地球温暖化




後記・・・日本は未曾有の地震による津波と原発事故が起きて、
ここに書いたことは、まだ一年もたっていないわけですが、
どこか書き加えたり、書き直そうかとも思いましたが、
そのままにしてあります。




         





ティーパックもいいけれど、茶葉を使って紅茶をいれれば、
その淹れる作業も楽しくて、疲れがふっとんでくれるかもしれません。。
といっても特別むつかしいことではありません。



@ゴールデンルールがあります。。



;茶葉の量を正確に計る。・・・カップ一杯につき2グラムです。

;くみたての水を沸騰させ、100度の熱湯を使う。(水道水がいいんです)

;蓋つきのティーポットを使う。(カップとポット、あたためておいて)

;茶葉をしっかりと蒸らす(ジャンピングは細かい茶葉で3分大きな茶葉5分)



休みの日など、紅茶をちゃんと淹れて飲むと、ほっとするかもしれません@




寒いですね。それでも今年の夏は、熱中症になった方も多かったようで、




地球温暖化ってあるのでしょうか?





国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が出した最近の報告は、
地球温暖化が疑う余地のないもの、つまり事実であり、人間にその主要な責任
があることは、ほぼ確実である、としています。



これに意義を唱える人たちは、都市の大型化にともなって気温が上昇している
こと、またコンクリートや鉄には、太陽熱を吸収しやすく、夜になっても冷め
にくい性質があることは認めます。しかし都会での測定値は、農村部の状況を
反映しておらず、全地球的な統計値をゆがめてしまう可能性があるといいます。




アラスカ沿岸の島にある村の長老が仰るには、自分はこの目で変化を見てきた
といいます。村の人々は、カリブーや、ヘラジカを狩るため、海の氷の上を
わたってアラスカ本土に行きますが、気温上昇のため、昔ながらの生活は
不可能になりつつあり、「海流も氷の状態も、チェコート海の凍結期間も
変わってしまった」と述べています。10月末には凍っていた海が、
12月後半まで凍らなくなったそうです。





ニュージーランド・ヘラルド紙は「ツバルの73才になるある村人は、科学的
な報告などなくても、海面が上昇していることは知っている。子供の頃にあった
浜辺は消えつつあり、家族の糧となっていた穀類は塩水でだめになってしまった。
この村人は、2007年4月に家を離れなければならなくなった。大潮で、家が
水浸しになり、波が多量の岩や小石を振らせたからである」と述べています。
多くの人がこのツバルという島を去りました。






水温が上がって海水が膨張すると、海面水位は急激に上昇します。ツバルだけで
なく、オランダ、米国のフロリダのある部分、また、上海、カルカッタ、バング
ラデッシュの一部から避難を余儀なくされる人々が膨大な数に上るかもしれない
ということです。





温室効果を促す気体には、二酸化炭素、亜酸化窒素、メタン、水蒸気などがあり、
(とはいえ原因が分からない面もあるようです。物事は多面的に見なければなり
ません。温暖化がそもそもないという方もいらっしゃるということも知っています)



過去250年間に、温室効果ガスの大気中濃度は、著しく高まってきました。


専門家たちは、様々な方策を提案しています。


化石燃料による排ガスの規制、違反者にたいする罰則、より環境にやさしい


テクノロジーの導入などです。






個人的に私達が関われることは、できるだけエコといわれるものに、バランス





を保ちつつ協力することなのかもしれませんね。そして、緑・・森林の大切さ




も知っていたいと思いました。






@紅茶より、コーヒーがお好きだというかたも多いかもしれません。

前にも書いたことがありますが、コーヒーにミルクを入れるとき、

ミルクを50度くらい、(お風呂より少し熱く)にレンジで温めて、

ふた付きのビンに入れてふると、ミルクが泡だって、それをコーヒーに

入れるとラテ風になります。





;マイケルジャクソンは、生涯3億ドルもの寄付を恵まれない人達にした



;そうです。彼は、地球の行く末を大変、心配していました。



;ノーベル賞候補に2回なっていて、知る人ぞ知る・・ことだったようです




;寄付だけがすごかったわけではありません。例えばコンサートで世界中に




;行くと、病院や養護施設などを訪問し劣悪の環境を見ると、手をさしのべつづけ




;ていました。ルーマニアの施設の状態があまりにもひどく、これをなおさないと




;コンサートをしないと言って、24時間で、もちろん彼の援助により、




;その施設を作りかえたりしたそうです。




;ネバーランドだって、自分が海外に行っていないときでも、恵まれない




;親子を招待したりしていたそうです。





マイケルのEarth songという歌はとても素晴らしい歌で、

クラシックの歌手が、カバーしていたりもします。


ライブ 日本語字幕付き



Did you ever stop to notice

All the blood we've shared before

Did you ever stop to notice

The crying Earth, the weeping shores



君達は、かつて気づこうと立ち止まったか

僕達が共に流してきた流血の歴史(すべてを)

君達は一度でも気づこうと立ち止まったか

泣き叫ぶ地球、すすり泣く海岸を







(彼の音楽性がフルに発揮されている楽曲だと思います。私の知る
限りの最高のクラシック音楽にも匹敵するほどです!)






コメント

No title

ご無沙汰しています。

人間は物事を比較的短絡的に判断するので、地球温暖化のような大きな科学的変化を自身で感じられないと認められない愚かな生き物です。経験主義にのみに元ずくと狭峡的な視野しか価値観を形成できません。温暖化は確実な事実。人間の行動及び生存が主要原因。

アメリカでは未だに、温暖化を神様が許す訳がない、、、と本当に信じている人がいます。まあその程度の頭脳でも副大統領候補になれるのですから、開いた口がふさがりません。

なんだか辛口でした。私本人はもっと辛口です(笑)!

ヤブ姉さんスイスのルポ楽しかったですよ。

いつもカリフォルニアに暮らすヤブ姉さん!スイスは寒くあり
ませんでしたか?まじめなスイス人との商談など、スムーズに
進んだようで良かったですね。
レバノンにも行かれたりすることもあるんですね。
まさに世界をまたにかけたお仕事ですね。

国民性の違う場所で稀少品を発見し、なんと言っても確認し、支
払いまでしなくてはいけないなんて、なんとすごいことでしょう。
きっと辛口でなければやっていけませんよ。
きびしい「目」で選定し、鑑定しなければなりませんね。
マックス辛口でいても、ちょうどよいくらいだと思いますよ。

グアテマラ出身のお手伝いさん、ヤブ姉さんのことを中国人だと
思い込んでいらっしゃるんですね。(追伸として書かれていて、
筆も快調って感じでしたね!)

グアテマラの方にとっては、アジアのその辺イコール中国って
いう感じなのかもしれませんね。
日本を象徴するものってその方にとってあるのでしょうか。
NYでは、Japaneseは、イメージがテクノロジーって
感じでした。カリフォルニアでもそう思われる方もいらっしゃ
るのではないでしょうか。

ワイン畑。頑張ってくださいね。私楽しみにしてるんですよ。
だって、ワイン農家が連なるところだったり、伝統的に自宅で
ワインを作るような場所というのではないヤブ姉さんが、今の
生活をしながら、カリフォルニアのご自宅の裏でワイン作りだ
なんて、販売されるのであれば買いたいくらいです。。

それにそういう方は、世界中どこを探してもそんなにいないの
ではないでしょうか。

だからヤブ姉さんて、興味深いし尊敬もしています。
思い切りの良さと、その生活の中にあるときめきのようなものが、
見ていても楽しいです。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム