九州で * 「社会の課題」に挑む

         



                 




合唱曲cosmosコメント欄に、誰かが一番好きな曲だと書いていました。





「インターネット天文台」ここでは、りゅう座流星群ライブが見られそうです。






実家で、おいしい野菜たっぷりの食事で嬉しかったです。
昨日、結局3時過ぎに東京駅を出発し、5時間後に私の実家のある駅に着きました。
新幹線「のぞみ」飛行場は遠いので、私はこれで、十分です。
アイポッドで、音楽を聴きながら、「放射能と栄養」の本を読み終えました。





着いた駅で、タンカに乗せられた女性がかつぎこまれていて、
どうしたのかと思ったら、26時間かけて、100キロの道のりを歩く
イベントが行われていました。4000人の人たちで、子供から老人まで。
人の行動力はすごいですね。
長く行われている行事なのだそうですが、実家にいる家族が、
どういうことでも、取り組むということがすごいと感心していましたが、
私もそう思いました。きっと収穫があるのでしょうね。
でも、倒れている方を見たので、決して無理はしないでください。。




聞くと元気になれるカノンロック  原曲はこれです。






拝読させていただいているある方の記事に、
「社会の課題に挑む」本を紹介する記事が出ていて、
以前書いたこの記事を思い出しました。

助ける人も、普通に潤ってこそ続く社会的な活動。
良い循環が、そして、庶民の英知が、
人の社会にいきわたって、誰もがささやかな幸せを感じて
生きられたらいいなと思います。
コメントでもいろいろと教えていただきました。






ビジネスの手法を使って社会の課題を解決するべく取り組んでいらっしゃる

方たちがいます。



NPO法人「かものはしプロジェクト」のMさんは、約10年前、フェリス女学院大
2年生の時、タイに行き、親を亡くした子供を集めた施設を訪れて、衝撃を受け
ました。
「このまま見過ごせない」翌年夏、ほかの大学起業家サークルで出会った二人と、
「かものはし」を作りました。
企業のウエブサイトの制作を請け負い資金を貯めました。
その後、児童買春問題が深刻なカンボジアへ行き、調査を始めました。






「どうしても解決したい。人生を懸けてでも取り組みたい」






帰りの機中で決意したMさんは、貧しい農村で、親が子供を都市へ働きにださな
くても済むようにしたいと考えました。
財布などの民芸品を売る工房をまず作り、現地の女性約30人を雇いました。
指導のため、日本人スタッフも住み込みました。
女性たちが月に3千円稼げるようになると、出稼ぎに行く子供たちは減った
そうです。
「現地の人が末永く自力で稼ぎつづけられるようにしたい」というのが、
Mさんの願いなのだそうです。







ビッグイシューってご存じですか?







ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創
刊されました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を
提供し自立を応援する事業です。


社会的企業とは、ビジネスの戦略と手法で社会問題の解決にチャレンジする
企業のことです。ビッグイシューは事業性に賭けて、NPOではなく“有限会社”
を選びました。大きく事業をすることは、ホームレスの仕事をたくさんつくる
ことだからです。また、販売者は代理店であり、ビジネスパートナーであり、
自営業者なのです。企業の社会的責任活動(CSR)を展開する多くの日本の企業
と連携して、ホームレス問題の解決を手はじめに社会再生キャンペーンを行い、
民間の力による社会改革と社会運営を進めたいと考えているそうです。




このブログをはじめる前からこの活動を知ってはいましたが、
このブログをやることによって知り合えた方が、実際買われていることを聞き、
私がもし見かけることがあったら、おもしろくて、何百円かで買える雑誌らしい
ので、読んでみたいと思っています。







とはいえ・・・・・、







そうそう簡単に”社会起業”できるものではありません%&#$¥・・・!!








でも、人を助けようとする人にはchemistryが働くのかもしれません+++






Kさんは、慶応大学3年の頃、ウエブサイトを作るIT企業の学生社長として
脚光を浴びていました。
ITバブルに乗り会社の預金通帳は、100万円単位で残高が増えていきました。
IT業界では「会社を上場させる」ことが輝かしい目標とされていました。
でもKさんは冷めていました。
高級マンションに住み、パーティーを開き、高級外車を乗り回す。
そんな将来に興味が持てなくなりました。






「自分は何がしたいのだろう」






悩んでいたKさんは、米国で活躍する「社会起業家」の存在を知りました。
社会が抱える様々な課題を政府からの補助金などには頼らず、
ビジネスの手法で解決しようとする人たちです。
そんな団体が米国には何万もあると知り、「これだ」と思いました。






でも日本で何ができる?






そんな時、子供の病気で看病のためにやむなく一週間会社を休んだら、
やめさせられた母親の話を聞きました。
調べてみると全国に「病児保育施設」は約500カ所しかなく、






病気の子供を抱えた母親が、安心して仕事に行ける仕組みを作りたい!






と思ったものの、そう簡単にはうまくいかない。

あきらめかけていたとき、知り合いが、

「施設を作ることが君の目標だったのかい?」と、ヒントをくれました。







彼は現在約8000円の月会費で会員を募集し、連絡があると、

「子供レスキュー隊員」という名称の、子育て経験のある主婦が、

会員の自宅に駆けつけ、子供を預かるという「仕組み」を作りました。






「行政が手をつけない領域にこそ、ビジネスで解決できる問題があるんです」






と、Kさんは、おっしゃっています。













社会貢献*マイケルジャクソン*川嶋あいさん





マイケルジャクソンのこの曲や、多くの楽曲は、やさしさをあらわしています。

この記事どれくらいやさしかったかを書きました。

受刑者の一糸乱れぬ感動ダンス 高画質すばらしいです。今も圧倒的な影響力!





                          






本当に本当に感動しました。


エチオピアに養護施設を私財を投じて作り、

NGOと協力して、世界の各地に学校を建設。


ペットボトルのキャップを集めると400個で21円、

ポリオワクチン一人分が20円。

呼びかけて集める。(世界の子供にワクチンを  エコキャップ推進協会




養護施設で育ち歌手を夢見て、



その夢を実現した。




「命にも遺伝子はあって

 生き様の中にもきっと人の遺伝子がある」




「他人事だとおもってることも

 明日やってくる自分事」




川嶋あいさんのブログには本当に励まされる

ひとことが、毎日書かれています。




この記事は、以前書いたのですが、ブログを拝見したら、津波で校舎が流された学校の

卒業式に参加されていました。






ところで・・・・・、




社会の課題に挑むという普通の人が社会貢献をしている記事も書きました。


「社会貢献から新しいビジネスへ」

助ける側が、ただ犠牲のみを強いられるなら、社会貢献は並外れた財力や力がある人しか
できないことになりますが、社会貢献でメシを食う「だから僕らはプロフェッショナル
をめざす」というこの内容のようなものであれば、とてもよいと思いますし、これからの
ビジネスの形として、やりがいがあることですね。人を助けたいと思うときほど人は力が
発揮できるようなので、仕事への意欲も増し、相乗作用があると思います。それに楽しく
できるのではないでしょうか。


犬と猫のためのライフボート 何時でも里親募集中わんラブな日々の中にあって、

こういう活動を大変苦労しながらなさっている方もいますね.

是非とも負担がかからないようにと、願わずにはいられません。




マイケルの話に戻りますが、THIS IS IT この動画のコメント欄を転載させていただくと、

”やはりマイケルは素晴らしいですね。
神だ!天才だ!と評価されること多いですが、彼はエンターテナー­として最高に努力
をしてきた方だったんでしょうね。

50歳になってリハであれだけの動きが出来るのは公に出るまでの­期間ダンスや
ボーカルなど日々努力していた結果なんでしょうね。
脱帽です” と、ある方が書いていました。





マイケルは、プロデュースを自らその音楽生活で行い、高いイメージを持って
パフォーマンスで妥協せず、高みに登りつめてもなお努力し、他者を顧みて、
命いっぱいに燃やしました。





川嶋あいさんは、音楽にも意欲的です。


以下は、ウィキペディアより一部転載させていただきました。

2008年12月23日 - 楽曲制作と感性を刺激するため、単独でニューヨークへ留学。
2009年4月4日 - アメリカ合衆国最大の桜祭り「National Cherry Blossom Festival」へ出演。
これは彼女の社会貢献活動などを知った元駐日アメリカ大使ジョン・マロットが、その
活動に感銘を受け、留学先のニューヨークへ赴き、直接出演交渉を行うほどであった。
2009年5月2日 - ニューヨークで行われた「Cherry Blossom Festival」へも出演。
2009年5月31日 - ニューヨークのセントラル・パークにて行われた「Japan Day」へ出演。
この渡米中には、アメリカでの活動や社会貢献活動が評価され、ロイター通信社より
取材申し込みがあり、タイムズ・スクエアにあるスタジオにてインタビューを収録、
世界各国のメディアへ配信された。
2010年7月7日 - 初の絵本つきCD「そらいろ〜Simple Treasure〜」を発売予定。
2008年のニューヨーク留学中に知り合ったタヒチ80やcharaなどのプロデューサーである
アンディ・チェイスと意気投合、彼女の世界各国への小学校建設など社会貢献活動に感銘を受け、
同年8月に発売されていた「カケラ」をリメイク、ニューヨークにおいて世界共通語である英語
でのレコーディングを行なった曲である。ちなみに絵本の挿絵も川嶋が描いているらしい。
2010年8月20日 - 毎年恒例のライブを東京国際フォーラム・ホールAにて開催。
2010年12月15日 - ジャズ・フュージョン界の巨匠ジョー・サンプルとコラボレートし、
作品をリリース。ポピュラー音楽との交わりをあまり持たなかったジョー・サンプルが日本人
アーティストとコラボレートするというニュースは、世界の音楽シーンに衝撃を与えた。





 



オフィシャルサイトでは、励まされる歌も聞くことができます。余談ですが、
  For the People of Japanを中国人ピアニストランランも弾いています。
「土と水」の記事に出てきたヨーヨーマさんの呼びかけによるようです)


次の記事では、飾らない場所、でも文化活動は活発なニューヨークを書いてます。

国境なき医師団



「プロフェッショナル 仕事の流儀」というテレビ番組をよく見ていました。

9月13日に、あるすばらしいお医者さんのことを書きました。





+人口三千人の交通不便な山間部で、65歳以上の高齢者が三割を
占めるその地区の唯一の診療所で働くただひとりの常勤医師の話が、
ある時取り上げられていました。
その先生の趣味はハードロックを聴くこと。学生時代はバンドのボーカル
だったそうです。


自治医科大学は、へき地勤務の義務があり、その地で患者と接するうち、
自分の目指す医療がその地にあると思い始めたといいます。
そのまま、その地と結婚したようなものだとおっしゃって
その地で先生曰く「浮気せずに」はたらき約20年たちました。


一人で抗ガン剤治療もし、内視鏡検査もし、外科手術もやって、
エックス線機器も自分で操作し、子供の病気やケガの処置もします。
介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取り、
通所介護などを提供する保険福祉総合施設のまとめ役をし、
地域の保健福祉課長もなさっておられます。


高齢者が多いので、たとえば90代で介護サービスを受けながら自宅で
一人で暮らす患者の訪問診療も、この先生の大切な仕事です。




患者さんを看取る時の言葉は、「ご臨終です」ではなく

「さようなら。おつかれさまでした」と言うそうです。

「完璧な患者もいなければ完璧な医師もいない。あるとすれば

良い医師・患者関係で、 医師が頑張れる成熟した患者との関係が

できるといいなとおもいます。」と、この先生は述べておられます。

このすばらしい先生は、ご自分を過疎の地にささげていらっしゃいます。






*私たちは、自分のできることは、今手にしているのかもしれません。
(大きいとか小さいとかではなく、人の役に立てる何か)

それをどう生かすかということが、その人のパフォーマンス*・・・で、

この先生は、山で誰にも知られずに、だけど、とてもきれいに咲いて散る

花のように、生きていらっしゃると思いました。








@ところで、コーヒーはお好きですか?



キリマンジャロやモカの産地であるアフリカのコーヒー豆は、
コクがあって、しっかりした濃度と風味が特徴です。
酸味がきいた高級な豆を産出するケニアなど、優秀なコーヒーの
産出国がそろっています。
それでは、コーヒーが発祥した国はどこかというと・・・?



それはエチオピアです。



キリマンジャロは、タンザニア、
モカはエチオピア、
ケニアというコーヒーもよく聞きますが、これはケニア産です。



コーヒーは一人で味わうのに、ずっしりとした手応えもあります。
(コーヒーは癒してくれたり遊んでくれたりします。そんな感じの
飲み物ですよね*)
アフリカのコーヒーは発祥の地だけあって、特に手応え十分であるかもしれません。
でも、コーヒーの産地は貧しい所が多いのです。
(スターバックスは、生産者の保護を考えたりの努力をしていて・・&・@・)
ですから、後に書いているように、
歌手の川嶋あいさんは、エチオピアに私財を投げ打って、
養護施設を建てたりしているのです。






国境なき医師団の仕事は、いくつかにわけられているように
お見受けできました。
まず、戦争(紛争、内戦)の影響下の場所。
貧困や環境の劣悪な場所。
災害が起きた場所・・・まだまだあることでしょう。






私たちがこんなにおいしく飲んでいるコーヒーの生産地は貧しい国が多くて、

発祥の地のエチオピアは、養護施設を一人の日本人の有志の方に建てて

もらわなければならないほど、貧困に苦しんでいます。







私たちの住む日本も失業者が増えて、老人問題もあって大変です。
(それでも)
この日本は何不自由ない国だとは思いませんが、とりあえず病気やけがを
すれば、誰もが一応治療というものを受けられる場所です。でも世界中には
そうではない場所があって、そういう所で、治療を受けられない状況の方達
に手を差しのべている方達がいらっしゃいます。









+「国境なき医師団」についてよく知りたいと思いました。








(以下の情報は、「国境なき医師団」のホームページをもとに書かせて
いただいています。)







*国境なき医師団(MSF)は
非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。
危機に瀕した人びとへの緊急医療援助を主な目的とし、医師、看護師などを
はじめとする約4,700人の海外派遣スタッフが、約2万400人の現地スタッフと
ともに世界64ヵ国で活動しています(2009年度)。

日本からも、2009年、55名の海外派遣スタッフが、24ヵ国、計75回、
援助活動に従事しました。

国境なき医師団のボランティアやスタッフは、人間としての尊厳がおびやか
された人々の中で日々生活し、活動しています。彼らは自分のもつ自由を
世界をもっと住みやすい場所にするために使いたいと考え、この仕事を希望
しました。世界秩序といった大きな議論はともかくとして、人道的な行為とは
一人一人が困難な状況に置かれた他者に手を差し延べることであって、
それはあるときは包帯の一巻きとなったり、あるときは縫合の一針となって、
あるときはワクチンの一接種となるのです。






国境なき医師団は紛争中の20か国を含む世界80か国以上で活動しており、

そこで目撃した不正を世界に訴える役割も果たしています。

すべて暴力と破壊のサイクルが永遠に続くものでないことを願ってのことです。

MSFは、1971年に、フランスの医師とジャーナリストにより設立されました。

世界19ヵ国に支部を持つ国際的な組織です。





活動内容は、

だれからも干渉や制限を受けず、また人種や政治、宗教に関わらず、

分けへだてなく医療を届けます。





+国境なき医師団(MSF)が援助の対象としているのは、さまざまな理由で

人道上の困難に直面し、医療を受けることのできない人びとです。







難民・避難民キャンプ
紛争や内戦の中では、多くの人が家や生活手段を失い困窮します。
また、食糧などの必需物資の不足や医療システムの崩壊により、
健康状態にも深刻な影響が及びます。住民が攻撃、脅迫、略奪と
いった直接の暴力にさらされる場合には、死者や負傷者が続出し、
犠牲者の心に深い傷を残します。



また、難民・避難民はキャンプにたどり着けたとしても、人口過密
なキャンプは衛生状態も悪く、病気に対しても脆弱な状態におかれ
ます。特に、子どもたちの栄養状態は常に危険にさらされます。



エイズや結核、マラリアによって世界では毎年数百万人が命を落とし
ています。治療可能な病気にも関わらず、医療制度の未整備や治療費
の高さのために必要な治療を受けらない人びとが数多く存在します。



アフリカ睡眠病やカラアザールなど致死的であっても一部の地域にしか
見られない風土病は「顧みられない病気」とも呼ばれ、有効な治療を受
けられる患者の数はごく限られています。



コレラやはしかなどの伝染病は、難民キャンプや都市のスラム地区など、
清潔な水やトイレが整備されていない過密な環境で広まりやすいのです。
発生が確認された場合、大量の死を防ぐために迅速で大規模な流行抑止
対策が必要とされます。
医療の存在しない地域は、発展途上国を中心に数多く存在します。






MSF・・国境なき医師団・・Médecins Sans Frontières は医療を受け

られない人びとのもとに赴き、基礎的な医療を提供しています。

また、路上生活者、刑務所の収容者、性産業従事者など、

社会的に疎外され医療システムから除外された人びとへの医学的・

心理的・社会的支援も行っています。





ハイチ大地震自然災害の被害者のように、
地震、台風、洪水、噴火、干ばつなどの大規模な自然災害は、人びとの
生活を一瞬のうちに破壊、被災者の心に深い傷を残します。被災直後から
緊急医療援助が求められるだけでなく、避難施設、食糧、水、生活必需品
などの援助も欠かせません。



&10月10日の記事で歌手の川嶋あいさんのことについて書きました。
抜粋しています。

本当に本当に感動しました。
エチオピアに養護施設を私財を投じて作り、
NGOと協力して、世界の各地に学校を建設。

ペットボトルのキャップを集めると400個で21円、

ポリオワクチン一人分が20円。

呼びかけて集める。

「他人事だとおもってることも

 明日やってくる自分事」(川嶋あいさんのことば)

というようなことを書いていました。




@ペットボトルのふたを集めているところが増えました。
集めている所は探せば見つかると思います。一個でも二個でも、
人が集まるとあっというまにすごい量になります。。。。。。。。&。。@




&リラックスって何?という記事の所で、私がつきとめたかった言葉は、

やはり私にとっては、*がんばる*という言葉でした。

こころの一番深い底の、心の一番リラックスした部分と、一番リラックスできた

時に自分で、静かに小さく、そっとつぶやく*がんばる*という言葉でした。

このブログを書いたおかげで、確実に受けることができた言葉は、



+「思いやり」と、



+(そっとつぶやく)「がんばる」で、



私は本当に感謝しています。












プロフィール

Author:yukoeden
お茶の時間は、気分を楽にしてくれます。6年間、高校の音楽の教師を経験。未曾有の震災に目を向けつつ、 音楽のことはもちろん大好きなフィギュアスケートや興味深い自然科学のことや生活を快適にできることを学び、行ったことがない外国のことを調べたり外国語にふれたりして、夢いっぱいで楽しめることをティータイムしながら探求します。

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム