スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬり絵制作*知っておきたい知識 & Herb Tea




①*ぬり絵を制作・・・。





このブログのおかげで、とても素敵な「人間」というスペシャリストと
何人もであうことができました。
本当にどなたも、代わりがいない、私にとって、超スペシャルな方達です。
そこで、絵がとても上手なwildroseさんと巡り会えたので、
私にも絵心のようなものが芽生えてきたかもしれません*




私のように絵がとても下手な人にも、

「絵を描く」喜びを味わえる方法が、ありました。

絵を描くというという作業のなかで、色をつけていくという

ことだけ、楽しんでいられる「ぬり絵」という方法です。

そのうち、それが身近になって、形を描いたり、
               (自分にだけわかるような;)

少し、進歩し、進化さえできるかもしれません。
        (あまり自分には期待してません)






とはいえ・・・・・、







ぬり絵の魅力は、水彩画や油彩でオリジナルの絵画に挑戦する
よりは、ハードルがとても低いことだと思います+
ぬり絵は自らデッサンを起こす必要がなく、下絵にそって、
塗っていきます。ですから「作品を仕上げる」という願望が
満たされます*




「色鉛筆」で塗り絵をすることに慣れたら、
「絵の具」を使ってみることもすすめられています。
塗り絵の本は草花や果物といった比較的簡単なものから、
風景、動物、名画、浮世絵といったような本格的なもの
まで、多種類あって、驚いています。
本当にすごいですよね~。。。
まずは、「やってみようかな」くらいの気持ちでいいようです。




色鉛筆は、最低でも24色くらいのセットがあった方がよく、
鉛筆を削るためのカッターや、陰影を出すための消しゴムも必需品で、
塗り絵本は、自分のレベルに合ったものを選びます。





+色鉛筆は、最高120色まで、いろいろな色があるんですよ。




@ドイツのアルブレヒトデューラーの「ファーバーカステル」は、
水をつければ、水彩にもなり、一本から買えます*



長年親しまれてきたクレヨン発色の美しさを生かした色鉛筆の
@クーピーペンシル24色缶入り1890円 (サクラクレパス)



手も汚れずしっかり塗れる大人向けクレヨンの
@クレオロールブリリアントカラー16色 2100円(パイロット)



滑らかで、速写性優れた専門家も納得の逸品の
@ホルベイン(アーティスト) 5040円(ホルベイン工業)
         色鉛筆24色セット


日本の伝統色が20本、和を感じる水彩毛筆の
@あかしや水彩毛筆「彩」20色セットなどがあり
               4200円(あかしや)


道具は、すばらしいものがそろっています!・・・。









それで・・・、







②*知っておきたい知識とは・・・?



1,道具を知る

色鉛筆といってもいろいろあって、普通の色鉛筆、クレヨンタイプのクーピー
水で溶ける水彩式鉛筆、プラスチックなどにも描けるダーマトグラフetc.
同じ色鉛筆でも硬さの違いもあります。
できたら専門店で、専門の店員さんの話をよくきいて、特徴などの説明を受け
て購入するとよいようです。
「色鉛筆は、とても手軽だけれど、色混ぜはできない」・・・、しかし、
いろいろな色を重ねる「重ね色」によって、色を作りだします。




2,線の表情を変える

細くとがらせた鉛筆と、ごつごつに削ったり丸めた鉛筆で描いた線は違います。
カッターを使って芯を削りながら、ケースバイケースで調整できます。




3,筆圧を変える

力を入れないで軽く滑るように描くには、鉛筆を長く持ち手の平を上にして、
のせた鉛筆を揺らすぐらいのつもりで使うと、薄い柔らかいタッチに、
しっかり描きたいときは、芯の近くを持って、立てて描くといいそうです。




4,塗り重ねを考える

基本的には、薄い色、明るい色から濃い色へと重ねていきますが、逆にして
効果が出る場合もあります。塗り重ねる時は、軽く柔らかく鉛筆を使わないと
厚く塗るほど色は乗りにくくなるそうです。



5,消しゴムの効果

消しゴムは失敗を消す道具ではなくて、艶や光を描く道具と考え、普通のプラス
チック消しゴムだけでなく、砂消しゴムがあると便利ですが、薄い紙だと破れ
やすいので、注意が必要です。






そして・・・、







初級から上級まで、すぐに始められるぬり絵本が紹介されていて、すごく

興味深いです!




@「大人のぬり絵 アンティークきもの文様」(世界文化社)950円

日本の伝統美が凝縮された着物のぬり絵を12点収録。

美しい彩りが特徴のアンティーク着物のぬり絵が印象的で、立体感や質感を
必要とせず、平面の塗り分けなので、絵心がない方でも純粋に「塗る」
ことが楽しめるようです。



@「色鉛筆でここまで描ける大人のぬり絵 外国の風景画」                                    (ソフトバンククリエイティブ)1260円 

アートのような美しい外国の風景を楽しむ。

イースター島のモアイ像、ヴェネチア夕景、タージマハルなど、
外国の風景の塗り絵が楽しめて、写真と手描きのお手本が付き、
細かい色の指示もあるので、初級の方に最適だそうです。(わーい!!)



@「やさしい大人の塗り絵 野菜と花編」(河出書房新社)998円

身近な野菜を題材にした達成感あふれるぬり絵本。

トマト、ピーマン、ニンジンなどの野菜とその花を収録。
輪郭線の中は、塗り分けのための線がないので、タッチの方向や、
色の変化を自分で工夫する必要があり、やりがいのある一冊
のようです。



@「大人が楽しむ塗絵 西洋の名画」(小学館)1050円

何百年も愛されてきた画家達の名画をぬり絵で。

ルノアールやモネ、ゴッホといった有名画家たちの代表的な作品
がならんでいます。下絵の線が細かいので、色の塗り分けが
わかりやすく、チャレンジしやすくて、名画を知るのにも
うってつけだそうです。(きゃーすごーい!!としかいいようがありません)





図鑑や写真をそばにおいて、見ながら描くことができ、光っている部分は

塗り残したり、線の太さによって強弱をつけたり、消しゴムで弱い照りの

部分も入れられるようです。

絵を描くなんて、すっかりあきらめていた私ですが、こんな手の届く、

素敵な「ぬり絵」というツールがあって、自転車に乗る練習をしたときの

補助輪を思い出しました。そのうち、へたなデッサンでも、自分で描いて

みたくなるかもしれません。

それでもぬり絵はひとつの文化として、専門家でない私の貴重なツールとして、

風景画や名画、着物の模様や、浮世絵などまであって、

ちょっとただごとではないし、最高に脳とココロに効くのであれば、

眠る前に、ハーブティー(カモミールやラベンダーやリンデンなどの

安眠効果のあるもの)を飲みながら、BGMとして、

バッハのフルートソナタでも聞きながら、しばし楽しんだのちに

眠ったりすると毎日もっと楽しいかもしれません。




ぬり絵が脳とこころに効くことについて 詳しく調べました。





ハーブティーといえば・・・、








@ハーブティーがもたらすリラックス効果は?



古代エジプトから伝わるハーブ。ハーブには自然な癒しの力があります。

ハーブとは、食用または薬用植物のうち、

葉や茎を香料として利用するものの総称です。

ヨーロッパでは、古くから健康によいとされてきました。

ハーブティーはその香りと飲用の相乗効果によって、

心と体にリラックス効果とリフレッシュ効果を与えてくれます。

香りを嗅ぐことは、大脳の五感を刺激し、心地よさをもたらせます。

それぞれに効能が異なるので、自分にあったものを選ぶことで、

気持ちのゆとりにつながるかもしれません。

ハーブには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが多く含まれます。

また、全てのハーブに共通して抗酸化作用があり、老化防止の効果があります。

その他ハーブの持つ香りや有効成分が、脳や血液に送られ、

免疫系、ホルモン系、自律神経系に働きかけ、治癒力を

自然と高める効果もあるそうです。

(しかし、ハーブには刺激の強すぎるものもあり、
1日に大量に飲むことなどは避けたほうがよいようです。
妊娠中、高血圧、心臓の弱い人、乳幼児は特に注意が必要です)





と、いうわけで、





@もし、ぬり絵の合間に飲み物を飲むのであれば?





水*でもいいけれど、





リラックス効果があるハーブは、





カモミール、ラベンダー、リンデン、ハイビスカスなどで・・・、





リラックスしたいときは+

ハイビスカス、ラベンダー、ペパーミントをブレンドし、



ぐっすりと眠りたいときは+

ローズピンク、リンデン、レモンバーベナのブレンドが良い

ようですが、




カモミール、ラベンダー、リンデン、ハイビスカスで・・・、

組み合わせたり、単品でも、

らく~なカンジになれるかもしれませんね・・・。*

















コメント

No title

とても分かり易くまとめられていて、良い記事ですね☆
以前本屋さんで「ピーターラビットの塗り絵」が売っていて、欲しいなと思ったことがありました。
コチラの記事を拝読して、機会があったら挑戦したいと思いました。
プラスチックなどにも描けるダーマトグラフというのは知らなかったので
教えてくださって有難うございます☆

私はパステルと一緒に色鉛筆も使うのですが、ホルベインが滑らかできめ細かく描きやすいです。

それから水彩色鉛筆は「ファーバーカステル」の72色を持っていますが
初めて買った時、それまで重ね塗りしなければ出なかった複雑な色味が
緑系だけでも9色くらい単色であるので、感動したことを思い出します。
他にはイギリスのREXEL DERWENT の茶系ペンシルなどを、少しずつバラバラに持っています。

ご指摘のように、色鉛筆は筆圧をかけすぎると汚く仕上がるので、
なるべく少しずつ塗り重ねて仕上げると綺麗に見えると思います。

それから消しゴムは、ファーバーだったかホルベインだったかの(思い出せない;)普通の固形タイプと
日本製のペンシルタイプを使っています。小さな箇所のツヤなどを表す時にはこれで消すと失敗なく消せますよ。

仰るように色鉛筆は顔料とロウ(ワックス)合成樹脂などを混ぜてできているので、
紙の凹凸にロウが入り込み、消しゴムで消しても薄くはなるけれど
綺麗には消せませんよね。
クーピーはそれが消せるのですが、昔使った感じでは、やや色鉛筆独特の柔らかさに欠ける気がしました。
今では改良されているかもしれませんね。

追記:ダーマトグラフで調べたら、恐らく写真屋時代に使っていた
ネガに直接書き込めるアレですね♪
名前、知らなかったので確認できてよかったです~。

世界一素敵なwildroseさんの絵

何度も何度もこのブログで語っていても足りません、

私は、時々wildroseさんのブログの分類「絵アート」をすべて見て
そこに含まれている、くるねこ大和の漫画も爆笑して、遊んできます。

本当にwildroseさんの絵は素敵ですよ~。
売り歩くわけにはいかないので、見せて歩きたいくらいです。
美しい、清らか、本当の明るさというものがあって、言葉がいらない
感動的な励ましですよね。

優しい、センスの良い、私の大好きなwildroseさん、出会えたおかげで、
このブログを楽しく続けていられるといっても過言ではありません。

何かを楽しみたい時には、難しいところを省いたような負荷を少なくした教材
というものが探せば必ずあるので、チャレンジしてみたいと思います。ピアノ
だって、そういうものがあるんですよ。楽しいを追っていってたら、いつのまにか
遠くに期せずして行けちゃうッてことの方がはやいし、きっと楽しいですよね。

自分でできるということがカギなのだと思います。
物事の修得の王道というのは、ひとりで、どんどんやれるかというところで、
それができたら、必ず上達するし、楽しいし、何かあふれでるものがあって、
そこから、すべて必要なことが学べたり良い友ができたりして、
幸福の連鎖と拡大さえ起こっていきますよね。
見返りを求めないくらい楽しいのでこころの平和だって得られます。

私は本当にwildroseさんのやさしさと、かしこさと、そしてこころの大きさが
模範だし、目標なんです。これからもよろしくお願いいたします。

我が家にも色々と..

