絶望したら

もう終わりだと思ったことは、今まで何回かありました。

でも、その状態に慣れたり、状況が変化したり。

いつも思うのは、時間がたつと絶望から新しい展開が始まったり、

絶望している問題の別の面が見えたりすることがあるということです。

時間は必ず過ぎていくという事実。そのことは、希望も半分ふくんでいます。


それでもつらい時には、アルコールと飲み物を合体して、

酔っぱらわない程度にトリップ。・・・つらくないときでも・・・
カルーアというコーヒーリキュールにミルクを入れると
少しだけ異次元のおいしさ・・・。大人の特権。

日本酒にミルクを入れてもまろやかになり、おいしいです。

そういえば、紅茶にブランデーというのもありました。

お酒がだめだったら、梅ジュースもいいですね。

コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム