スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれの地中海クルーズ





               






* 魅惑のエーゲ海・地中海とエジプト・ギリシア・トルコ・古代文明クルーズ。

往復含めて15日間、地中海と古代文明ゆかりの地をゆったりクルージングで巡る。

全長333メートル。乗客3274名。乗組員数1332名の豪華客船。

成田から空路ミラノへ。ホテルに泊まりジェノバの観光後、10日間のクルーズ

を存分に楽しみます。帰りにミラノのホテルで再び泊まるまで、

あこがれのクルーズを、日常生活に差し障らない程度のぎりぎりの期間で、

豪華客船で船の旅なんて、とてもあこがれます。







豪華客船で地中海クルーズというと、とても高額な料金というイメージですが、

ホテルなみの部屋に宿泊なのに、スイートは倍くらいかかるものの、

往復の航空運賃やミラノでの食事やホテルの代金も含めて、全部で

30万円前後です。・・・内容を考えれば食事や添乗員がついていること、
(1月,2月,だからでしょうか。内側ツインは28万円位で、海側ツイン34,5万位)

そして、関西の、デパートや電鉄所有の有名な「交通社」の企画であって、
(この交通社は、旅行好きの叔母がいつもほめています。値段と旅の内容が良心的)

信頼できることなど、見るだけでもわくわくしました。
(生活に短期のこの陸地からの逃避という選択肢が有るということを知るだけでも)


往路
ミラノ、ジェノバ、
終日クルージング、船内イベント、
カタコンロ寄港、OPオリンピア遺跡半日観光、
クレタ島寄港、OPイラクリオン半日観光、
マルマリス寄港、OPマルマリス半日観光、
アレキサンドリア寄港OPギザのピラミッドとカイロ終日観光、
終日クルージング、船内イベント、
ピレウス寄港、OPアテネ半日観光、
終日クルージング、船内イベント、
シチリア島寄港、OPパレルモ半日観光、
チビタベッキア寄港、OPローマ半日観光、
ジェノバ、ミラノ、自由行動、
復路              (ミラノまでの往復は飛行機)


観光はオプションだけれど、考えるだけでも夢がひろがります。

エジプトでピラミッドも見られます。地中海の夕日のショーは毎日、

終日クルージングの日は、船内でイベント・・・うーん楽しみです!


怖がりの私は、飛行機のみならず船も怖いので、
(タイタニックなどを思い出してしまうので)
しかも、オプションを含めると、H交通社は良心的でリーズナブル
だとしても、費用もかさむので・・・、


生きているのがつらくてたまらなかったり、
人生どうでもいいと思うほど疲れたら、
命には代えられないので、費用や時間を調達し、
その時には、いつもほど命に執着しないだろうから、
その気持ちを利用して、船にのって旅をすることも
もしかしたら、いつの日か、あるのかもしれません。。。





@楽しそうな船、youtubeの動画で見ていたら、乗っているような気になれます。

全画面表示だと、本当に臨場感たっぷりで、クルーズ体験したようなうれしい錯覚




エーゲ海クルーズ1

西地中海カジュアルクルーズの乗船レポート







コメント

船の旅..

海が怖くて船酔いする私には難しいですが、色々な意味で余裕があるかたの、優雅な選択ですよね。
うちの両親が一度だけ行った海外旅行(ヨーロッパ)は、たぶんそのH交通社です。
新聞の広告を見て決めたらしいのですが、やはりほとんどが関西から参加されたかたで、札幌からはうちの両親だけだったとのことです。
でもとても良心的で良い内容だったらしく、楽しい思い出をたくさん作って、満足して帰ってきました。

N杯、終わりましたね!
真央さん、復活への道のりは長いのでしょうか..。
彼女は痛々しいほどに真面目なので、精神的な影響も少なからずあるのでしょう。
あぁ、私の図太さを分けてあげたいですっ!
村上さんは終了後の泣き顔が15歳らしくて魅力的でしたが、勝負強さは相当なものですね。
男子は日本人全員がクワド・トゥーループを決めるというハイレベルの戦いになりましたが、それぞれの個性が出た興味深い勝負でした。
私としては大輔くんがクワドを決めて優勝できたことが、何より嬉しいです。
アモディオ君のマイケルメドレー楽しかったし。(コリオとしては、マイケルのポーズそのままの部分があって、それはどうなの、モロゾフさん?と思いましたが。)
それにしても15歳の羽生君はその伸び代を考えると、怖ろしいほどに楽しみですね!

今日SOIの発券してきたのですが、北側の2列目でしたよ。
代々木は2度目なので詳しくないのですが、ブロックと席番号からすると遠目の位置かもしれません。
まあアリーナSSが取れたことには満足しているので、後は行ってみて「2列目が、前から2列目じゃない。」という、先日のようなことが無いように祈るだけです。

No title

地中海のクルーズ・・ロマンティックですね☆
飛行機は一度乗っただけで怖くて、それ以来、東京でさえ5時間かけても新幹線利用の私です(笑)
三半規管が弱いので船酔いも酷いし、専ら映画での優雅な旅で我慢ですが、憧れますね!

