スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リピカ

かつてNYで主人と私が住んでいたアパートは癌の研究センターの
社宅のようなところで、アパートまるごとそこの人たちでした。
(NYでも狭いマンハッタンはほとんどアパートが住居ですが、マンションという呼び方は
 あまりしなかったように思います。・・・あるのかもしれませんが・・・)

夫は実験で、夜中まで仕事をしたりすることがあったので歩いていける場所に、
豪華なアパートとは違う、機能はあるもののドアマンのいない
簡素なアパートをその勤務先は用意してくれていました。
よかったことは、その癌センターがマンハッタンの東のほぼ中心にあるので、
アパートも買い物などに困らない便利な場所で恵まれていたことです。
家賃の高いNYですが、住まいはアッパーイーストといって勤務先から
10ブロックと少し上に行く治安や環境がとても良い場所でした。
(それでもNYは「比較的」安全な所です。)


そのアパートの住人は、6,7割くらいがアメリカ人で、アメリカ国内から来ていて
あとは、ヨーロッパや他の国々から来ているようでした。

私達が住んでいた部屋の向かいにインド人のご夫婦が住んでいて、
気さくに声をかけてくれたり挨拶をしたりするうちにとても仲良くなりました。


その奥さんの名前はリピカといいます。10歳くらい歳上のご主人の仕事について
NYまで来たのです。

大学に行っていた彼女は、20歳そこそこという若さで、自分が数学を研究しながらも
数学の基礎をその大学で教えていると言っていましたが、たとえ基礎であってもその若さで
教えているというのは、なんのことかよく意味が分かりませんでした。

ある時、彼女が通っている大学につれていってもらいました。
研究室のようなところで、歳上の人たちとディスカッションをしている彼女を
見たとき、この人は、ほんとうに数学のプロなのだと知りました。
よく訓練を受けたとても才能のある人だという印象でした。


インドは、ITや、数学の先進国だと聞きます。
彼女は、たしかに数学の専門家だったのです。

家事が苦手な私とリピカは、あまり片づいていない互いの住まいに
遊びに行っては、テレビを一緒に見たりして、そのとき人気だった
ドラマについて盛り上がったりしました。

とても普通で、とてもかわいい人でした。











コメント

No title

ところでyukoさん、NYへはご主人のお仕事で?

優秀なインド人の方がアメリカは多くなりましたね。必ずアカデミックな社会や、医療界、企業のトップレベルにはインド人の方がいるのが通常になリました。本当にここ10年ぐらいのことです。
勤勉で顕著な方が多いですね。

ニューヨーク!

ちょうど25年前のクリスマスシーズンに、友人と二人でニューヨークとワシントンへ旅行しました。
お決まりの名所巡りも楽しかったし、ブロードウェイでの「CATS」鑑賞、WTCからの夜景など、素敵な思い出です。
なので、9.11は本当に衝撃的でした。
私が踏みしめたあの場所が、たくさんのかたを巻き込んで崩れ落ちたなんて..。
でもいつかまた、是非行ってみたい街なのです。

外国で暮らして、その国以外のかたとも親しくなるなんて、とても素敵です!
知的な目的や夢を持って集まって来たかた同士の交流は、得るものが多いのでしょうね。
リピカさんも時々yukoedenさんを思い出して、微笑んでいるのではないでしょうか。

ところで羽生君のこと、さすがスケオタのyukoedenさん、お詳しいですね!
私は大輔くんやステファンのように柔らかい表現が出来て、しかも踊れる人が大好きです。
羽生君もあの年齢で、既にそんなスケーターの一人ですよね。
少し前に津軽三味線のことを書かれていらっしゃいますが、彼が吉田兄弟の「チェンジ」で披露したEXナンバーはカッコよかったですねぇ。
EXナンバーでは、みなさん色々な冒険をしてくれるので、毎年とても楽しみです。

ヤブ姉さん

はい、私もリピカと同じく主人について行きました。

インドは独特の数学の(そして多分ITも)教育プログラムや
システムを持っているのかもしれません。
子供でもかけ算が九九だけでなく、数桁を暗算でできたり
することもあるようです。

(日本の高校生も数学オリンピックやその他物理などでも
金メダルを取る世界でトップレベルにいくような優秀な
生徒が毎年いますね。)

数学や物理(・・・その他化学など・・・)は、あるところまで、
勉強すると新しい解法や発見のようなその人独自のセンス
のようなものから新しい領域にまで発展する楽しさがあるの
かもしれませんが、インドは、その基礎の分野の教育システム
がユニークな面もあるようです。国民性も勤勉ですね。

日本は今年は本当に暑くて大変でした。
やっと少し涼しくなってほっとしています。

みなあんさん

NYは元気でやさしい街です。
老若男女、お金があってもなくても楽しめる良いところです。

一つ残念なことは、東京もそうですが、マンハッタンは
狭くて都会なので、地価が高いせいか家賃やホテル代が
高いということです。
でもだからこそ楽しい面があるのかもしれませんね。

私みなあんさんが、いつも一列目や選手とふれあえる席で見られて
いることが、自分のことのようにワクワクするんです。
その席を取ること自体がマジックだからです。
昨期はオリンピックシーズンだったので、私も発奮し、何回か
見に行こうとしたのですが、どう努力しても、チケットがあっても席は後ろ
ジュニアのショートプログラムなどしかとれませんでした。(それも楽しい
かもしれないんですけど。)
どうかみなあんさんのその企業秘密(?)を固く守られてその特権を
楽しんで、報告してくださいね。私はテレビでのウオッチャーで頑張ります。

そう、私がフィギュアを愛してるのは大変なスポーツであると
同時に踊りであるからなんです。羽生選手は、津軽三味線で演じていましたね。
彼はプレッシャーより、スケートをのびのびたのしんでいることが伝わってきますね。
また自分で工夫する余裕もありますね。

ニューヨークの思い出。

ニューヨークには私も16年前新婚旅行で行きました!
と言うほど豪華ではなくできるだけ費用は安く上げたい私たちは夫の友人を訪ねたり その友人の友人・・と身内巡りでしたけど・・観劇もオフブロードウェイ (ちょうどブルーマンが流行っていたので)に行き アポロシアターデ音楽を聴きました。yukoedenさんのように住人として過せたら素晴らしいでしょうねー。
みなあんさんはクリスマスシーズンに行かれたんですね。
私はディスプレイの仕事をしていたので同僚が参考にちょうど時期をあてて行ったり 在住の方にウィンドウの写真を沢山撮って送ってもらったりしていたので一度はその時期に行きたかったけど行けなかったクチです。
ニューヨークの印象ですがまずヘタでも私が英語を使って話をするととても敬意をはらってくれてたなーという感じ・・
夫がドラムをやるのですが特に音楽はオリジナルという事に重きをおいていてフレキシブルに受け入れてくれたなーという感じ・・どちらもこの国の人の最大のいい所だと認識しています。
話は変わりますが・・フィギア。皆さんがあまりにも玄人なので恐れ多くて好き。と告白できずにいたのですが・・
私もテレビ中継の時は完璧観てます。(笑)そのわりに
知識が薄いのが申しわけないんですけどね。
それが証拠にすぐ名前がでてこないんですけど・・
バンクーバーではコスチュームにバラがついててガラスのハートの人 ルックスは王子。(笑)
数年前からチェックしてるのですが・・
このところの演技が停滞しているようなので残念です。バンクーバーではライバルのライサチェックに大きく溝を開けられてました。長く続ける事も大変ですよね。

森おばさん

森おばさんすごすぎます。
私達の尊敬してやまないだいすきなwildroseさんを
めぐる絆はやはり驚くほど素晴らしいものでしたね。

コスチュームにばらですか?
それは気づきませんでした。
ジョニーウイアーかもしかしてプルシェンコ

toみなあんさん 多分ジョニコですよね。
彼は素晴らしい選手です。天才といっていいかもしれません。
フィギュアスケート界に欠かすことができない選手です。

NYはクリスマスシーズン確かにすごいです。
ロックフェラーセンターや街のイルミネーションは
まさしくただで見られる(笑)超豪華なものでした。

アメリカは新しい国で寛容な国で温かい国です。
本当に夢と希望とエンターテーメントに満ちています。
しかもいろいろな国の影響を良い意味で受けているのが
楽しくて面白いのです。

アメリカンアイドルとアメリカンダンスアイドルが大好きな
wildroseさんもきっとフィギュアスケート大好きで詳しいと
思います。これからフィギュアのシーズン私達意外な方向に
盛り上がりそうですね。

たぶん、ジョニコでしょう!

yukoedenさんの仰るように、バンクーバーで薔薇といえば、キスクラで薔薇の王冠と花束に包まれた、
ジョニコことジョニー・ウィアー選手だと思います。
美しい王子のような外見、ここ数年アメリカ男子のトップをエヴァンと争い、
私生活や発言がマスコミを賑わし、一般ファンの印象よりジャッジの得点が低い彼..。
とにかく優雅に舞うかたなので、私も大好きです!
レディー・ガガのポーカーフェイスで滑ったEXナンバーは、とても幻想的で衝撃でした。
ショーで生見したときは「白鳥」だったのですが、それはそれは美しかったですよぉ~。
終了後のファンへの接し方も、とても好印象でした。
まだまだ続けてほしいし、日本へも来てほしいですね!

それにしても森おばさん様と、NYについてまでこんなご縁があるとは驚きですね!
wildroseさんには、感謝してもしきれません。
なるほど、ディスプレイのお仕事をされているかたにとっては、街全体が見本市かも!
メリル・ストリープとロバート・デニーロの映画「恋におちて」をご存知ですか?
ニューヨークを舞台にクリスマスの偶然から始まるお話しなのですが、
一緒に行った友人も私も大好きだったので、二人が出会ったリゾーり書店を訪ねたりしました。
ああ、なんだか四半世紀も前にタイムスリップしたようで、すごくウキウキしちゃいます!

あ、私これから数日間、ネット環境が無い実家に里帰りします。
戻ったらまた、寄せていただきますね!

No title

やはりジョニーウイアーですね。
印象に残る選手ですよね。
オリンピックのショートプログラムとても素晴らしかったのに
得点がのびませんでしたね。
ふわふわな感じの衣装での優雅な滑りと、コーチが変わって、
新境地も開拓して、勇ましい感じの要素も加わりましたね。

みなあんさん帰省されるんですね。このコメントが
間に合ったらいいんですけどお気を付けて
いってらっしゃい。

皆さんありがとう!

さすが!です。ジョニーウィアーその人です!
つうの間ではジョニコというのですね。(笑)
過去に彼の特集番組を見てその美しいルックスから予想できないほどの精神力の強さを知りますますファンになりました。 その滑りがあまりにキレイでため息がでます。
ジョニコ(早速マネですが・・)を確認するためネットを検索していたのですが・・私はいったいいつ頃から意識してフィギアを観るようになったかを思い出していたら・・
なんと長野五輪でした!キャンデロロが今まで見た事のないようなフリーをした時からです!美しいというよりは・・ロックでしたね。でも衝撃的で・・ちょうどヤグディンが帝王時代です。
時がたつのは早いですね。胸がスッキリしました。
皆さんありがとう!またいろいろ教えて下さいね。たのしみです!

No title

ジョニーウイアーの滑りは彼独特の世界というか、
誰もまねができない繊細さで魅了されますね。

森おばさんは本当に以前からフィギュアがお好きだったんですね。

私は、スケートリンクの氷や、スリリングなスケーティングやスピン
きれいなコスチュームや、アクロバティックなジャンプ、
音楽を選びそれぞれのスタイルを追求していくフィギュアスケート
が好きです。なかでもジャンプは心躍ります。

でも以前高橋選手や浅田選手が生まれ変わってもやりたいですか
という質問にだまって考え込んでいるのを見て
真央ちゃんですらそうなんだとスケーターの大変さを感じました。
私達に鑑賞の喜びを与えてくださってありがたいなあと思っています。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。