スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抹茶 * NHK杯「仙台」 * ウミガメのナビゲーションシステム








12月1日 追記



今まで、各国でグランプリシリーズが行われてきましたが、

もうすぐ、ロシアのソチでファイナル。

冬季オリンピックが開かれる

次期冬季五輪開催地ロシア・ソチは準備着々短い動画





ムソルグスキーは、ロシアの作曲家@


ムソルグスキー 組曲《展覧会の絵》








同じくロシアの作曲家によるこの音楽は、

フィギュアスケートで、よく使われる。

ロシアの冬季オリンピックでは、聞くことになるかもしれないです。。。

すごくドラマチックな曲ですし。


リムスキー=コルサコフ 交響組曲《シェエラザード》より


  

コメント欄のコメント


「冒険をしているような気分になれるのがこの曲の魅力だと思います­。

良い曲ですよね!!」












                 





Rising_Yoshida Brothers
吉田兄弟の三味線



津軽三味線 疾風(覚醒)

吉田兄弟の弟、吉田健一プロデュースの津軽三味線ユニット「疾風」。







          


抹茶、美味しいですよね





抹茶は茶道と堅苦しく考えないで、

茶葉の栄養素をまるごと美味しくいただける栄養のあるお茶として、

簡単に点てる方法がありました。 





この方法ならお茶を習ったことのない私でも、

茶筅があれば簡単にできます。。。






抹茶はダマにならないようにあらかじめ茶こしなどで、ふるっておきます。

この「ふるう」ことがコツのようです。




ふるった抹茶2グラムに常温の水10ミリリットルを注ぎ、

茶筅でよく練り合わせます。水であらかじめ練っておくのが、

ダマにならない二つめの工夫です。

「水で練る」がコツだとは!





これに50ミリリットルの沸騰したお湯を入れ、一気に点てていき

片方の手で、茶碗を支え、すばやく泡立てていきます。

と、いうことです。






抹茶は、日本だけの飲み物です。簡単に点てて気軽に楽しめたらいいですね。


以下に一応、略式の抹茶のいただき方を書いておきます^^。





1,あいさつをし、右手で茶碗を受け取る。

2,左手の平の上で、時計まわりに二回まわす。

3,三口半を目安に飲みきる。

4,指で飲み口をふき、その指を紙(あれば懐紙)でふきとる。

5,茶碗を反時計まわりに二回まわし、正面へ戻し、
  
 茶碗を出された場所に置き、「おいしくいただきました。」と

 あいさつをする。・・・・・だそうです。







      




いよいよ、グランプリシリーズ大詰め@NHK杯


日本人男子、バランスのよい町田選手や、フランス大会での無良選手の

4回転の鮮やかさには、驚きました。二人とも優勝しましたね。

小塚選手も優勝して。。。、

そして・・・・・、NHK杯

本当に、また、男子も女子も、

1.2フィニッシュ。

羽生選手は、いつも、すごく、アグレッシブで、驚くけれど、

その言葉の通りの活躍で優勝。

転んだり、演技がとまったりしても、

誰かが語っていたけれど、

それが、演技の流れのなかにあるとさえ@

誠実な、日本人選手たち。。。。。

高橋選手も真央ちゃんも、鈴木選手も、それぞれ納得の演技ができて、

ショート、フリーの出来、不出来はあったとしても、

本当に、良かったです。











すばらしかった・・・・・、というか、
4回転は、得意だそうです。。個性いろいろ。。。



Takahito MURA EX (+encore)
フランス大会で、堂々の優勝だった無良選手の超素敵なエキシビション。

音楽は、ブルーノマーズの
Bruno Mars - Talking To The Moon ですね。






                  



インタビューで、あの高橋選手が、オリンピックに行けたら

メダルが取りたいと、語っていますが、それは謙遜だとして、

でも、本当に、来年、どの選手が行くのか、どうなるのか。。。





     




日本大会出場選手

NHK杯フィギュア。 全番組予定


11/25(日) 15:05-18:00 EX【生】BS1
11/25(日) 21:50-22:40 EX NHK総合





インタビューがありました。。。


17歳 高みへ! 羽生結弦
どんなことにも、へこたれない~!

高橋選手のインタビュー記事
ものすごく冷静に考えてる~!


真央ちゃん、鈴木選手も、ファイナル出場決めてくれました。

男子は、小塚選手、町田選手に、羽生選手、そして、

もちろん高橋選手。。。。4人も*




このフィギュアのブログ  このブログこっちのブログに感謝です。

エキシビションまで、いちはやく、詳しく、伝えてくださいます。この方も*






      
  






ウミガメのナビゲーション・システムはすごいそうです@

カメは、ゆっくり歩くイメージしかないけれど、すごいんですね!!




ウミガメは餌場である海から産卵場の浜辺に戻って来るそうです。
研究者たちはウミガメのこの回遊を、「動物界に見られる驚異」と描写しています。
これまで何十年もの間、この生き物は研究者の興味を引きつけてきたそうです




雌のカメは2年から4年おきに浜辺に上陸して卵を産むそうです。
一つの穴に100個ほどの卵を産み、砂をかけて隠し、卵が孵化すると、
子ガメは海に向かって進むそうです。それから驚くべきことに,合計1万3,000㌔
にも及ぶ旅に出て、何年かすると、成長した雌のカメは産卵のため、
ふるさとの海岸に戻って来るそうです




ウミガメはどのようにして方位を定めるのでしょうか。
「言うなれば地磁気地図が遺伝的に組み込まれているらしい」と、
米国の生物学者は言います。
これは「ナショナル・ジオグラフィック・ニュース」が伝えたものです





研究の示すところによれば、ウミガメは地磁気の強さと方向を探知することによって
自らの位置を特定できるようです。こうした驚異的な能力があるので、
無防備で小さな子ガメは、大西洋を回る1万3,000㌔もの旅に出るそうです。
「他のカメのあとを追ったりせず自力でそうできる」そうです。




この間、鮭がこの亀と同じように、150キロ海から川をずっと泳いで、

たどりついて、産卵する場所を、見に行きましたが、

不思議さに驚き、感動しました。いきものはすごいですね。









ところで、






グランプリシリーズのファイナルに向けて、

最後に日本で行われる大会は、「仙台」です。

緑が多くて、本当に素敵な街。

フィギュアスケート発祥の地であり、荒川さんや羽生選手の出身地。

昨年、たまたま、仙台で、ここからフィギュアスケートが始まったというか

日本で一番に伝えられた五色沼という池を、

偶然通りかかって見たときは、感激でした。




昨年末の、すごく美しかった(今年も12月7日~12月31日)






仙台光のページェント
     仙台光のページェント


IMG_0537_convert_20120618075353.jpg
そして、大好きな仙台の大通りの緑。




今年の東北:仙台の様子

撮ってきた写真と、自分で演奏したブルグミューラーのピアノ曲
(できるだけ、人物がうつらないように、早朝撮りました。
 「前へ」・・・という文字の旗;が、見えます)
スターバックスが写っていますが、仙台は、アーケードがたくさんあって、
とても、おしゃれな街です。







それでも・・・・・、






仙台から、車で30分の海岸沿いは、







以前も記事に、その場所の写真を載せていますが、
もう一度。。。。。





IMG_0472_convert_20120618075051.jpg
海辺の近くの小学校。ここは、屋上に逃げた方の命を救った場所。
IMG_0480_convert_20120618074711.jpg
こんな威力とは。
IMG_0489_convert_20120618074853.jpg
残されたご家族の悲しみを思い、かなしみを共有できたらとおもいます。
IMG_0512_convert_20120618075226.jpg
ほんとうに、ひどい、津波のあとです。







お願いします。

     

 復興支援クリック募金



ふんばろう東日本支援プロジェクト
お金も時間も体力も要らずにできることが探せます。 



福島ひまわり里親プロジェクト





     





12月1日付け
 Billboard Hot 100 - 最新のTop 50 Singles (12/01/2012)  






コメント

抹茶。大スキですが、なかなか飲む機会がないです。
略式のマナーって知っているといいですね~。
まったく知らないヒトからすると、
「なぜ茶碗をまわすのか」とか分かると覚えやすいかもです。
※わたしはマナーに詳しくないですが A^-^;)

仙台などとてもいいところのようですね。
ネットをはじめた頃に仙台の事を知って、
「こんなに都会なんだ!」とビックリした記憶があります。

スターバックス。コーヒー好きなのに
まだ1度も行った事がないです。注文が怖い (ノ_・。)

>仙台などとてもいいところのようですね。

そうなんです。私は、日本にこんなに素敵なすごいところがあるのだと、
本当に、気に入っています。
仙台には、実は、休みを利用して、一泊や二泊で、
しょっちゅう行ってますが、ほとんど、
行く楽しみが、食べ物や、街並みになってきています。
だから、仙台を中心とする(岩手の一の関は、NT市にそっくり)
素敵な街に、どんどん人が、訪れてほしいです。

アーケード、街の緑など仙台は、スターバックスがこれほど似合うところは、
日本のなかでも、数ある素敵ななかでもトップクラスだとおもいます^^。


抹茶は、実は、私の飲み物の嗜好のうちで、最も好きかもしれないです。

苦味と風味と、ミルクをいれたり、少し甘くしたり、こんなに素敵な飲み物は、
日本にしかないですよね。
実は、スターバックスでも、抹茶ラテとか、抹茶関係のコーヒーとは関係ない(コーヒー
もちろん好きなんですが)飲み物を、頼んでいました。
普通の抹茶も好きですよ~。

略式のマナーでも、知っていると、いいですよね。
またまたブログのおかげで、知って確認できました!

こんばんは♪
お抹茶を略式でささっとたてて飲めると
粋な感じしますね(*^_^*)
あの苦みがたまらん!
学生の頃、作法の時間で数回飲み方を練習したことあります。

フィギュアも、日本選手が素晴らしすぎて
目が離せませんね!
でも同時にお気に入りの海外選手も
頑張ってほしいな~と(笑)
ぜいたくな悩みです。

>フィギュアも、日本選手が素晴らしすぎて
目が離せませんね!

(^▽^)本当です。

今のところ、ショートプログラムが終わって、真央ちゃん今季最高得点、
羽生選手またこの間の歴代最高を更新して、かっこいい滑りでした。

もちろん高橋選手も鈴木選手もフリー楽しみです。

抹茶は、苦味が美味しいですよね!

甘さや、おいしさのなかに、苦味も大切とは~。
味覚というものにも、驚きますし、感謝です。。。

外国の選手は、どなたがお好きなのでしょうか。
私は、今は、プロになってしまったけれど、まだまだ競技にすぐにでも出られると
思っているジェフリーバトルさんが好きですし、パトリックチャンさんは、
大活躍をしていますが、良い選手で、おおらかな選手ですね。

抹茶をもっと遊びましょう

「お抹茶」よく飲みますよ。
ちゃんと習ったことはありませんが
祖母が表で、家内が裏、娘は表で、僕は自己流?
というわけで、結構デイリーに
和菓子とお抹茶が出てきます。

僕はよく「お遊び」で、テーマ(趣向)を決めて
<ナンちゃってお茶会>をするのですが
「趣向」って言っても、海外のパーティーなどで
今日は「お月様」と言うテーマで集まりましょう
などと言うのと同じですから
別に大袈裟に考えなくてもいいと思います。

料理にしても「向付け」とか「酒肴」「八寸」
なんてワープロ打ちしておけば
そこら辺のお惣菜も、ちょっと気が効いて見える
から不思議だし、お酒も美味しい。

お酒にしてもワインがあってもいいし
チーズとスモークサーモンの「強肴」とか
欧風アレンジの「椀物」や「焼き物」があっても
楽しいんじゃないかと思います。

お茶の点て方や飲み方などは
盆点前、テーブル点前なんてのもありますから
まぁ適当で構わないと思いますし
そのルールにしたって、利休の時代には
「面白し…」なんて事で出来上がったもの
だと思いますから、それが絵になって、
楽しければいいんじゃないかと思います。


フィギアスケート…解説されていた、
伊藤みどりさんの頃から見てましたが
最近では、その技術や芸術点の高さはもちろん、
シルエットだけ見ても世界に
決して負けないようになったんだなぁ…と、
感慨深く観ておりました。


>癌ダム4G様。

まるで、記事のような、勉強になる、そして、あたたかいコメント
ありがとうございます。

奥様や、お嬢様、ご親族の、素敵なお茶会や、楽しいひとときが、
伝わってくるようです。


日常の暮らしをパーティーにするっていいですよね。
ふつうの御飯でも、遊び心でパーティーになりますし、
お茶の時間は、紅茶でも、クッキーやスコーンがあって、
フルーツやヨーグルトとジャムがあれば、ヘルシーな、ちょっと
なんちゃって英国風なティータイムができる
ような気がします。

シンプルでも、ていねいな、ちょっとした工夫があると、いいですね。


フィギュアスケートは、荒川さんが、オリンピックで金メダルを取った
ころからの、まだまだ浅いファンですが、あの、跳んでみないとわからない
4回転ジャンプや、目が回るとしか思えないスピンや、
そのひとのスケートともいえるステップが見てて楽しくて、今日本が、
世界一といってもいい成績なので、すごく楽しんでいます~。
非公開コメント
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。