Andrea Bocelli- Con Te Partirò (With Sarah Brightman)

Mariaさんに



コメントをしたときに教えていただいた Andrea Bocelliが歌う



Canto della Terraはとても素晴らしく感動しました。




本当に感動的なので、この日記に書きたいと思いました*




Mariaさんご自身のあるコメントへの言葉によれば、

「Canto della terra は特にこの映像が好きなんです
単に男女の愛ではなく もっとこの大地の上
地球上の自然と愛をイメージすることができるので…」
と、いうことです。







#アンドレア・ボチェッリ(1958年9月22日-)はイタリアのテノール歌手で、
6歳でピアノを始め音楽の道を志しましたが、12歳の時にサッカーをしていて
失明しました。それでも障害を克服し、法学博士となり弁護士として活躍して
いましたが、歌手になるという夢を持ち続けました+
1994年のサンレモ音楽祭新人部門で優勝したのち、アルバムを発表し、
ヨーロッパ中で大ヒットしました。








現在のイタリアを代表するテノール歌手の1人として高く評価され、

2006年に行われたトリノオリンピックの閉会式で「Because We Believe」

を歌い、2010年4月30日に中国で行われた上海国際博覧会のオープニング

セレモニーではパヴァロッティのオペラ「トゥーランドット」のアリア、

荒川静香さんがトリノオリンピックでこの音楽で滑り金メダルを取った曲

「誰も寝てはならぬ」を披露しました@








「 Time To Say Good Bye」 は
サラブライトマンとアンドレア・ボチェッリが一緒に歌っています。その
もとになった曲「コン・テ・パルティロ」(Con Te Partirò)は、
アンドレア・ボチェッリの代表曲です。
「コン・テ・パルティロ」(Con Te Partirò)は
1995年にサンレモ音楽祭で、4位になりました。
その後、歌詞の一部とタイトルをイタリア語から英語に変更し、
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)」(1996年)
としてサラ・ブライトマンと一緒に歌いましたが、ヨーロッパを中心に
爆発的にヒットしました!!








とても力強い曲で、クラシックとポップスが融合された感じです。
原題の「コン・テ・パルティロ」とはイタリア語で
「君とともに旅立とう」という意味で、
英語のタイトルゆえに誤解されやすいけれど、別れの歌ではなく
旅立ちの歌だそうです*
&これも人類愛の観点から、壮大なテーマとして、受け取りました。






この曲もとても良い曲で、もしかしたら、どこかで

聞いたことがあるかもしれません。。。






Con Te Partir (Time To Say Good Bye







よかったら、聴いてみてくださいね。
そして、この優れた二人の歌手は、それぞれたくさん
素敵な歌を歌ってくれています++
   












コメント

間抜けすぎる私..。

昨夜、Mariaさんへのコメントで「アンドレア・ボチェッリは知らなかったけど、この曲は好き」と書いた私。
サラ・ブライトマンが好きで、アレッサンドロ・サフィーナとのデュエットで知っていた曲なので。
そして今日こちらへお邪魔して、「 Time To Say Good Bye」 はアンドレア・ボチェッリとのデュエットという記事を拝見し、「なぬぅ~?!」と愕然としました。
そして数年前に購入したサラのシングルコレクション「DIVA」の解説を確認すると、そこには思いっ切り彼の名前がっ!
さんざん彼の声、聞いてんじゃんっ、と自分に激しく突っ込みを入れときました..。(膝から崩れ落ちる私)
言い訳ですが、サラはたくさんの素敵な男性とデュエットしているので、あまり相手の人のことは意識しないで聞いていたんですよ~。
まあアレッサンドロ・サフィーナだけは、あまりのイケメンぶりに顔と名前が一致していますが。(こらこら!)
いやぁ~、気付かせてくれてありがとうございました。
それにしても、あまりにお間抜けで、我ながら情けないです。
そういえば以前にもマイケルの動画の件で、wildroseさんのところで似たようなことがありましたっけ。
こうなるともう、この大雑把な適当さ加減は、性格というか性分というか、しかも加齢で加速しているでしょうし、直りませんね!(開き直り)
でもお二人のお陰で改めてアンドレア・ボチェッリのことや、ついでに他のテノール歌手のかたを色々と知ることができました。(イタリア語の響きっていいですよね。)
あ、サラとホセ・クーラのデュエットの「Just Show Me How To Love You」も、すごく好きな曲です!(動画はなさそうですが。)
まあ、こんな私ですが懲りずに今後とも宜しくお願いしますぅ~。

偶然に。。

みなあんさんが、Mariaさんへのコメントにサラブライトマンのことを書いていた
なんて、偶然で驚きました。
この記事は、時間があるときに数日前にすでに書いていたのですよ。

Mariaさんがコメントで教えてくださいましたが、パヴァロッティはサッカー選手で、 
フリオ・イグレシアス(スペイン)もレアル・マドリードの選手!
ボクサーは役者に適性があって、サッカー選手は歌手が向いているのでしょうかと
いうことですが、人の潜在能力の不思議ですよね。

森山直太朗さんも、ゴスペラーズの方もサッカーでプロを目指したほど頑張ったと
いうことなので、ほんとうに何かあるのかも。

ところで、お部屋というか、テンプレートまたブルーのになっていますが、私の日記
は今のところまだ写真を入れていないので、 テンプレートは実際の模様替えとちが
って、クリックひとつでいつでもできるので、 おもしろい星がふってくるのとか映像
が変わるのとかいろいろあるので、ときどき変えたり遊んだりするかもしれません。
別のところに来たとおどろかないでくださいね。

昨日スケートのショー神戸であったようですね。荒川さんも仙台出身ですものね。
みんな生きていかなければならないので、自分のできることを頑張りたいですよね。

yukoeden さま

感動が伝わって来る記事を書かれ
私のことも紹介頂きありがとうございました
Andrea Bocelli の素朴な声が〈大地〉と重なるように思いますし
特にご紹介した you-tube の映像は
この曲の大きさや 地球上に生きる人々との繋がり…
といったものを感じ引き込まれます

まず人間は何かを食さなければ 生きてはゆけませんが
こういった音楽からも 心の栄養を頂き
未来に向かって前進していきたいものです



Mariaさま

ようこそいらっしゃいました。
教えてくださった曲から多くを教わりました。曲を贈り物のようにプレゼント
されたようで、うれしかったです。本当にありがとうございました。

おっしゃるように人の体は、食物をとらなければいきてはいけないように
ことば、音楽、見るものも、心の栄養として必要で
生き物・・・動物やお花とのふれあいも力をくれますよね。

かわいい小鳥を飼っていらっしゃいますね。
動物や花もいろいろと教えてくれます。うちには犬を飼っていて
犬には犬の性質というものがあるのでしょうが、生き物として心が通じ合える
気がして・・・、だからいっしょにいて強くなれたり教えられたりします。

お好きな映画の感想や手作りはもとより、本やフィギュアスケートやサッカーそして
Mariaさんプレゼンツの音楽も是非これから記事やコメントに紹介してくださいね。
フィギュアや音楽は、それに返答する日記がときには書けたらいいなと希望は
広がります。いろいろと書いてくださったら、私も何か出せるものを
思いつけるかもしれません。
きれいな写真も楽しみにしています*

みなあんさんへ。

本当は金曜日の夜に逆コメントを書くのですが、明日とても早くに数日間の
予定ででかけるので、たぶん出先でもネット出来ると思うけれど、できなかったら
困るので、早めに今日書いています。

星、星座、光る月や星のテンプレート見てくれましたか?あ、この猫ちゃんの
ついたお部屋はどうですか?それと、この間のコメントみなあんさんらしくて、
後で読んで笑って楽しませていただきました。みなあんさんは、イタリアの歌の
ことも良く知っているとコメントを読んで感心したくらいです。
いつもコメントありがとうございます。

今日と昨日、この辺では船橋より近い新三郷のIKEAにいって、ここにひょっとしたら
みなあんさん来たかもって思いました。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム