スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者と医療者。支え合う地域医療*ハードロック




高校生の吹奏楽

女子だけですが、すごい迫力!

        



そして、フィギュアスケートの




フィギュアスケートは生きる活力。最高のビタミン剤。と仰る方のブログには、


国体、全米選手権、欧州選手権の、動画付きの情報がすべて出ています。







                 








「プロフェッショナル 仕事の流儀」というテレビ番組をよく見ていました。

人口三千人の交通不便な山間部で、65歳以上の高齢者が三割を占めるその地区の

唯一の診療所で働くただひとりの常勤医師の話が、ある時取り上げられていました。

福井の山間部・名田症地区のことです。






その先生の趣味はハードロックを聴くこと。学生時代はバンドのボーカルだったそうです。






自治医科大学は、へき地勤務の義務があり、その地で患者と接するうち、

自分の目指す医療がその地にあると思い始めたといいます。

そのまま、その地と結婚したようなものだとおっしゃって

その地で先生曰く「浮気せずに」はたらき約20年たちました。





一人で抗ガン剤治療もし、内視鏡検査もし、外科手術もやって、

エックス線機器も自分で操作し、子供の病気やケガの処置もします。

介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取り、

通所介護などを提供する保険福祉総合施設のまとめ役をし、

地域の保健福祉課長もなさっておられます。





高齢者が多いので、たとえば90代で介護サービスを受けながら自宅で一人で暮らす

患者の訪問診療も、この先生の大切な仕事です。





患者さんを看取る時の言葉は、「ご臨終です」ではなく

「さようなら。おつかれさまでした」と

言うそうです。





「完璧な患者もいなければ完璧な医師もいない。あるとすれば良い医師・患者関係で、

 医師が頑張れる成熟した患者との関係ができるといいなとおもいます。」と、

この先生は述べておられます。




と、以前書いた記事*

最近の新聞にこの先生の記事が出ていて、加えて知ったこと。

2003年に、過労に伴う血腫で、緊急手術を受けて、一ヶ月半も入院してから、

患者が、不要不急の受診を控え、先生の負担を軽減していたそうです。




お互い様の心が、


>完璧な患者もいなければ完璧な医師もいない。あるとすれば良い医師・患者関係


という歩み寄り支え合う姿勢を築いているそうです。





この先生、プロレスとハードロックが好きな熱血漢。と出ていましたが、

仕事のハードさと対応するには、それくらい必要?かと思いました。



それで・・・・・、



ハードロックって@検索したら、




Deep Purple - Highway Star HD



Deep Purple - Smoke on the water




が出てきて、聴いたら、とてもハードロックな感じでしたよ~。

王道なのかも@






                





ところで、星がまたたくのはなぜか@



星がまたたく、つまり明るさや位置がわずかに変化して見えるのは、地球の大気の

揺らぎのせいだそうです。たとえで考えると、プールの底に小さな光の点があるとします。

プールにさざ波が立つと、その光は、星と同じようにまたたきます。

一方、大きな光の場合、見え方にあまり変化はなく、太陽系の惑星はちょうどこの

大きな光のようです。惑星は恒星よりも大きいわけではありませんが、地球に近い

位置にあるので、大きく見えるそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。