紅茶は、くみたての水道水で。


お茶のふるさとは、どこでしょう?

それは、中国。

世界の三大銘茶のひとつ、キームン。

そして、独特の香りのラプサンスーチョンなど

中国には銘茶があります。

<紅茶を美味しく入れるには>?

1、ポットを一人分と考えて、たとえば二人分だと、プラスポット分で、
茶葉三杯。・・・ティースプーンで。
2、 蓋つきのティーポットを使い、水道水を沸騰させてそれに入れる。

3、 しっかりとむらす。数分待つ。3分から5分・・・この間茶葉は、ジャンピングして 美味しい紅茶を産み出します。

<なぜ水道水>・・?

その理由は、ミネラル分が少なく空気を含んだ水が、紅茶の風味や香りを引き出してくれ

るから。


いつもと同じ茶葉でも丁寧に入れるだけでワンランク上の味わいになります。

梅雨も近いですが美味しいお茶があれば楽しく過ごせそうですね。


コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム