スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いやり

年老いた親の面倒をみることほど

思いやりのある行動はないのかもしれません。

いつまで続くかわからないその仕事が

毎日続き、序じょに難しくなっていくような大変なことです。



このブログを始めてから、最初にコメントをくださった

森おばさんは、何人もの手がかかる子供達の世話に加えて、

ご主人の親ごさんの介護をしておられます。

これがどんなに大変か、そして、思いやりのある行動か、

完全にわからなくても、理解はできます。

毎日のことで、それはずっと続きます。

親は、歳を取るので、だんだん大変になるでしょう。

先が見えない、過酷な仕事です。

立派だとどんなにほめられても、毎日それをやらなければならないのは

森おばさんなのです。

森おばさんは、チャーミングで、音楽も美術もできる、教養豊かな方です。

その彼女の持った文化性が(そんな言葉はないのかもしれませんが)

彼女を「ご主人の親の介護」という最も思いやりのある献身的な日々

だけれど、とても難しいその仕事を

”自らいろいろと工夫し、乗り越えていこう”としておられます。

彼女のしてくださっていることは、つまりは、

「思いやり」なのだと思います。

本当にかっこいい方です。




*私は、生きることは、真実の追求(追究、追及、)だと
 思っています。
そうでなければ、生きていて楽しくないし、
苦しみや悩みに対峙し、対処することができないからです。


この記事の2つ前に、
”かっこいいって何?”
という記事を書いたら、カリフォルニアに住むヤブ姉さんから、
「かっこいいのは、”思いやりがある人”」というコメントを
いただいて、私にとっては、それが完璧な正解でした。
私が追求したいと思っている「真実」っていうのは
もうはっきり決まっていて、
それは、”愛”のことなんです。
愛は言い換えると”思いやり”ということです。






真実には、物事を”愛に即して”「真実に洞察」という
一面もあります。「事実をその通りに知り理解する」ということです。
これは、とてもワクワクする作業ですよ。
だって、ああでもないこうでもないって「他者」と語り合えるんです。
いっしょに問題を究明しちゃったりなんかします。
あ、そうはいってもやはり一人で自問自答が多いですけど。




私が常々”子分”になりたいと思っているみなあんさんは、

オリンピック金メダリストのライザチェックとスケートのショーで

引っ張り出されて踊らされそうになったり、羽生選手・・・じゃなくて、

今脚光を浴びている小塚選手と握手したりして、私のスケート話の

師匠ともいえる人で、日経新聞なんかを読んじゃうビジネスウーマンですが、

「アムネスティ」という国際的な人権団体のずっと以前からの賛助会員です。

スーチーさんが、解放されるように、ビルマ・・・あえて・・・でも今は、

ミャンマーと呼ばれている、その国の政府にハガキを出し、プレッシャーを

かけてきました。ハガキは誰でも、・・・私でも書けますが・・・、

みなあんさんが、良心的囚人を釈放するようにと要請するハガキは、

そうそう誰にも書けません。

人権が侵害されている人を洞察・・・というか、探し、発見し、

ぬかりなく、権力を責め立て、注視します。

そういう”行動”をナチュラルになさっておられ、熱いフィギュアファンで

闘莉王選手がいなくなって、淋しい浦和レッズの鬼?サポーター

でもあります。(ちなみに、みなあんさんは、当時はけろっとして

いましたが、やはり私が、にらんだとおり、闘莉王選手がいなくなった

レッズはこてんぱんの意味を知らされる試合を味あわされたそうです。

闘莉王さんの行ったチームは優勝されたそうですよ)



私は、みなあんさんに感動し、森おばさんや、
ヤブ姉さんと同じく多くを学んでいます。
真実とは何かということを語りあい、教えられています。
私は「子分」にしていただきたいみなあんさんのように
物事をすっぱり洞察して、行動することができません。
だから、くよくよどうすべきかと、考えこんだりします。




そんな私に、ヤブ姉さんから、3ヶ月以上前の
「問題解決能力」という今回の記事に似た拙文にも、
コメントをいただいていて、




「私はこの悩みってことにこんな風に思っています。

悩みには何かしらの現実(答え)があるんだけれど、

それが受け入れられない為に悩みになる。

現実は変えられないし、人も変えられない。変えられるのは自分だけ。

だから悩む中で自分が最大限にアプローチを変えていき、

解決方向を捜していく。時間がかかることもあるし。」

という答えをいただいていたのです。





どんなに医学が進歩しても人は死なないようにはならない。
人間は老化をして、自分もまわりも大変になる。
政府や専門家が、頑張っても円高の問題は、後手にまわる。
温暖化が懸念されても、日本が協定に今ひとつ後ろ向きになったり・・・、
”核拡散防止条約”があってもあてにはならず、
結局、ヤブ姉さんに教わった、

「”思いやり”を最大の条件にして、

悩む中で自分が最大限にアプローチを変えていき、

解決方向を捜していく、時間がかかることもあるし。」

ということが今の私の、

「問題をどう解決するか」という問いに対する

人間が出せる可能な限りの「真実の追求に対する答え」といって

ぴったりきます。これ以上の答えは今の私の中では見つかりません。







+土台が「思いやり」というところが、最高の真実でした。






悩みは誰にもあると思います。今なくてもいずれ、



たとえば、自分が重い病気や死を宣告されたりしたら、



私は、絶対悩みます。





・・・そこまでの悩みではなくても・・

「悩みとは、それを解決すべき術がないから悩みなのであって、
だからもう悩んでも仕方がないのだから、悩まない。」
と、ある人が言いました。
それはそうだと思いました。
慣れていく・・・ということがあります。
状況が変わる・・・ということもあります。
また悩みは人を謙虚にするかもしれません。
時間が答えを出すということがあります。
時間とは、まるで「生きているかのように」上手に生きられるように、
導いてくれるものだと思います。
何かを失えば、それよりもっといいものが与えられたり、
不足感があれば、人は努力をします。
その努力が、問題を解決に導くことはよくあることでしょう。
・・・音楽や文化を楽しめば、それは生活を潤します。
 現実逃避ができるだけでなく、ちいさなヒントや心のビタミンにも
なるでしょう。・・・・・・
時の経過の中で・・・・・いつも信じて、楽しみに・・・・・
よりよい答えを待って、私は生きたいと
思っています。
・・・それでも「人の死」や「普通に生きる権利が認められない」ような、
絶望的な悩みが人間の世界に存在するのも知っています。・・・・・



上記の文は、このブログで、今でも稚拙ですが、今よりもっと稚拙な文を
書いていた例の3ヶ月以上前の記事です。
この記事に対してヤブ姉さんが下さったコメントこそが、
もう一度繰り返すと、

「私はこの悩みってことにこんな風に思っています。
悩みには何かしらの現実(答え)があるんだけれど、
それが受け入れられない為に悩みになる。
現実は変えられないし、人も変えられない。変えられるのは自分だけ。
だから悩む中で自分が最大限にアプローチを変えていき、
解決方向を捜していく。時間がかかることもあるし」

という答えだったのです


そして、その記事には、「どんな時にだってティータイム」という
タイトルにのっとり、問題解決してくれそうな飲み物として、
「日本茶」を選びました。





聖書の中には、だれでも知っているように、
「求めなさい。そうすれば与えられます」という言葉があります。
この求めるという動詞は、この部分はもともとギリシア語で書かれています
が、継続することを意味している動詞だそうです。
つまり、求め続ける・・・ということです。




(自分の)「問題を解決する」ということに焦点を当てて考えてみて、

私が教えられた答えは、




「思いやりを第一として、問題にたいする最大のアプローチを常に試みる」
                           (求め続ける)



ということです。





@さて、多くの問題を解決してくれるパワーのある飲み物があります。


結構悩みに対応してくれる本当にすぐれものの飲料ですよ。




そのスーパー飲料を紹介しますね。
それは、なにを隠そう!「日本茶」です。
緑茶に含まれるカテキンやテアニンは、まるで、
”天然のスーパーな薬”のようです。



すごくよく、何にでも効くので、飲まないと損です。




1,日本茶にはビタミンCが豊富なので、ストレスを和らげます。

2,血圧の調整をします。高血圧にも低血圧にもいいです。

3,フラボノイドを含み、虫歯の予防ができます。

4,日本茶に含まれるビタミンCは熱に強く、抗酸化作用があり、
  
  老化防止になります。

5,抗ウイルス作用があり、かぜなどを予防します。

6,疲労回復にも役立ちます。

7,食中毒を予防します。抗菌作用があります。

8,出がらしを紙パックに入れて、お風呂に入れれば肌のかゆみが
  
  治ったりします。

9,抗ガン作用があるといわれてます。

10,脂肪分解を促進するカテキンが入っているので、

  ダイエット効果があります。



実は、まだまだたくさんありますが、書き切れません。
お茶はまちがいなく薬効があり、
お茶うがいは、風邪予防にまちがいなく有効であり、
風邪にかかってからも有効な働きをします。
     (うがいや、飲料として、薬のかわりという意味ではなく)








;ところで日本が抱える悩み、問題として、円高が進んでいます。

時代がもたらすこの厳しい事実・・真実・・・も洞察します。



この問題もある方々にとっては、深刻な問題・・・
なのだと思います。

とりあえず、円高だとどうなるのかを浅く知識として、
知っておきたいと思いました。
だいたい誰でも知っていることですが、
やはりそうだったのかという感じです。





「円高」の

原因のひとつには、アメリカとヨーロッパの経済状況が悪すぎると
いうことがあるようです。
アメリカではいまだに住宅価格が下げ止まらず、
雇用も悪化していて、さらに、政府の経済対策も心もとない面も
あるようで、良くない状況・・・日本だってそうですが・・・
ヨーロッパも、ギリシアに端を発した危機が、ポルトガル、スペイン、
ハンガリー、アイルランドへと広がっていて、大変な状況です。

現在、世界で商取引に使われている流通量の多い通貨は、ドル、
ユーロ、円で、ドルも不安、ユーロも不安というなかで、相対的に
手堅い円が買われているという状況だそうです。






+<円高にもメリットはあるそうです>






輸入品が安くなるからです。海外でつくられて日本で売られる
ものが安くなるだけでなく、実は国産牛、国産豚、豆腐、
うどん、魚、ビニール栽培の国産野菜などという、一見すると
関係ないようなものまで安くなります。

なぜなら、国内で育てられている牛や豚の飼料の9割は、
アメリカなどから輸入されているからです。
豆腐の原料の大豆や、うどんの原料の小麦粉なども、
9割くらいは、輸入です。魚を捕るために漁に出るガソリンや、
ビニール栽培で使う灯油も輸入品です。
ですから、円高は、海外から原料を輸入して国内で販売する会社
にとっては良い面があります。






が、しかし、一方で困るのが、輸出産業。





<円高のデメリットは>・・・?




外国に物を売る時には、円高だと売る商品が割高になってしまい
ます。日本の産業は、輸出に依存しています。その産業・・例え
ば車などの会社の調子が悪くなると、その場所の飲食店が流行ら
なくなったり、部屋を借りる人が減ったり、するそうです。関連
して、景気が落ち込むのは当然なのでしょう。

また、日本の産業の柱となっている企業には輸出企業が多いので、
こうしたところで、給料カットや、リストラが行われると、他の
産業でも給料が上がらなくなってしまいます。




ちなみに海外に旅行に行きたいという人にとっては、旅行の費用が
安くなりますね。
円高には簡単に触れただけですが、そういう時代の波のようなことに
個人のレベルではどうこうできないので、対応していくしかないですね。





だから、この円高の問題や、温暖化や、核兵器などのことも、


国の責任の位置にある人が、


思いやりを第一にして、問題に対する最大のアプローチを常に試みること


そこにある”真実や事実を洞察”し、”出来る限り賢明に行動”


をしてくださったらよいのだとわかりました!!


そして、個人的にも、どうしようもなくなったときにも、


”思いやり”という言葉を、最も大事な価値観にすればよいの


だと本当に教えられました。



























コメント

ヤブ姉さんへ



わざわざヤブ姉さんのメジャーなブログに行って、
記事に書かせていただいたことを書くのは、
とても恥ずかしいので、

ここで、お礼を申し上げます。

本当に価値のあるご意見を言っていただいて、
ありがとうございました。

みなあんさんへ

こんにちは。
書かせていただきました。

ね。比較的以前に闘莉王さんの話題をふったとき、
みなあんさん、それほど事の重大さを認識していなかったでしょ?

グランプリファイナルのショック癒えましたか?

森おばさんへ

今日はブログではなく、ここへコメントしますね。

本当に知恵と工夫で、明るく対処しておられることに
多くを学んでいます。

その中でも常になさっている「文化活動」
これからもいろいろと教えてくださいね。

鋭いですねぇ~

闘莉王のこと、すごい洞察力じゃないですか!
仰せのとおり、彼の抜けた穴を過小評価..いや、現状のチーム力を過大評価していたのかも?
ま、確かに認識が甘かったですね。
そして更に今週、最も応援していた細貝選手がブンデスのチームへ移籍というニュースがっ!
うぅ、グランプリファイナルのショックも癒えていないのにぃ~。(泣)

ヤブ姉さん様のお言葉、素晴らしいですね!
私も自分の軸の中心に、思いやりをしっかりと据えるように努力します。
少し前に、「”あなたのために言っている”という言葉には、結局相手を自分の都合のいいように変えようとする意図が見える。」という話を聞き、反省しました。
本当に生きていると悩みは尽きませんが、視点を変えたり、視野を広く持ったり、時間軸を長く取ったりして答えを求め、そしてもう一度、それは思いやりや愛から導かれた答えなのかを、自分に問いかけていきたいですね。

ところで、「子分になりたい」というお言葉がありましたが、滅相もない!
こちらこそ色々なことを教えていただき、更に笑いのほうでも最近は「やられた!」っていうことが多いじゃないですか。
私のほうこそ、師匠と呼ばせてもらう日が近いんじゃないかと楽しみにしています。

それと、あまりに褒められすぎて、身の置き所がありませんよぉ~。
身の縮む思いですが、wildroseさんと違って小柄じゃないので無理でした!

まだまだ笑い修行の道はつづきます。

みなあんさん、これからもその抜群の言葉の感度とユーモアのセンスで、
笑い道を切磋琢磨していきましょうね。(’爆”)
ところで、M1グランプリ今年で終わってしまうらしいですよ。
それでもナイツは残っていましたので、あの攻めの気持ちと笑いの求道者
という感じはすばらしいです。そして、競技に出る謙虚さも・・・だって、
そのとき入賞しないことだっって、ありますよね。実力があっても。

笑いはまあ私、たま~にヒットが出るくらいで、みなあんさんのように、
高い質の笑いのストックっていうんですか。それがいつでも、
すたんばってるわけではないから・・・。
まあ私は”小物”ってとこですかね;

みなあんさんは、そして、たぐまれなヒューマニストですよね。
そこが、私の子分根性を、くすぐってるんですよ~!

さて、女子の全日本たいへんなことになりましたね。
どうなるんでしょうか。
だって、グランプリファイナルに出た女子3人、もう世界の超トップスケーターですよ。
冬は寒いけど、スケートであったまる~。。@

どうしましょう。

私のような者に もったいないお言葉。
恐れ多く・・地球を二周くらいしたような旅に出ていました。(笑)
本当に・・私はそんな立派な人間ではありません。
yukoedenさんをいつかガッカリさせてしまうのではないかと内心心配です。
現時点で30パーセント減・・イヤ・・50パー減くらいで思っていてくれたら嬉しいです。残り・・これから頑張りますのでね。(笑)
ヤブ姉さんのお言葉・・私もタイムリーに身に染みました。でも・・自分から変わると言う事が頭では理解できても体がいう事をきかないような感じで、難しさも痛感しています。自我の我を捨てる。というのはまさに修行ですね。
自分と向き合う 自分を理解する。というのは結構自分の悪意を認識する作業で・・知れば知るほどこの山は越えられるのだろうかと・・思うばかりです。
越えたいと思っても 私は天使にはなれないと拒否ってしまうのです。最近観たトラン アン ユン監督の「アイ カム ウィズ ザ レイン」ですが・・キムタクが全編血みどろで痛すぎて多分監督の意図の半分も理解できていない私なのですが・・(笑) 人の肉体的精神的な痛みを自分の体に取り込んで人を助けるシタオ。まさにキリスト・・これが究極のそして極端な もしかしたら凄く単純明快な思いやりのパターンなのかと感じました。
絶対 無理。なんですけど・・(笑) そして人生は続く・・
心の旅は長いですよね。

今日の福島・・ 時々 小雪が舞っています。

何かがやれるから尊敬してるのではなく

森おばさん、今日も大変な中、真摯なコメントありがとうございます。

森おばさんが、この先もういやだ、私この生活できない!とおっしゃ
っても私は、森おばさんへの信頼と大好きな気持ちは全く変わりません。

だから、いつもその重責をになってらっしゃる森おばさんのために
静かに、願ったり、祈るような気持ちでいますね。

私達は、完全じゃないのだから、病気にもなるし、性格も不安定ですよね。
だから、その不安定さをここのテーマだった事実・・・つまり真実とうけ
とめて怒りたいときは爆発まではできなくても、不機嫌くらいにはなって
も仕方がないと思います。

でもそうして、気持ちの事実というものを自ら確認していくときに、
また時間の力や、他のことでのご褒美のようなこと・・・例えばお子さん
に励まされたり・・・があるのではないでしょうか。

そうして、森おばさんのままでいて下さい。
もし、もうだめ!と思うくらい疲れた時は、ご主人やお子さん達、そして
私達に訴えてくださいね。

今のままで、100点だし、今のままで、過ぎるくらいなので胸を張って
今のままの、(時々自分をもうダメと思うことも含めて)森おばさんを胸を
張って続けて下さいね。何度も言いますが、それを私に訴えてくださったら、
できることはなんでもします。できないながらも一緒に考えるし、
なんでも聴きます。森おばさんが、すごく大切で、大好きです。

みなあんさんへ

細貝選手残念でしたね。

ところで、以前私の姉や従姉妹達が「お仕舞い」で
はかまを着て ぴょんと飛び上がるところが可笑しくて、
でも笑うに笑えなかった体験覚えていますか?

笑いって奥が深くて、笑う・・・以上に笑うに笑えないっていう
わびさびの世界がありますね。(しみじみ~)

みなあんさんのリラックス論は?

おぉ~っと!

また見逃すところでした!危ない、危ない。

「お仕舞い」のお話しは、もちろん覚えていますよ。
子供らしい、可愛いエピソードですよね。
同じ「笑うに笑えない」でも、大人ならもう少しブラックなお話しになりそうです。
「わびさび」とはまた、なんとも高尚な..。
でも本当に笑いって、奥が深いですよねぇ。

私にはリラックス論などと言えるほどのものはないのですが、キーワードは「猫」と「無音」と、やっぱり「笑い」ですね。
猫と遊ぶ、猫で遊ぶ(おいおい!)、猫を撫でる、猫のゴロゴロを聞く、などは無条件でリラックス出来ます。
それと日中職場で雑多な音にまみれているので、夜は必ず「無音」の時間を作ります。(音楽を聴くときはヘッドフォンで爆音ですが。)
女優の長谷川京子さんも同じことを仰っていたので、ミュージシャンとご結婚された時には心配しましたが、大丈夫そうで良かったですね。
「笑い」に関しては、夫がやたらと笑わせてくれる人なので助かります。
ま、夫は時としてストレスの元にもなるので、夫自体をリラックスアイテムとしては認定出来ないんですがねぇ~。

No title

ご無沙汰していたら、びっくりしまいました!。私の言葉を真剣に考えてくださってありがとうございます。なんだか恐縮です。問題解決能力のお話では、きちんと最後までコメントしていない中途半端なコメントで失礼しました。

私自身が葛藤するタイプの人間で、一つ一つの壁にぶつかり、自分なりの納得する答えもしくは理論を探し出すまでに時間のかかる人間です。しかもその答えは普遍ではないので、常時葛藤というのが現状(笑)!!

なんだかこんな素敵なブログを立てていただいて本当にありがとうございます。

私もいろんな人にいろんな大切な言葉を頂いてきた人間です。同じ言葉でも自分の立場と人生の時点で随分意味の重さが違ってきます。こうやって出会えたのは時間と時点があったのですよね。これからも繊細な貴女のブログ心から応援しています。

ヤブ姉さん、コメントありがとうございます。

カリフォルニアは、今どんな気候なのでしょう。

ヤブ姉さんは、繊細で、常識人で、用心深い方でもいらっしゃると
思っていますが、世界をかけまわるアンティークのお仕事をして
いらっしゃることは、夢もあるし、お勉強や経験を積まれている
のであろうと同時に、本当に勇気がありますよね。

判定をし、それに値段をつける・・・もちろん複数の目があるの
でしょうが、とても勇気がいるのではないかと思います。

300歳まで時間があったらとブログにお書きになっていましたが、
質の点でそれは実現していらっしゃるのではないかと思いますよ。


私は、ヤブ姉さんに、本当にすごく助けられています。

これからもよろしくお願いします。
ヤブ姉さんは、「思いやり」という最高の価値観を教えてくださった、
最高に縁のあった方の一人です。


非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。