>生きているのがつらくてたまらなかったり、
人生どうでもいいと思うほど疲れたら、

私もyukoedenさんと同じく、それまでやりたくてやれなかったことをしてしまうかもしれない(笑)

昨晩、N杯のエキシビションを見逃していた私も、姉から電話で
「マイケルで滑ってる人がいるよ!」と教えられすぐにテレビの前へ。
アモディオ君の最後の方だけでしたが観ることが出来ました。

先ほど、ある方のブログでここ↓を教えていただき、競技の方もチェックできました♪
http://www9.nhk.or.jp/figure2/list.html?e=1

初めは Apologize で始まるのですね。
この曲もよくスケートで使われますね。私も好きです。
以前、リード姉弟もこの曲で滑っていましたね。

最近は娘が以前ほど熱中してないせいか、真央ちゃんが不振なせいか
うっかりフィギュアの放送を見逃しがちです。
真央ちゃんの不振は観ている側も辛いですが、焦らずきっちりと立て直して欲しいですね。
大輔くん、4回転お見事でした☆

みなあんさん、良い席が取れてよかったですね!
しっかり観賞できる席でありますように☆

楽しめました!

旅というのは映画鑑賞、音楽や読書、スポーツやスポーツ観戦・・・などのように、
現実逃避をさせてくれて、なおかつ、生きる力や成長も与えてくれるエンターテーメント
のひとつですね。ただ、まず時間の確保という問題があるので、理由がある旅とは違い、
船旅は本当に旅のための旅の筆頭だと思います。

生きていくことは、誰にとっても大変な事だと思うので、自分に合う楽しみや趣味
を探して、あくまでバランスよく、・・・取り入れることは良いことだとおもいますし、
実は犬の散歩という旅@!というのも、私にとっては毎日の楽しみだったりします。
みなあんさんも、可愛いねこちゃん4名でしたっけ・・・?家族として、気持ちを
盛り上げてくれたりして、飽きないし面白いですね。
本当に動物は、かっこいい!!と思うほど自由で楽しく、やさしいですね。

チケットはよかったですね。良い席には違いないわけだから、きっとその席なりの良さも
あるかもしれません。スピード感、すべる音、そして集中するスケーター達の緊張感や
息づかいなども実際に見てこその醍醐味ですよね。

4回転・・・やればできていくものですね。日本人男子全員成功でしたね。
やはり、結果(得点)につながるという理由はとても大きく、採点ルールの改正と、
これからのオリンピックまた世界選手権までの試合、そして何といってもグランプリ
シリーズでの実戦では、4回転がキーワードのひとつになりそうです。

シニア初お若い二人の潜在能力は大変なものですね。ショーを見て、ますますそう
思いました。ペアとアイスダンスも若いアメリカやカナダでも日本人が頑張っていて、
それも楽しみだと思いました。スケート王国の日本・・・それも多くの選手を輩出して
いる名古屋での、実りあるNHK杯でした。
同じく4回転を飛んで優勝した高橋選手が、私も印象に残りました。
真央ちゃんは、これからが、楽しみです。

すごいうれしいです。

実はみなあんさんに、今レスしようと思ったら、wildroseさんからの貴重な情報、
嬉しくてたまりません。早速少しのぞいたらすごいですね。
情報って、様々なジャンルありますけど、本当にネット社会の功・・・の最たる
ものだと思います。病気や危険の情報公開や交換・・・など、正確さをチェック
することもネットでできることや、こうして、心温まる交流ができていることも含
めて、本当にネット時代の科学とシステムに感謝です。
海外との距離もぐっと縮まりますね。

私も九州には、新幹線で5時間で行けてしまうので、国内で飛行機は使いませんが
学生の頃などは、あまりよく考えずに、安い割引チケットが取れると、飛行機の方が
安いという理由だけで、帰省するときに、乗っていたので今考えると、ラクでした。(笑)

マイケルの音楽ですべったアモディオ選手、マイケル効果とモロゾフコーチの息が
かかったすてきな滑りでしたね。
Apologizeは私も好きな曲です。ワンリパブリックの曲ですね。
この方よくアメリカンアイドルのゲストで出ますよね。
弾き語りで歌うこの曲は、とても心弾かれる歌だと私も思います。

私が高校に勤務していたときに全国でバレーボールがトップを争うようなチームの
指導をしている先生から興味深い話を聞けたことがあって、
最初に負けることを怖がらないで、やっていくとそこから驚異的なゲーム
運びができるという目からうろこの話でした。もちろん基礎と訓練と能力あっての
話です。強豪同志の試合の話でもあります。慢心しないという意味も持っていますね。

それは、ひとつの試合の中で、逆転勝ちという流れのリズムを持っているチーム作り
で、試合の流れに絶対の自信を持っていたので、スポーツの深さを感じました。
真央ちゃんは、これまでも、塗り絵をするように確実に濃くしていける選手だし、
私が感じる真央さんの個性は、本当にスケートが大好き!ということなので、
できるまで、頑張るのではないでしょうか。とにかく努力をし続けると思います。

スポーツからも本当にいろいろと教えられますね。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。