あるんですよ~、画材が。
実は多動性の夫の趣味に数ヶ月前から「絵」が加わって、現在試行錯誤中のようです。
なのでこのところ美術館付いていて、先日も「いわさきちひろ美術館」に行って来ました。
夫にこちらの記事の「道具」について聞いたところ、「ほとんど持っている」とのこと..。(初心者の癖に、形から入るヤツ)
夫の場合はぬり絵ではないのですが、でもやはり何もないところからは描けないようで、写真集から選んで模写しています。
私は全くわからないので、色鉛筆やクレヨンで描いてから水や油で塗らしたり、綿棒で擦ったりしていて驚きます。
もちろんwildroseさんとは比べ物になりませんが、花や森や里山などを描くので、それなりに癒されます。
前にwildroseさんの絵を見せたら感動して、「俺もマイケル描こうかな。」と言い出したので、激しく却下しておきました!
でも、それぞれのレベルでの楽しみ方がありますし、作品にもそれなりの味わいや個性が出せるので、ぬり絵を含めて「描くこと」っていい趣味ですよね。
私も子供の頃は広告の裏にまで描くくらい、絵というか漫画が好きだったのに、大人になってからは全く描きませんねぇ~。
yukoedenさんは好奇心が旺盛で、挑戦する心もあり素晴らしいですね。
今日の夕刊で、おもちゃのコレクションで有名な北原照久さんが、「関心・感動・感謝の三カン王を目指している」と仰っていましたが、yukoedenさんも、そんなかただと思っています。

ところでスケート、四大陸の地上波放送、来ましたねーっ!
フジTV、ありがとう!!!
来週は、テンションの高い週末になりそうです!

呼びに行くときも。呼びに行かないときも。

きゃーうれしいな。なんでうれしいかって?
もうみなあんさん、私が呼びにいかないとコメントくれないかと思ってた
からっ。。(逆コメントのこと)
みなあんさんって知的だし博識だしそれに・・「なんっっっって可愛いの!」
と、わたくしファンになりました*それはそれはそれはそれは可愛いんですぅ~。

ところで、多動(すばらしいことですよね)のご主人さん、すごいですね。
きっと絵お上手ですわ。目に浮かぶようです。道具はこれ以外にもきっと
ばっちりそろえて、楽しんでおられるにちがいありませんね。

花や森や里山を描かれるとか・・・。
見るだけで、こころにマイナスイオンに満たされそうです*

いわさきちひろ美術館って確か信州?どんな展示でした?どんな感想
ですか?・・・と言ってまた呼びに行ってますぅ&

私も広告の裏や自分ノート(笑)に漫画書いてましたよ-。なあんだ、
みなあんさんと私、すっかり同じじゃないですか;

みなあんさんちって、カスピ海ヨーグルトといい、超マニアックな
ところといい、あるときはサティスファイサーで、バランスよく大人
で、またある時には、マキシマイザーで、おしゃれにまじめに生きて
らっしゃって、素晴らしくてあこがれます。。。

4大陸選手権そうなんですね~。もうスケートの点と線で生きてるって
言っても過言ではないくらい、テンションあがるし、人生学ぶので@
そして、シーズンもうすぐ終わるので(さみしー)、時々フィギュアの
放映時間に別のことやってて忘れるなんて、あるまじき大失態やらかすので、
(ほんとに何やってんだってはなしですよねー)かじりついてみなきゃです!

男子も女子も、日本は、いつでも楽しみで、夢を与えてくれますね。

ちひろ美術館

安曇野にもありますが、私が行ったのは練馬区石神井にある、彼女の自宅兼アトリエの跡地にあるほうです。
彼女の絵は「普通に好き」という感じですが、子供への愛情と平和への願いが込められた「戦火のなかの子どもたち」などには、とても胸を打たれます。

夫の趣味ですが、男の人の趣味って道具そのものへの興味も含まれているんですよねぇ~、きっと。
10年も続いている写真にしても、「写真を撮ることより、カメラそのものが好きなんじゃない?」ってくらい、売っちゃ~買い..を繰り返しています。
それはいいんですけど、散らかすのが困るんですよ!(怒)
整理整頓を旨として生きる私にはこれが絶えられないので、「この範囲に収める!使ったら元の位置に戻す!」などを厳しく厳命、じゃなく優しくお願いしています。

ところで、「呼んでもらえないとコメントしない」なんて、滅相もないですぅ~。
いつも申し訳なく思いながら感謝していますし、もちろんこれからも「呼ばれていなくても」勝手にコメントさせていただいちゃいますので、宜しくお願いしますね!

ってちょっと言ってみただけですぅ~。

雪はそちらも少しは降ったのでしょうね。

同じ関東圏に住んでいて、・・・何かあったら、・・・たとえば、
天変地異でも起こると、もはやみなあんさんは、私の大切なお友達なので、
呼びかけますし、いつも言っているように、ブログの記事にいつかのナノ
テクの時のように、大切な点を加えてくださったり、また、脳の分析でも
右脳左脳といった違った観点から、書いてくださったりしてありがたいし
、ほんと、今でも子分でいたい私です。。

これからも、ばんばん逆コメントしますから、・・・でも本当は、お体を
大切になさってくださいね*レスもコメントも本当に自由に@

だって、わたし、あ、今みなあんさん職場でもうそろそろカスピ海ヨーグルト
食べてるころだから、なんか書いて笑わせようかな~(みなあんさん、笑い
そうとうレベル上級なんでぇー緊張しますけどぉー)思ったりするくらいですもの*

4大陸選手権・・・誰が優勝するか楽しみだし、なんといっても世界選手権の
キム・ヨナ!・・・やはり彼女はただものではない(スケーターとして)・・ので、
どんな風に変化を遂げているのか、何を思って滑るのかとても興味があるんですよ+




塗り絵

こんにちは。

私は絵を観るのは好きですが、ほとんど
絵を描くことはありません。

しかし塗り絵には少しだけ興味があって
本だけは買いました(笑)。
(結局そのまま放置したままですが・・
^_^;)

一昔前は塗り絵と言うと、子供が遊ぶもの
と思われがちでしたが、今は大人も楽しめる
塗り絵本が沢山出ていますよね~。

さすが!!yukoedenさん、塗り絵に関しても
玄人さんのように色々とご存知なのですね。

道具に関して言えば、水でニュアンスの
出せる鉛筆があったりしますよね。
あれは画期的だなぁと思いました。

もしよろしければ、ブログにて完成作品を
公開して頂けたら・・と思っております。

>さすが!!yukoedenさん、塗り絵に関しても
玄人さんのように色々とご存知なのですね。

とんでもないです^^。調べて書いただけです。
以前の記事を発掘してくださって、恐縮です。


塗り絵は、本当にすごいらしいですよね。素人にも絵を描く可能性や喜びが与えられる
ような気がします。好きなタッチでかけますし、また、特筆すべきは、リラクセーション
や脳の働きにとてもいいようです。


>もしよろしければ、ブログにて完成作を
公開して頂けたら・・と思っております。

私は、本当に不器用で。。。思わず、笑うしかなくて;このブログに画像が少ないのは、
(動画やサイトを探すことはしますが)写真や絵画や芸術一般が得意ではなく、
どうしてもそこに気持ちがいかないのです。だから、見せていただいたり紹介していただく
ことは、とてもありがたいのです。

仕方なく、きらきらさせたりしてるのは、自分が退屈しないで書けるようにということと、
自分のやれること、やりやすいことでやっていくことがいいのだという(それしかできない)
あきらめからきた自分のやり方なんです。^_^;)

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。