スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルスト惑星「ジュピター」

木星「ジュピター」はハードロックが好きな人は好むかもしれないと思います。

ジャーナリストやお医者さんなど、ぎりぎりのところでお仕事をしている方の

好きな音楽が、円熟期を迎える年齢の方であっても

アグレッシブな「ハードロック」と答える方が何人もいらっしゃいます。

こう答える方が何を聴いているのかが気になります。






その人にとってのハードロックとは人によって違いはあるかもしれず、

これはハードロックだと私が感じたのは、(違うかもしれませんが)

Sum41やリンキンパークなどは、そうなのかなと思っています。

とても爽快感があって、スピード感もあります。ボンジョビやドートリー

も浮かびました。・・・悲しいかなこの分野はよく分かりません。






そういえば、日本が誇るまぎれもないハードロックのグループがあります。

ずっと売れに売れて、アジアで始めて、ロックの殿堂入りをしました。

すごい人たちが名を連ねている「ロックの殿堂」入りの授与式で





B`Z(ビーズ)はアメリカまで行きました。





もやもやしたものを吹っ飛ばしてくれる効果がロックにあるのだとしたら、


ホルストの「惑星」の4曲目のジュピターは私にとって同じ効果があります。


ベートーベンの交響曲第5番運命やイギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した
 

管弦楽のための行進曲威風堂々もロックのような起爆剤になってくれます。


「運命」は、運命ポップヴァージョンがとても聞きやすい!



ジュピターは、がんがん飛ばしてとてもかっこいい音楽です。






とても有名な曲でよく知られていますから、聞いた方は

そうでもないと(ロックが与えるものとは違う)思われるにしろ、

クラシックの曲として聞いてみても、やはり鼓舞してくれる曲です。




スピード感と爽快感とがんがん来る感じがすごくあるのです。






<現在、世界の約60カ国で栽培されているコーヒーのほとんどは、赤道を中心に南北25度
までの間にあり、コーヒーベルトと呼ばれています。生産国によって特徴があり、
好みやその時の気分によって飲み分けたら楽しいかもしれません。>




コメント

非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。