スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と脳

@さまざまな効果が期待できるハーブティーのブレンド
レシピがあります。

*個性の強いハーブもブレンドするとマイルドになって、

飲みやすくなりますし、体の悩みにも効果ありです&


<ぐっすりと眠りたいときに効くというブレンド>

ローズピンク1
リンデン  1
レモンバーベナ1/2

くせがなく、ふんわりとやさしい雰囲気のハーブティーです。

寝る前に飲むと、一日の緊張をやわらげてくれます*

さらに安眠効果を望むなら、枕元にラベンダーやレモン系の
ハーブをおくとよいかもしれません*

よく眠るって実は私もなかなかむつかしく、
子供のころも「昨夜は一睡もできなかった」という日が
あったような、なかったような。。。(笑)







+久しぶりに詩というものに目がとまりました。







*谷川俊太郎さんの詩



心よ

心よ
一瞬もじっとしていない心よ
どうすればおまえを
言葉でつかまえられるのか
滴り流れ淀み渦巻く水の比喩も
照り曇りひらめきかげる光の比喩も
おまえを標本のように留めてしまう


音楽ですらまどろこしい変幻自在
心は私の私有ではない
私が心の宇宙に生きているのだ
光速で地獄極楽を行き来して
おまえは私を支配する
残酷で恵み深い
心よ


という詩を、あるところで見かけて
ふーんと思いました。

私はあまり詩を鑑賞するタイプの人ではないけれど、
さすが、谷川俊太郎さんの詩は、考えさせられました。







*心って、「脳」ですよね。




脳って、神経細胞が電気信号を発していて、

目や口、腕や足などに指令を送っているそうです。

そして、脳内では神経細胞が1000億個以上集まり、

ほかの神経細胞とつながり合って、複雑な神経回路を作っている

といいます。

神経細胞が電気信号を発することを”発火”といい、例えば、

物を持ち上げるとき、脳の神経細胞は、どのように発火して

指令信号を腕の筋肉へ送るのでしょうか。

ものを複雑に操る場合、多数の神経細胞が発火し、その発火する

順番によって、情報が表現されるのか、あるいは、発火の時間間隔

が重要なのか、脳科学が進展した今でも、

脳がどのように情報を表現して処理しているのか、その仕組みは、

よくわかっていないそうです。






もう新しい年です*





+思いやり


+ガンバル。。。


この言葉についで、自分を育てられる”言葉”に出会って

いきたいと思っています。










コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。