。つまり、太陽の表面は、赤道では25.4日に
一回の割合で回転していますが、両極付近では一回転に 36日かかるのです。
このようなことがおきるのは、太陽は地球のような固体ではないからです。
同じようなことが、ガス状惑星でもおきています。
太陽の中心核は固体のように回転し、中心核では色々な条件が極端なものになっています。
と、いった説明です。

木星(ジュピター)という曲もあります。
ロックヴァージョンのジュピターのこういうアレンジもあります。

望遠鏡で見た木星
もあって、太陽系最大の惑星なんですよね。
惑 星を望遠鏡で見ると?このように見えて、クリックすると最近の写真も見られます。

星の大きさは?惑星・・地球との比較もできます







そして、ここは宇宙が見られるページでとても楽しいです!いろいろクリックして
たくさん遊ぶことができます。
たとえばこんなことが、書かれています。

地球の家族たちIntroduction of our Family

煌々と輝く太陽をめぐる
地球の兄弟惑星たち
たくさんの小惑星と月
時折訪ねて来る旅人、彗星
私たちの住む太陽系は意外とにぎやかです、とか、

環のある惑星、土星Saturn, the planet with a ring

繊細で愛らしい表情をたたえ
楽しげに環を傾ける土星
カッシーニの空隙(くうげき)が
きりりと黒いラインを描く
望遠鏡を覗き込む子どもたちが
一番目を輝かせる惑星です、とか。







 太陽系のなかまたちここもうっとりするくらい素敵なのでクリックして
たくさん見ることができます。

ここでは、たとえばこういうことが書かれています。

横たわる惑星:てんのうせい
霧に閉ざされた第七番目の惑星。
青みかかったこの天体をとりまく衛星達にはシェークスピアの作品にちなんだ
人物の名前がついています。

天王星の発見
1781年、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルは天王星を観測しました。
彼は当初彗星だと疑っていましたが、後の研究結果で、惑星である事がわかりました。
発見後、さまざまな名前がつけられましたが、最終的にヨハン・ボーデの提案した
ウラヌスとよばれる事となりました。 とか。








あこがれの山崎直子さん

(ここのところ、ニュースで大学での研究職に戻るということが伝えられました。
ご苦労様でした。ほんとうにがんばってきて、いつも柔和で冷静なその姿は、
目標とすべき女性です)


山崎さんが体験したことをここで見たりしています。感動!

宇宙から見た地球/The earth seen from space   NASA による地球の音!?  

  NASA

Planet X Nibiru Nasa 2012 Doomsday Info Leakedは興味深い動画です。
 http://www.youtube.com/watch?v=aNZ8mu08RBk&feature=related

ショパンのエチュードと地球

地球という惑星のギリシアのサントリーニ島にだって、ネットですぐに行けちゃいます!
のんびりとバケーション気分が味わえます。「太陽が沈む夕日のショー」も見られます。
サントリー二島の葡萄畑
太陽は沈んだりのぼったりします。よく考えるとすごい!
地球の自転により、太陽・月・惑星・恒星は東から昇り西に沈むように見えますね。
そして、地球の公転により、季節により見える恒星(星座)が異なったり季節の
変化が起こるのですね。

 こんなにすごい・・・、

太陽について、地球について。

山賀 進先生のウエブサイトが、教えてくださっています。
太陽の「フレア」の説明も完璧にされています。
(木星、土星、オーロラなどの詳しい説明もこのサイトで学ぶことができます)
そういえば、地球も天体だと思って調べていたら、
天体(惑星)としての地球というページにヒットして、偶然このサイトでした。

地球は自転しながら、太陽のまわりを公転していて、自転は地球の回転運動で、
地軸(北極と南極を結ぶ軸)を軸として、1日に1回転している。
公転は太陽のまわりの回転であり、地球は1年かけて太陽のまわりを回っている。

地球の自転により、太陽・月・惑星・恒星は東から昇り、西に沈むように見える。
こうした1日での「天体のみかけの動き」を日周運動という。

地球の公転により、季節により見える恒星(星座)が異なったり季節の変化が起こる。
という書き出しで、詳しいことが学べます。

 地球の形について、書かれているところで、アリストテレスは子供の頃のアレキサンドロス
大王の家庭教師をしたことがあるというエピソードがあって、へーって思っていたら、
太陽が沈むところを見るチャンスがあったら、しゃがんで見ていて沈んだ瞬間に立ち上がる
(ジャンプしてもよい)と再び太陽が見えるはずである。という楽しいことも書いてます。

地球は丸い!そして、太陽は誰にも平等で、昇ったり沈んだり同じようにします。
というか、実は地球の自転と公転があってこそのことなんですよね。







でもその地球の日本の地形 変わってしまった;



おっと忘れてはいけない!

 古川聡宇宙飛行士が、 国際宇宙ステーション(ISS)
に長期滞在中です。長野県安曇野市の県立こども病院に入院中の子供たち
約10人と交信したようです。

 医師でもある古川さんと話すことで「病気の子供たちに勇気を与えてほしい」と
病院側が宇宙航空研究開発機構(JAXA)の企画に応募して実現したそうです。

 病院のホールに集まった子供たちは古川さんが映し出された特設のモニター画面を
見ながらマイクで質問。月1回程度通院する同市立穂高北小4年、男子(9)が
「ISSからも星は光って見えますか。星座はどうですか」と尋ねると、古川さんは
「星はきれいに見えますが、違うのはまたたかないこと。星座は一緒ですが、何より
地球がきれいに見えます」と答えたそうです。

 更に「けん玉はできますか」との問いかけに、古川さんは補給船の模型を手に
けん玉の様子を再現。「上にやると戻ってこない。突き刺すことはできるが、宇宙では
違う遊びを考えないといけないかも」と笑いました。

 終始にこやかな表情の古川さんは子供たちに「病気で大変と思うが、自分にできる
ことを一つずつ積み重ねていけばきっといいことが起きると思います」と
メッセージを送りました。
 
 日本は、今重大な病気にかかっているけれど、だからといって、時間を止めることは
できないから、力を合わせて自分にできることをしていきたいと思います。

 一番目の記事にも書きましたが、「ふんばろう東日本プロジェクト」は、情報がいろいろ
あって、今すぐ私にもガイガーカウンターの支援だけでなく、いろいろと
できそうなことがあるので、努力したいと思っています。
仙台出身この人が、がんばってくれています)

西條さんのブログは読むと、助け合うことが見つかるような気がします。
(西條さんの親戚も津波でなくなりました)

以上は、一部の紹介で、避難所や個人の必要やボランティアの募集もでています。
たとえば、子供のおかしや缶詰が必要などということからでています。
自分が提供できるものを書くということもできるようです。






Queen - We Will Rock You and We Are The Champion Live(メドレー)

 
高校生達に人気のバンドELLEGARDEN - Fire Cracker
                    英語

こちらのpvの方が音がいい!


ELLEGARDEN - Mr. Feather ELLEGARDEN - バタフライ[PV] Ellegarden 虹


そして・・・、 ハイエイタスコンサート  


叫べby RADWIMPS  祈跡 -in album version-/RADWIMPS



--------------------------------------------------------------------------------


National Geographic世界の国や自然科学、動画や写真、
科学ニュースも含めてたくさん見られます。


星々と宇宙の肖像は、星の愛好家が飛び上がって喜ぶ程のサイトです!


--------------------------------------------------------------------------------
さらに相対性理論


もう一度相対性理論を。私の愛読書、Nという科学雑誌の最新号にわかりやすく
説明されています。

NASAによると、地球の自転により時空が曲がることが示されたようです。

1915年、アインシュタインにより提唱された「一般相対性理論」。この理論によれば、
地球のまわりの時空(時間と空間)は、地球の自転によって「ひきずられる」といいます。
NASAの打ち上げた衛星により、この「時空ひきずり効果」がこれまでにない高い精度で
観測され、一般相対性理論の正しさを証明する証拠がまた一つふえたと載っていました。


一般相対性理論(相対論)は、宇宙の誕生やブラックホールのふるまいまでをも予想し、
現代物理学の根幹をなす重要な理論のひとつであるため、もし相対論にまちがいがあれば、
宇宙観が大きく変わるのだそうです。相対論を実験により証明することはとても重要だと
いうことです。相対論では、時空は不変ではなく、曲がることがあると証明されてされて
いて、相対論によると、地球のような大きな質量を持つ物体のまわりで時空は曲がると
いいます。また地球の自転によって、周囲の時空は、ひきずられて渦を巻くように曲がり、
この自転により時空が曲がる効果を「時空のひきずり効果」と呼ぶようです。




時空の引きずり効果を測定するアイデアは、1960年代すでに考案されていて、
それは、「ジャイロ」といって高速で回転するこまのようなもので、
回転するこまは、回転軸を決まった方向に保ち続けます。
外から力を受けないかぎり、回転軸の向きを変化させないのが、こまの性質です。
相対論は、地球のまわりを周回する衛星に搭載されたジャイロの回転軸を観測し続ければ、
地球のまわりの時空がどのように曲がっているかを検出することができるようです。

                              




                                                                     

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。