スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティータイムとお笑い「動画」など




どんな時にだってティータイムは必要ですね!


ココア と活性酸素・遺伝子(DNA)の関係

少し前にココアブームがありましたが、
本当にココアは健康に効果があるのでしょうか?



ポリフェノールの抗酸化作用
「ポリフェノール」は、赤ワインなどに含まれています。
ココアには、「カカオ・ポリフェノール」という成分が含まれていて、
このポリフェノールは「抗酸化物質」としてかなり注目を浴びています。

人が病気をしたり、老化するなどの体の不調の原因は「体がサビる」ことにあって、
つまり「体の中で酸化」が起きているそうです。その原因となっているのが
「活性酸素」その活性酸素がさまざまな病気の原因となってしまっています。



㊨にある最新記事の中に放射能と活性酸素について、少し調べて書いています。



<活性酸素が与える影響>
動脈硬化が起こる。 これまで動脈硬化を起こす犯人はコレステロールだと言われて
いましたが、悪玉コレステロール(LDL)そのものが原因ではなく、
酸化されたLDLが原因だと分かってきました。
がんの発生。 活性酸素が細胞に組み込まれたDNAを攻撃し狂わせてしまった結果、
異種細胞が発生して増殖し、がんになるということです。

糖尿病の原因。 活性酸素に攻撃されてインスリンの産出が減ったり、ブドウ糖が
使われなくなってしまった結果、血中のブドウ糖が増えて糖尿病になるそうです。
老化を早める。運動機能や内臓の機能の低下、物忘れ、眼の白内障、皮膚の
シワ・シミなど、衰えの原因も活性酸素にあります。

これらの活性酸素の攻撃から身を守るためにはたらくのが「抗酸化物質」と呼ばれ、
スカベンジャーとも呼ばれていて、これは体内でつくられるものと食べ物などから
取り入れるものがあって、食べ物に含まれるもののひとつが「ポリフェノール類」です。

ちなみに、ココアの原料となるカカオ豆(エクアドル産)100g中に含まれる
ポリフェノールは3.98g。ということは、ココアには抗酸化作用が十分あります!

@食物繊維が豊富
ココアに含まれる食物繊維は、リグニンという種類。大豆や小麦粉、とうもろこし
などと並ぶほど優れた繊維で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロール
を増やすはたらきがあって、食物繊維は大腸がんの予防や便秘解消に効果があります。

@ミネラルが豊富
ココアは、ミネラルが豊富で、特に鉄分が多く、貧血気味の人が
飲むと鉄分が補給されるそうです。

ヨーロッパではチョコレートとの境界があまりないと書かれていて、
チョコレートも同様の効果が期待できるかもしれません。
糖分を控えめにすることも大切なようです。




ところで、ことばで人を笑わすことはとても難しいですね。
やっぱり猫ちゃんたちには負けますよね。

動物の写真日記にも。


ゆうこりんさんぽはいつも笑顔になれます。





これこれも、笑えます。

テレビ番組のリンカーンが好きなのでこのパレードツボるのです。





「ガキのつかいやあらへんで」もおもしろいですよね!

原口あきまさ-決勝戦-





ますますこの人がおもしろかったんですけど。
はじめからおかしい




ものまねされてるこの人おもしろいですよね! 楽しい!です。




これも




そこは外側か内側かをとやかく言われないための簡潔なまとめ

妹の引越しを手伝った時の顛末 僕と僕の世界の日記もがんばっています。










--------------------------------------------------------------------------------


烏龍茶は、体内の中性脂肪の低下、体内の活性酸素の消去などの効能
があるとされるポリフェノールが緑茶の約4倍含まれているとされています。
酔いさまし、二日酔い、虫歯予防、疲労倦怠、消化不良、下痢、高脂血症、
高血圧や動脈硬化、肥満予防、美容に良いようです。
カロリー消費を増やすため、ダイエット効果があるとも言われています。
ウーロン茶ポリフェノールは食べ物の脂肪分を吸着して体外に排泄する働き
や血液中や皮下脂肪の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸にする働きがあるそうです。




ところで・・・、

コーヒーは、
脂肪燃焼を促してダイエットをサポートし、眠気を取って、集中力をアップ
してくれます。香りにリラックス効果があるそうで、コーヒーの匂いをかぐと
脳がリラックスできるそうです。一番リラックスできる匂いは、コーヒー豆を
深煎りした豆が一番いいと言われています。

コーヒー1杯に含まれるカフェインには2時間程度血流を促進する作用があって、
朝飲むコーヒーには血液循環を良くして体温を上げる作用があるので朝が弱い
低血圧の人に効果的に働き、また、カフェインには毛細血管を広げて体の隅々まで
血液が流れるようにする作用もあるので高血圧の人にもいいそうです。

ガンの予防効果もあります。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で老化や生活習慣病の
原因になる活性酸素を取り除く抗酸化物質です。クロロゲン酸は、ガンの予防効果が
注目されていて活性酸素をやっつけてガンになるかもしれない細胞の突然変異を防い
だり、発ガン物質の発生を防いだり出来ると書いてある資料がありました。

さらに、最近では、コーヒーの糖尿病予防効能について「効果あり」という
研究結果がたくさん報告されているそうです。
糖尿病は、糖分をエネルギーに変えるためのホルモンであるインスリンの分泌や働きが
悪くなる病気ですが、コーヒーが糖尿病予防に効能がある理由として、コーヒーに含まれ
ているクロロゲン酸が血糖値の抑制に関わっている可能性があるかもしれないそうです。

フィンランドの国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査では、
1日3~4杯のコーヒーを飲んだ場合、飲まない人に比べて女性で29%、
男性で27%糖尿病にかかる率が減少し、1日10杯以上飲んだ場合は、女性で79%、
男性で55%の減少するそうです。(いくらなんでも飲み過ぎかもしれません)

この調査結果は、1万7111人の男女を対象とし平均で約7年間にわたり追跡した結果
だそうです。さらに、「1日に7杯以上コーヒーを摂取する人では、1日2杯以下の人に
比べて糖尿病の危険度が2分の1になる」という報告もされているそうですが、
多くても5杯を超えないほうがよいということも別のところに書かれていました。

そして・・・、
コーヒーのカフェインは 血液の循環を促進するだけでなく、
善玉コレステロールを増やして、動脈硬化を防ぐ働きがあります。
         




コメント

yukoedenさまありがとうございます
これからもブログ楽しみにしています

コメントありがとうございます。

ゆうこりんさま、ありがとうございました。

ところで、ゆうこりん、
「みんながひとつになるべきだよね」ってほんとだよね。

ゆうこりんの「つるべえさん」のところに書いたとおり、少し前まで
ほんとうに右のリンクのところにも「ゆうこりんさんぽ」をのせていました。

でも、ゆうこりんしばらく消えてたから(笑)なんか悪いかなあと思って、
ここだけにしました。ゆうこりんは、見ているだけで楽しいです!
だからお写真見るとみんな元気がでます。

さてゆうこりん様、これからも元気をくださったらうれしいです。

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。