今東北は・・・。

金曜日の朝早く出発して、福島、郡山を通り、仙台、一の関と行って

今日の夕方帰ってきました。



「今、東北は・・・。」と言っても、ほんの一部ですが、

移動で見た光景は、とても印象に残りました。





もうすぐ新幹線が通るようですが、車で行きました。

道路は余震もあり何度も揺れたために波打ちひび割れて、手当がされて

いましたが、がたんがたんと、車が飛び上がる場面が何度もありました。

とくに、福島から、仙台、一関までの道が、非常に凹凸が激しかったような

気がします。

一関市は、4月7日の余震で震度6を記録し、そのときの被害はニュースの

はじめに名前がでるほどで、一関市のすべての体育館が(学校や公共の)

使えない状況です。市内ではホテルも壊れていて営業ができず、2けんのみ

営業しているそうです。街の外れに温泉宿がありますが、避難の方でいっぱい

だそうです。

今回は、一関市のある家が損壊したので、個人的に手伝いに行ったことと、

仙台にも大切な用事があって、行きました。






行きも帰りも、全国のパトカー、消防、自衛隊、水道などの業者、災害派遣と

書いた車や救援の車を本当にたくさん見ました。車のナンバーは、四国や愛知

といった地名が書かれていて、本当に、全国津々浦々から集まっています。

救援の車が高速道路の半分を占めているといっても過言ではありませんでした。

交代で仕事をされているらしく、帰りにサービスエリアでお会いした方のお話が

耳に入りましたが、固い床に大勢で寝袋で寝て、頑張ったようです。






一の関は、全壊というところもありましたが、半壊やある部分の損壊で、

お店が営業できないところが、多くありました。

気仙沼、陸前高田、大船渡といった一の関から一時間くらい

で行ける市が津波で流されて街が壊滅状態になっているために、避難してくる

方や、また出かけていって援助する立場なので、大変だったようです。

どの市民も家族か親戚や知り合いがそれらの市町村にいて、

たくさんの方を失ったと話していました。

一関にある地元のガソリンスタンドでも本社が流され、お店もあるうちの

半分が流されたと話しておられました。

それらの市の市役所では、職員が78人なくなって業務ができない陸前高田市

や、町長さんがなくなったり、市長さんの奥さんがなくなったりで、街の機能

が止まっているという状態でもあったようです。

あまりにたくさんそういう方が誰の関係者にもいるので、まるで戦争でも

あったかのようでした。

手伝いに行った家の親戚や知り合いにもやはりなくなった方は何人もおられて、

ただその話を聞いているしかありません。





移動で見た自衛隊の車や、パトカーが何十台もずっと連なって高速道路を走る姿は、

やはり戦争のようだと思いました。対向車線でも、ずっとその光景です。



約14万人、避難している方がまだいらっしゃるそうです。

道路で、出来あがった小さな家ごとトラックで運んでいるのも見ましたが、

まだまだ、仮住まいができるのも、これからということなのでしょう。





街のあちこちに、「がんばろう東北」「がんばるべ岩手」「がんばろう仙台」

といったスローガンがかかげてあって、これは、本当に効き目がありました。

そこにいて、気持ちが少し明るくなり、本当にしゃんとするのです。

被害にあったその方達、ご自分たちの思いだからだと思います。

福島に住んでいるブログ友達も、

「ふくしまは負けない」ということばを教えてくださいました。
(がんばろう福島も街中にあるそうです)





Celtic Woman - You Raise Me Up






この曲は、仙台出身の荒川静香さんが、オリンピックで金メダルを取ったときに、

エキシビションで滑った音楽です。


全国から、被災地へ助けが行くのを、たくさん見たので、

本当に、どんなに大変でも、光を見たような気がしました。


頑張ってくださっている本当にたくさんの自衛隊のかたや、

警察、消防のかたや、ライフラインの復興をされる方、

そのほかの災害派遣や支援の方達や

大学のボランティアのバスもみました。物資の輸送や

商売をしている方の、応援のトラックも見ました。




日本に海外からもたくさん励ましや助けがあったようです。










コメント

みなあんさん。今週もご苦労様でした

みなあんさん、時間があるときに情報よろしくお願いしますね。
スケートはもちろん(震災についても)。。。

今1番大切なことは、震災直後と同じ緊張感をこれからも維持することだと思っています。
もちろんぷっつりきれないように、知的にも理性的にも、ない頭たたいてこの大変な時、
問題を自覚していかなければと思っています。

レスは無理せず、都合の良い時でいいし、人間だから、風邪や急用だってあるのだから、
それに疲れてたら大変だから、まずはゆっくり休養してくださいね。e-251
いつもありがとうございます。明晰な深さとあたたかさに、癒され励まされています。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム